2016年09月09日

労働相談やっていると言ったら、ボランティア・・・

「お仕事は?」
「労働相談やっています」
「ボランティアやってるの、えらいねえ」

(;-∀-)(;-∀-)(;-∀-)ナンデヨ

なんで労働相談=ボランティアなんだよ

誰だよ、どこの団体だよ、労働相談は無料っていうイメージ作っちゃったの(´・_・`)

無料相談はあったほうがいいと思うよ。
うちのNPOでも、メール相談と電話相談は無料だし。

でも、相談は無料が当たり前という考えはよくないと思うなあ。

大道芸とか演奏や歌もタダはダメよ(´;ω;`)
大道芸終わる頃にそそくさと帰る人、いますねふらふら
私?もちろんチャリ〜ンと入れています。お札じゃなくてごめんあせあせ(飛び散る汗)

「今度演奏してよ。え?お金取るの!?」とかもダメよね(´・_・`)

あー、言われたことあったなあ。
「え?相談お金とるんですか?じゃあいいです」ガチャ電話

(;´∀`)(;´∀`)(;´∀`)


ファイル 2016-09-09 8 55 56.jpeg
今日はこれからマロを動物病院へ連れて行きます。
もちろん治療費払いますよ(;・∀・)アタリマエ

でも、昔言われたことがあったんだ。獣医になりたいって友人に話したら、
「動物が好きで獣医をやるならタダで治せ」
って。

へっ( ̄▽ ̄;)!!

何なんだろうなあ、何でもボランティアにしたがる人・・・
人のためなら無料奉仕みたいなの、好きじゃないんだよね・・・
無料奉仕がいいことですぴかぴか(新しい)と言いつつ、給料上げろと叫んでいるのはなんか矛盾してません?(^_^;)

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックは日記や日々の出来事とか↓


Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 09:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士

2016年09月06日

職場で泣きわめく人

同時期に同様のご相談が不思議と重なるものでして、最近のブーム(?)が、

職場で泣きわめく人をどうしたらよいですか

というご相談。4件くらいありましたね。
労働相談須田事務所ではこのように、ご自身の問題だけではなく部下の扱い方などのご相談も承っております(´∀`)

職場の困ったさんの扱い方は、こちらの書籍をご参考にしてください(o^-^)
9784502686504.jpg



さて、職場で泣きわめく人の対応をどしたらよいかですが、まず一言。

冷静に淡々と対応することです

泣くといっても、トイレでこっそり悔し泣きとかなら問題ないですが、人前で「私は間違っていないの〜〜〜」とワンワン泣きわめかれると、ちょっと困りますね(´・ω・`)大人なのに・・・

でも、そんな時も冷静に、「そうですか、どのあたりが間違っていないのかお話してください」と冷静に対応ドコモ提供

カッとなって「泣くんじゃないわよーーー」と言わないこと。
この人は泣く人なので怒ってもしょうがないです。
そういう人なのです。

そして、泣いていても慰めなくてよいですひらめき
慰めると、泣けば何とかしてくれると思われちゃいます(´・ω・`)

自分の部下が泣きわめいていたら、上司としての自分の言動に問題があるのかと悩んでしまいがちですが(そんな相談が多いです)、

大丈夫です!!

職場で泣きわめく人を見てみんな引いています(^_^;)

だから、泣きわめく人を特別扱いせず、でも一応対応はしないといけないから冷静に、あとは慰めず泣き止むまで気にせず放置ですわーい(嬉しい顔)

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックも気楽にやっております↓


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律ではない労働問題の話

2016年09月03日

弁護士か社労士か

自分に労働問題が起きたら、どの専門家に依頼すればいいんだろう・・・

これ、ほとんどの人が知らないと思います。
弁護士に依頼するのと社労士に依頼するのとでは何が違うのか。

金額が違う?
弁護士は裁判で、社労士はあっせん?

間違いではないけれど、そこじゃないですね〜〜〜

この案件は弁護士で、この案件は社労士でというように明確に区分けはできないので、毎回お話を伺って、

会社を辞めたいのか辞めたくないのか、金銭解決を望んでいるのかそうではないのか、会社の体質は?会社に顧問弁護士や顧問社労士はいるのか、ご本人の年齢や家族構成、勤続年数、問題の争点はどこか

などなどたくさんお聞きして、

「これは弁護士さんの方がいいです」とか「社労士のほうがいいです」とかお話しています。

判断基準は?と聞かれると、

経験則です

なんですが、それではこれから依頼しようと思ってこのブログを読んでいる人に

使えねえ〜〜〜

と言われてしまうので、

専門家に依頼するときにはここで判断しよう

というお話だけいたします。

1まずは、どの専門家でもいいです。ご相談してみてください。もちろん、労働問題の専門家ですよ。社労士でも主に年金に関するお仕事をしている人もいますし、弁護士でも交通事故専門の人もいます。ホームページでよく確認してくださいね。

