2018年10月03日

労働問題ネットの間違った情報こんなのあった

ネットで知識を得たり簡単に調べることができるのはとても良いと思いますが・・・

誰でも書き込みができる掲示板は

間違った情報がたくさん(´・ω・`)

例えば、

傷病手当金の申請を会社がしてくれないのですが
⇒労基署に行きましょう


いや、ちがう!!

正しくは、
自分で必要な箇所を記入して、会社がかたくなに書いてくれないなら自分で健保に提出してその旨伝える。
労基署は傷病手当金の担当じゃないです。

仕事中に怪我をして労災だと思うのですが、退職したら手続きで不利になりますか
⇒退職したら労災がおりないので在籍しておきましょう


ちがーう!!

正しくは、
退職しても時効が来ていなければ手続きできますし受給もできます。

パワハラを労基署に訴えたら何ヶ月で解決しますか
⇒証拠によりますが1ヶ月くらいです


ふぁ?!

正しくは、
労基署は裁判所ではないので、パワハラの証拠を確認して白黒つける機関ではありません。
それにパワハラは労働基準法に条文がないので、労基署が担当ではありません。
何を持って1ヶ月と・・・

会社が嫌がらせで離職票を送ってきません
⇒あきらめて気持ちを切り替えましょう


えええええええ!!!!

正しくは、
どうしても離職票をもらえない場合、なくても手続きができる方法があります



などなど、数え切れないくらいの嘘んこの回答を目にします。

ネットって手軽だけど、ちゃんと役所に聞くとか、専門家に聞くとか、
正しい知識で動いてね。

IMG_7726.JPG
柴又の江戸川土手の朝日です晴れ
これ見ると、今日もがんばろ\(*⌒0⌒)♪って思える




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律ではない労働問題の話

2018年10月02日

みんなあっせん代理人の仕事ちょっと興味出てきた?

3月に東京社労士会の練馬支部でセミナー
「実録 労働事件簿〜あっせんで平和的解決を」をやらせてもらってから(2018年3月23日のブログ)、他の支部からもお問い合わせがあり、

今月は千葉と大阪でやりますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
あともう一箇所はまだナイショ( ´艸`)

お声をかけて下さりありがとうございます♡

10月19日(金)18時半〜20時半 大阪府社会保険労務士会館3階
IMG_7734.JPG

10月26日(金)14〜16時半 千葉市蘇我コミュニティセンター講習室2・3

大阪と千葉のみなさま、お会いできるのを楽しみにしていますハートたち(複数ハート)

どちらもお申し込みが必要です。
大阪は、大阪社労保険労務士会事務局、
千葉は、千葉県社会保険労務士会千葉支部
にお問い合わせください。



さてさて、特定社労士の研修もきっつーいビデオ講義が終わりいよいよグループ研修みたいですね。
私、グループ研修は楽しかったよわーい(嬉しい顔)
とても有意義な時間を過ごしたし、今でも同じグループだった仲間とは交流あるよわーい(嬉しい顔)

だからビデオ講義で疲れちゃった方、これからですよーーー演劇




こうして社労士向けにセミナーをやらせてもらうので、

もっともっと社労士のみなさんに興味を持ってもらいたいな(^-^)

で、何度も言ったりSNSに書いたりしているけど、

戦いじゃないのよ、あっせんは♫

特定社労士の研修、特にグループ研修では答弁書の書き方とかやって、
なんだかあっせんって
手(グー)膨大な書類と証拠
手(グー)法律論で主張
手(グー)相手とバトル
ってお仕事なんだなというイメージを持っちゃうんですけど、

実際は、
わーい(嬉しい顔)書類や証拠は多すぎるとよくないですし
わーい(嬉しい顔)法律論で主張しすぎるとよくないですし
わーい(嬉しい顔)相手とバトルしちゃだめです

その理由はセミナーでキスマーク

※特定社労士の試験は、法律論で主張して書類しっかりという気持ちで受けてね。じゃないと落ちちゃうあせあせ(飛び散る汗)




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪
posted by 須田美貴 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士合格後

