2017年07月17日

開業するとまずは打ちのめされます

憧れの開業、憧れの自営業、憧れの自分の事務所(*'▽'*)♪

と思って名刺を作ってホームページも作って、名刺交換会とか異業種交流会とか出てみたりして、

さあ!お客さん!いつでもウェルカムよヾ(@⌒ー⌒@)ノ

と準備万端なのに・・・


閑古鳥( ;∀;)


なんでなんで!?そんなはずはない・・・


自分より10歳以上も若いあいつが事務所やってるし、自分より経験もなさそうなあいつにお客さんがいるし、そんなに勉強もしていないあいつが稼いでいるし、俺のほうがイケメンだし友達も多いのに・・・



なんでだよぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜( ;∀;)


退職するときは同僚も後輩も


●●さんにお仕事頼みますね(はぁと

紹介したい仕事あるからよろしく

うちと顧問契約してよ


みんなみんなそう言ってたじゃないかーーーーーー( ;∀;)


あ、言っときますけど、会社員の時のあなたの立場上みんながそう言ってるだけですよ。
開業したからといって会社を辞めたらもう上司でも先輩でもないですし。
別にあなたと契約したりお仕事を頼む必要もないわけで。


あ、言いすぎた!?ごめん


でも、本当にそうです。
会社員の時のように偉そうにしていると(この表現もゴメン)誰からも仕事は来ません。


年下でも先に開業したほうが先輩だし、年齢が上の人はあとに開業しても先輩だし、先輩だらけです。
会社員の時のようにわかりやすい役職はありません。
会社員時代に上の役職だった人でも、10年以上の人事経験があっても、開業したばかりの時は後輩です。


転職が多い人は割と「入社時は年上の俺だけど新人です」というのが身についているのですが、1社しか経験のない人や管理職採用で入社した人は新人時代からだいぶ時が経っているので、開業した瞬間、


一部上場企業の人事を20年やっていました、●●講座でスキルアップもしている俺ですσ(゚∀゚)オレオレ

みたいな挨拶しちゃうんですよね。


同業者からは、


うわ〜でた〜まだ会社員時代の栄光引きずってる人〜いたたたた

と思われ、


お客さんからは、


はいはい、どうせあなたみたいに成功街道歩いてきた人にはわからないでしょう


と思われるんですよね。


結果、閑古鳥〜もうやだ〜(悲しい顔)


同業者には「先月会社員を辞めて開業した●●です。60歳ですが新人です」と挨拶し、
相談者には「自分も会社員時代にいろいろ大変なことがありました」と言い、
社長さんには「人事で苦労したことを活かしてお手伝いします」

でいいじゃないですかわーい(嬉しい顔)


一部上場とか20年とかスキルアップとかいらない((;^ω^)イラナイ



私?あ、私ですか?

実は社会保険労務士事務所を開業する前に、フードコーディネーターで開業していまして・・・

まさに上に書いた、「なんでお客さんこないの〜、資格持ってるのに〜」でした。


当然、1件も仕事が来なくて廃業しました〜〜〜(;・∀・)


資格を持っていても、スキルアップ講座に出ていても、過去の輝かしい栄光があっても、素晴らしい役職が過去にあっても、人事経験が何十年もあっても、


それを求めてお客さんが来るわけではないんです。


フードコーディネーター開業で失敗した私は、自己紹介から考え直しました。

「ドラマの死体役をやっていた社会保険労務士の須田です」

143423_01.jpg
こちらは看護師役で数秒・・・

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックは日記や日々の出来事とか↓


Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業失敗談

2017年07月16日

社労士の選び方

相談者の方からよく言われるのが、

「どこに相談していいかわからなかった」

「労働問題の解決は社労士もやっているとネットで調べてわかった」

「検索したら社労士事務所が多すぎてどこがいいのかわからなかった」

ですよね〜〜〜

私もね、どこがいいのかわかりません。

へっ(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)

だってさあ、その人によって「いい」という基準とか感覚が違うし(-_-;)

須田さんがいいと思ってくれる人もいれば、よくないと思う人もいるでしょう。
人間なんでね、合う合わないはありますよ。
HPとかブログで「この人と合いそうだな」という社労士と会って、本当に合えば依頼すればいいと思います。

実際に会った方がいいです!!

というのはですね、飲食店や何か物を買いにお店に行くのと違って、労働相談でも顧問でも、お付き合いが一定期間になりますし、本音トークをしないといけないので、心を許せる人を選ばないといけないと思うんですよ。

だから、労働相談でも顧問社労士でも、

話せるかどうか

じゃないかなあ。


特に労働者の方に言いたいのですが、

セカンドオピニオンは大事です

ファイル 2017-07-13 10 17 38.jpeg
同じ労働問題を扱っていても、事務所ごと、専門家ごと、社労士ごとにいろいろ違いますから。
よく見ると1羽ずつ違うのよ眼鏡



労働問題ですごく困っていて悩んでいるときに相談に行くと、話を聞いてくれます。解決方法を話してくれます。

この人なら助けてくれる!!