2相談をした際に、他の専門家との違いや、何をしてくれるのかを話してくれるのなら任せて安心です。逆に、他の専門家との違いも説明せずに契約しようとする専門家なら、ちょっと待った手(パー)

3セカンドオピニオンは大事なので、安心の専門家に出会えたとしても、別のところにも相談はしてみたほうがいいです。

ファイル 2016-09-03 15 48 35.jpeg
本文とは全く関係ありません。
動物園マニアなんです、私犬一人動物園もよく行きます。
バイソンってなんでこんなに汚いんだろう・・・

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックも気楽にやっております↓


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士

2016年08月25日

開業したらいろんなバイトをしたほうがいい

開業しましたというご連絡をこの時期よくいただきます。
社労士事務指定講習も終わったからね。お疲れ様〜(´∀`)
そして、おめでと〜(๑´ω`ノノ゙✧

開業してすぐに軌道に乗ると思っている人は最近はもういないと思います。
資格さえ取ればバラ色の人生という時代が終わったことは周知の事実になっていますから(´;ω;`)

だから、当面は開業しつつバイトもしますという方がほとんどだと思います。

とてもいいことですね!!

どんどんいろんなバイトをしてください!!

社労士のお仕事は、どんな立場であれ「働くこと」に関するものでしょう。

だから、どんどんいろんなお仕事をして、いろんな経験をした人のほうが、お仕事の幅も広がるしアドバイスもしやすくなると思うんだ(^-^)


社労士に関するバイトじゃないけど、いいんですか?

これ、すごくよく聞かれるんだけど、

むしろ社労士に全然関係ないバイトの方がいいと思います(´∀`)

いろんな世界を知りましょう!!

ちなみに・・・私のバイト経験だよ。

訪問販売。お金を稼ぐことは生易しいものではないと痛感しました。

駅前でコンタクトのチラシ配り。どんな仕事でも一生懸命やらないとお金は入ってこないと知りました。

工場の夜勤。いろんな国のいろんな境遇の人と知り合い、自分はすごく恵まれていると知りました。

スナック。接客の心得を叩き込まれました。

ホテルの配膳。マナーや言葉遣いを厳しく注意されました。

歌舞伎町の接客業。どの世界も真面目な人が生き残っているんだとわかりました。

事務。不向きな仕事を無理してやると体に悪いとわかりました(^_^;)


周りには今でも言う人がいます。
「もうちょっとまともなバイトはなかったのか」「自分の娘がそんなバイトをしていたら辞めろと言う」「そんなバイトをしていたら人間が崩れる」


確かに誇れるバイトではないかもしれないけれど、
私はそんなことを言う人のように、職業によって人を差別することはなくなったから(やる前はちょっとはあったと思う)、この経験はとってもよかったし、この経験が自信になっています。

だから、開業してすぐに社労士だけで食べていけなくても、いろいろなバイトをすることがとってもとってもいい経験になるから、下積みがんばれ( ゚ー゚)ノ)"ガンバレ

まだまだ下積み中の須田より(^-^)

IMG_7603.JPG

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックも気楽にやっております↓


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士合格後

2016年08月23日

痛みに強い

よく言われるんです。

「痛みに強いですね」

すごい腹痛でも怪我をしても、さらには出産の時にも言われました。

「普通はみなさんもっと痛がりますよ(^-^)」

((o(>皿<)o)) !!((o(>皿<)o)) !!((o(>皿<)o)) !!



すごい痛いんですけどーーーヽ(;▽;)ノ


うーーーん、しかし、確かに「痛い痛い」口にしないなあ。

だって、痛いって言っても痛みがなくなるわけじゃないしぃ〜〜〜。

そして我慢しているうちに慣れる(^-^)

そう!

慣れるんです!!


IMG_7426.JPG

「どうやったら須田さんみたいに気持ちが強くんれるんですか」と聞かれるんですが、


慣れですね(*^^)v


体の痛みもメンタルも同じなんじゃないかなと思います手(グー)
だから、女性の方が体が丈夫にできていると言うけど、心も女性の方が強いよなあと思う(^_^;)

体の痛みもメンタルも慣れだと思うけど、

一度痛みを我慢すると、これくらいは我慢できると脳みそが記憶します。
もうちょっと痛いのが来たらまた我慢して、これくらいまで我慢できると脳みそが記憶します。
その繰り返し。

これなんじゃないかな。

ドMなのかもしれません(;´∀`)

でも、痛みに強すぎると我慢しすぎてホントにやばい時にも我慢して死んじゃうからよくないんだって(゚д゚)
ほどほどにね。

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックも気楽にやっております↓


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記