2018年09月27日

辞めさせてくれない

9月19日の日経新聞「退職認めぬ」の記事にコメントを載せていただいたあと、

img121.jpg

9月22日はCBCラジオ「北野誠のズバリサタデー」でインタビューされました。

かつては退職トラブルと言えば解雇だったのが、最近は

辞めさせてくれない

の相談の方が増えています。

解雇は減っていますが、退職勧奨は相変わらず多いです。
ちなみに、退職勧奨は解雇ではないという話をこちらに書きました⇒2017年10月6日のブログ



さて、ラジオを聴けなかった方のために、お話した内容の一部をご紹介しますわーい(嬉しい顔)
北野誠さんから質問される形でお話しました。



まず、私が扱ったケースでどんなものがあったか。

ふらふら退職の申し出をすると「お前を雇うのにいくらかかったと思ってるんだ!入社2年以内に退職する場合は研修費用など損害賠償を請求するぞ」と脅す。

ふらふら既に退職して転職もしているのに退職の手続きをしてくれず、転職先の会社が入社の手続きができずに困ってしまう。

などですが、中でも一番多いのが、

辞めたら損害賠償を請求するぞです。

いったいどんな損害なのか???謎です・・・
いち平社員が辞めたくらいでどんだけ会社に被害を与えるのでしょうか?
会社の言い分としては、採用にかかった費用、新たに求人をかける費用、研修費用などらしいですが・・・


(ヾノ・∀・`)ナイナイ(ヾノ・∀・`)ナイナイ(ヾノ・∀・`)ナイナイ

そんなの損害じゃないですよ(n‘∀‘)η


もし言われたら、

「金額と計算根拠を書面でください」と言うと社長は黙ります。


そして、「辞めさせない」が増えている背景は?


やっぱり人手不足が大きいかなと思いますが、社長の感情論であることも多いです。

お前をここまで育ててやったのに!!


そして根性論。

昔はすぐに会社を辞めるやつなんかいなかった!!


はいはい(^_^;)


昔だって働きにくい会社はたくさんあったと思いますが、今はネットも発達して、労働者が知識を簡単に得られることができ、

会社を見る目がシビアになったんだと思います



こんな働きにくい会社にいるよりも、ほかに行こう(^-^)(^-^)るんるん


それに比べて、特に年配の社長さんは今の労働情勢や法律に疎い・・・もうやだ〜(悲しい顔)

感覚が昔のまま・・・もうやだ〜(悲しい顔)


その感覚じゃダメだし(´×ω×`)でもどうすればいいかわからないでしょう。


そこで、顧問社労士をつけてください!!!!


顧問社労士をつけたからといっても、退職する人を引き止めることは難しいですが、社長さんがついついやってしまいそうな「損害賠償請求するぞ!」という発言を止めたり、辞めさせないと言ってしまったことで起きるトラブルは防げると思いますヽ(;▽;)ノ


退職に関する法律もちょっとご紹介揺れるハート

かわいい法律上、原則退職は自由にできます
かわいい正社員、つまり契約期間がない働き方の人の場合は、民法627条で「雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する」とされていますので、退職届に2週間後の日付で退職する旨を書いて提出すれば退職できます。
かわいい会社が認める認めないというものではありません
かわいい月給制の人の場合は、その期間の前半までに申し出ることになっています。
かわいい契約期間が決まっている人の場合は、契約期間満了までは原則退職できません。


最後に、なかなか退職させてくれない時は、実際、どうすればいい?

手(グー)退職願ではなく退職届を提出します
願はあくまでもお願いなので、「ダメです、認めません」もアリだからです。
手(グー)提出したしていないのトラブルを避けるため、簡易書留など履歴が残る郵便で送る方法もあります。
手(グー)損害賠償を請求するぞと言われて実際に会社に訴えられたケースはほぼありません
「損害額と計算式を書面でください」と言ってみるとそれ以上何も言われずに解決したケースが多いです。