黒ハートわーい(嬉しい顔)黒ハートわーい(嬉しい顔)

それでほかの事務所の値段や解決方法を調べずにすぐに契約をしてしまう人が多いです。

だめです!!



通常数万円という手続きに何十万円も払ってしまった人
⇒ほかの事務所の報酬表とか見ましょうよ

裁判をしたいわけじゃなかったのに弁護士さんに相談して裁判の準備を進めてしまった人
⇒いろいろな専門家に聞いて選んでください

あっせんで会社側が出席しなくても着手金を払う契約を社労士としてしまった人
⇒それでいいなら問題ないですが、契約内容は確認しましょう

どこまでやってくれるのかよくわからないまま契約をして放置された人
⇒遠慮せずに聞いてください

無料ですと言われてお願いしたけどどこまで無料なのかわからず不安になった人
⇒わからないことは聞いてください


お医者さんのセカンドオピニオンでもよくこんな意見を聞きます

セカンドオピニオンなんて今お願いしているお医者さんに申し訳ないからできない

不満があるからセカンドオピニオンするんでしょ



ちがいまーーーーーーす!!!!



こちらもむしろセカンドオピニオンしてくれと思っています。
モヤモヤしたまま契約するとあとでトラブルになります。
わからないことは遠慮なく聞いてください。


いくつかの専門家に聞いて、わからないところはなんでも聞いて、特に費用のところはきちんと、それで一番あっているなと思う社労士にお願いしてください。

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックは日記や日々の出来事とか↓


Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士

2017年07月15日

マナーと法律の板挟み

この前、食い逃げされた話を書きましたが(これ)、いつも悩むのがマナーと法律とのバランスです。

この食い逃げ野郎(あ、女でした)から依頼を受けた弁護士はそういう板挟みにはならないんだろうなと羨ましいです。
ある意味プロです〔゚Д゚〕スゲ〜

っつーか、この話、結構私引きずってんじゃん(^-^;

私だったら、「権利の主張をする前にあなたのマナーがなっていないんじゃないですか」って言っちゃうんですよね・・・

マナーがなっていないから辞めさせたり残業代を払わなくていいわけではありません、もちろん。

でも、法律の前に人として

って考えちゃいます。
だから、私が食い逃げ野郎から相談を受けたら、契約書の文言に不備があったとしても、
「約束は守らなきゃいけないからお金払おうね」
って言っちゃうんですよね。

どんな仕事でも引き受けて依頼者のために主張するのがプロです

なのかなあ〜(´・ω・`)

ほんならいいわ、セミプロ目指すわ



「無断欠勤したら解雇されたんですけど不当解雇ですよね」
みたいなのは、
「不当かもしれないけど、まず無断欠勤しちゃったこと謝ろうよ」
と言いますし、
「出勤時間の5分前には作業場にいるようにってこれ、5分は時間外労働ですよね」
みたいなのも、
「法律の話をしたらそうですけど・・・1時間前に作業場にいろと言われたら問題だけど5分って仕事をスムーズにするために必要なんじゃ・・・」
と言ってしまいます。

しかしこういう話をネット上に書くとですね、

労働者の権利を主張する弁護士さんたちからすっげー叩かれるんですよ( ;∀;)

以前、

お前なんかに労働者を守れるのか!

って書かれたし、それに、

労働者の権利を主張する新聞記者さんまでが、そうだそうだ!

みたいなことになったんで、

はああε=(・д・`*)ハァ…
権利の主張をする人たちって相手のことを考えずにひたすら叩くんだなあ

マナーのないやつらだぜヽ(*´∀`)ノ

とわかりました。

だから私自身はそうはなりたくないので、マナー重視で行きたいと思います(`・ω・´)キリリ

と、マナーのない私が言っています(๑≧౪≦)テヘペロ



トラブルになってしまっているときは、当事者同士は既にマナーも何もない大炎上状態ですから、

私があいだに入ってお互いにゴメンして、
社長さん、違法なところは正してください
労働者さん、働く上でのマナーはこれからは守ろうね

これが理想わーい(嬉しい顔)

ファイル 2017-07-12 13 38 59.jpeg
毎日暑いので涼しくなる写真を雪

2017年07月14日

社労士試験1ヶ月前に勇気づける言葉を書きまくってみた

そろそろ本試験1ヶ月前です。

おめでとうございます(*'▽'*)♪
ここまでたどり着いたことに乾杯( ^^)/▽▽\(^^ )
だって、ここまでに脱落者はいっぱいいますから。
それでも試験は一応受けるから、会場には脱落者もいっぱい来ているんです(o^^o)勝てる


合格率が低くて不安?
合格率より合格点です!
合格点に届けばいいんです。
ほとんど勉強せずに記念受験している人が多いだけだから合格率が低くなるんです。
問題自体は難易度上がっていませんよ(^-^;


合格点に届くか不安?
満点じゃなくていいんですよ(^-^)
6割ちょっと取ればいいんです。
学生時代の中間期末で6割の点数なんて言ったら全然トップクラスでもないでしょう。
6割取れればトップクラスなんですよ、社労士試験は。
どれだけ勉強せずに受けている人が多いかということです。