ご自身で判断せず、まずはすぐに弁護士や社会保険労務士に相談をしてね




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪

2018年09月25日

有給休暇が取れなかったというトラブルも解決が難しいのだ

昨日のブログに続いて今日も「難しいシリーズ」です。

有給休暇が取れなかったというトラブルはたいてい退職するときに出てくるんですよね。
それで、労基署に「有給休暇が取れなかったのでその分をお金で払って欲しいのに払ってくれない」と相談しても、「有給休暇は取ってください」と言われます。

いや、だから、取れなかったんだってばーヽ(;▽;)ノ
だからその分をお金でヽ(;▽;)ノ

と言ってもですね・・・

有給休暇を会社が買い取るのは原則禁止ですし、
例外として、退職時には買い取ってもよいであり、
買い取りなさいではないんですよ

だから、買い取ってくださいという交渉をするしかないんですよね(´;ω;`)

交渉できないとか、交渉決裂だから相談してるんじゃんかーーー(゚Д゚)ノ

ですよね(^_^;)

そんな場合の方法をこっそりお教えします(ブログに書いてるんだからこっそりじゃない?)。

1有給休暇取得の申請をしてください
2休んでください
3給与の振込を確認します
4欠勤控除されていたら、未払賃金です

という方法。給与の振込を確認するまで動けないからちょっと時間かかるけどね。
法律で解決するにはこの方法です。

だから、1ができないと先に進めないので、
退職してからはできません!!
退職しちゃうと有給休暇の申請できないもんねもうやだ〜(悲しい顔)
それと、退職までに残りの有給休暇を使えるだけの日数がなければできません。
明日退職ですとか、無理なのよ[+д+]/

だから、早目に相談してねハートたち(複数ハート)

会社も最後に一気に有休取得されないように、いつでもちょっとずつ使えるようにしてねハートたち(複数ハート)

秋の夜長の柴又帝釈天参道は素敵でしょ三日月
ご相談のあとに立ち寄ってみて三日月
img_7425.jpg




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪

2018年09月24日

休憩時間が取れなかったというトラブルは解決が難しいのだ

未払賃金の計算中です。
依頼者からタイムカードと給与明細をお預かりして計算します。
この計算を私がすることになる会社は、給与計算がずさんです

残業代を払っている日があれば払っていない日もあったり、払っていても割増がついていなかったり。

で、依頼者からよく言われるのが、

休憩が取れなかったのでその分も未払ですよね!!


(メ・ん・)?(メ・ん・)?(メ・ん・)?

きっと、1時間の休憩が取れていないので、その分も給与が発生しているはずだから、それも加えて欲しいということですね。


まあ、加えるのは自由だからいいけど、
そこは認められにくいんですよ(´;ω;`)

その理由は2つ。

1休憩が取れていなかったという証拠を集めにくい
休憩が取れていなかった、いや、取らせていたちっ(怒った顔)という言い合いになり、取れていなかったという証拠がなければ認められません。
中には、取らせていなかったのに、「こいつは1日に2〜3時間休んでいた」と言う社長もいます(´;ω;`)
しかしそれも、2〜3時間休憩していた証拠はないので・・・
結局、契約書や就業規則では1日1時間の休憩がある旨記載していますので、そのとおり行っていたとして計算します。

2その時間賃金を払えば休憩を取らせなくてもいいという理論になってしまう
労働基準法では、一定時間働くと一定の時間の休憩は取らせなければいけないということになっています。
取らせないなら賃金を払いましょうという法律はありません
だから、休憩が取れないという相談を労基署でしたとしても、「取ってください」と言われるだけで、じゃあその分賃金を払うように指導しますとは言われません。


私の場合は、ご希望があれば休憩時間の賃金も含めて計算しますが、認められなかった場合の計算も別途作っておきます。


そして最後にいつも不思議に思っていることをひとつ。

未払賃金の請求額がそれほど多くない場合でも、会社は弁護士を代理人につけたりするんですよね。
その金額払っちゃったほうが弁護士費用より安いと思うんだけど(;・∀・)って場合もね。


きっと、弁護士に払う金はあってもお前に払う金はない
なんだろな・・・(ーー;)


大好きなチンアナゴの置物を息子にもらいました。
いっちょ前にブラジャーつけてる(笑)
img_7483.jpg




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