選択式が不安?
みんな不安です(^-^;
自分だけじゃないです。
大丈夫、選択式が不安な人は勉強している人です。
勉強していない人は選択式舐めてますから。


1点に泣いたトラウマが?
実力はある!!!!あとは神頼みだ!!!!
3.png
柴又名物金のうんこで開運ぴかぴか(新しい)
柴又帝釈天は勝負の神様だし、柴又はパワースポットなので、是非お参りにいらしてくださいわーい(嬉しい顔)
遠方で来られない方は私が撮った写真でもどうぞ〜こちらクリック


自習室で隣の人がやっている問題集が気になる?
Twitterでみんなのつぶやきが気になる?
一番はテキストを全部しっかり読むことです。
隣の人の問題集は「いらんことやってるな」と思えばいいです。
情報に振り回されないことふらふら
自分がお付き合いしてきたテキストを大切にしてあげて黒ハート

でもやっぱりとても不安?
誰よりも精一杯勉強してきたことが自信になります
あと1ヶ月誰よりもがんばってください

合格報告お待ちしておりますハートたち(複数ハート)

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックは日記や日々の出来事とか↓


Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 社労士受験

2017年07月13日

労働者側支援をしたいのに一歩踏み出せない

労働者側で紛争解決をしている社労士が少ないです。
「労働者からのご相談受け付けます」とホームページに書いていても、問い合わせると、
「うちは社長さんからのご相談しか受けませんので」と言われたという方も。

じゃあ書くなーーー!!!!


なんで労働者側の相談を受けないんだろう(´・_・`)

おかげでライバルがいないので須田事務所にお問い合わせがほぼ毎日あります。
※夏季を除く(その理由はまた今度)



しかしこれではいかん(`・ω・´)

もっと仲間を増やして盛り上げていこうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

労働問題が起きたら社労士に相談
職場の悩みは社労士に相談
労働問題の解決は社労士にお任せ

というふうにならないとねわーい(嬉しい顔)

そこで社労士のみなさんに質問したいです。
なんで労働者側支援をしないの?

1.興味がない
2.社労士は社長の味方である
3.難しそう
4.儲からない
5.食い逃げされる(前回のブログ読んでね)

ど〜れだわーい(嬉しい顔)



私が社労士受験予備校で講師をしていた時は、受講生の3分の1くらいは労働者側支援の仕事をしたいと言っていたのに、合格したら労働者側支援どころか開業もしていないし、登録もしていない、いやいやそれどころか知識を活かしたボランティアなど何もやっていない人の方が多いじゃないかーーーーヽ(;▽;)ノ

もったいないですよーーー演劇

やりたいのにやっていない人はやり方教えるから来てください!!
もちろん全部は教えませんけど(。-∀-)


というと1〜2人来られるんですが、「いつか始めたいです」と言ってたいてい始めないですもうやだ〜(悲しい顔)

仕事を「やってみる?」と振ったことも何度かありますが、やりたいと言っていたのにいざとなると「やっぱりできません」と尻込みする人もいます。わからなければ教えるのに・・・二度と頼みません。


ファイル 2017-07-12 8 53 04.jpeg
本文と関係ないけど、ツーリングの景色が最高で叫んでしまいそうです右斜め上右斜め上右斜め上


さて、上の1〜5に対して私が思うことです。

1の方は、仕方ないです(^_^;)社労士業務はたくさんあるので年金、助成金、就業規則作成など、どの仕事がいいとか悪いとかないので、好きな仕事をするのがよいと思いますわーい(嬉しい顔)

2の方もよいと思います。どっちの味方であってもお客様のために一生懸命やることが大事ですから、私はこの考えの人に全く敵意も批判もないです。

3の方exclamation×2そりゃあ難しいですよ( ̄ー ̄)だからこそやりがいがあるんじゃないですかわーい(嬉しい顔)社労士の仕事はどれもそうだと思うけど。あとは、この仕事こそ経験値が必要なので、できませんと言わずに受けることです。わからないことは先輩が教えてくれます。

4の方(>_<)どの仕事も儲かる人とそうではない人がいます。だから、労働者側支援が儲からないのではなく、労働者側支援で儲けていない人しか知らないんじゃないですかねえ(。-∀-)ただ、定期的な安定した収入はありませんたらーっ(汗)毎月定期的な収入が欲しいか、漁師のような一発ドカン収入に魅力を感じるかのどちらかだと思います。

5の方・・・もうやだ〜(悲しい顔)どの業界も食い逃げはいます。障害年金を専門にしている社労士も食い逃げされた話は聞きますし、理不尽に顧問契約を解除された話も聞きますから、この分野ならリスクが少ないというのはないでしょう。

というわけで、一歩踏み出せずにいる人は、今やらないといつまででもやらずにあっという間に10年くらい経っちゃいますから、今日から始めてください。

今日の18〜21時に目黒で開催の音楽会に来てもらえればお話できますよカラオケ
詳しくはこちら
お申し込みしていない方もお気軽にどうぞ〜カラオケ

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックは日記や日々の出来事とか↓


Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士