2019年05月14日

会社が傷病手当金の手続きをしてくれない

タイトルのご相談がここ1ヶ月くらいとても多くて5件くらい。
会社がうっかり手続きを忘れていましたというものではなく、意図的にしてくれないというものばかり。

つまり、いじわるです。

プラスして、事業主の知識不足。

傷病手当金なんてただの手続なのに、労災とごっちゃになっていて、

会社は悪くないから傷病手当金は認めない!!

なんて言う事業主もいて、

「はいはい、会社が悪いなんて言っていないし、私傷病(プライベートのケガや病気)だし、会社に慰謝料的なものを請求なんてしていないじゃないですか」

と言いたいけど全く話が通じずもうやだ〜(悲しい顔)

時効は2年あるから喧嘩して急いで「訴えますよ!」とかやらずにちゃんと話し合いすればいいんですけど、
収入が途絶えてしまうので早く手続してほしいですよねふらふら

ほんとただの手続なんです!!
会社が認める認めないというものではないんです!!
ケガや病気で休んでいれば出る単純なものなんです!! 
※条件はありますが


どうしても会社が手続きをしてくれなければ、自分で申請することもできます。
その際、事業主証明欄が空白になってしまう事情をお話ししてください。


健康保険法にはこのような条文があります。

第百九十七条 保険者(厚生労働大臣が行う第五条第二項及び第百二十三条第二項に規定する業務に関しては、厚生労働大臣。次項において同じ。)は、厚生労働省令で定めるところにより、被保険者を使用する事業主に、第四十八条に規定する事項以外の事項に関し報告をさせ、又は文書を提示させ、その他この法律の施行に必要な事務を行わせることができる。
2 保険者は、厚生労働省令で定めるところにより、被保険者(日雇特例被保険者であった者を含む。)又は保険給付を受けるべき者に、保険者又は事業主に対して、この法律の施行に必要な申出若しくは届出をさせ、又は文書を提出させることができる。

簡単に説明すると、
協会けんぽや健康保険組合は、事業主に「手続きに必要な情報を出してね」と言うことができるのです。

「できる」のであって、「命令」はできないところがちょっと甘いですけど・・・

だから、事情を話して健保から会社に言ってもらえませんかと話してみてください。
あとは健保の判断ですが、私はそれで相談者さんの手続きができたことがありますのでトライしてみてください。




馬に癒されます
IMG_0426.JPG




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と和菓子と楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪

2019年02月06日

男性の育休みんなが取っているから

たまには真面目に労働問題について考えてみる(ΦωΦ)

ネットの記事で、男性社員に「必ず育休1ヵ月」というのを見ました。
積水ハウスなのね。素晴らしい(´∀`)
記事はこちら⇒ヤフーニュース(カンテレ)

いや〜、「必ず」ってどうなのよ、選べるならわかるけど・・・

という声もあるみたいですが、

これくらい強制的にやらないと休まないでしょう

そもそも権利の主張をあまりしない国民性です!!

みんなと違うことはあまりやらない国民性です!!

申し訳ないから・・・
みんな取っていないから・・・←これ、とても日本人らしいぴかぴか(新しい)

周りに合わせる、空気が読める国民性なのはとても美しいと思いますぴかぴか(新しい)

でも、遠慮する国民性の日本人ですから、
最初は強制的に取らせないと進んでいかないと思うのよね(´・ω・`)

そのうち、

みんなが取っているから自分も取ります

になるよ、日本人だから(^_^;)

IMG_9073.JPG

そうそう、先日福岡に行った時の飛行機の中、外国人がとても多かったの。
日本人って、あんまり機内で立ち歩かないじゃん(´・ω・`)

みんな立ち歩いていないから

というか、立ち歩く必要もないし。
なるべく周りに迷惑かけたくないし。

外国人って写真撮ったりあちこちウロウロする人多いのねカメラ

まあ、ダメとは言われていないからねえ(´・ω・`)

でもちょっとびっくりした。




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と和菓子と楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪

2018年12月14日

労働相談が多い業種ランキング

勝手にランキングです。
今年、労働相談須田事務所に来たご相談のランキングですが、世の中のランキングとそんなに変わりはないと思う。

1位 医療関係
2位 幼稚園・保育園
3位 介護関係


この3つの業種、どれも人の命に関わる仕事でしょ。
怖いよね((((;゚Д゚))))
職場環境悪い⇒疲れ、ストレスが溜まる⇒業務に影響(ミスなど)


職場環境が悪いとミスも起きやすくなると思う・・・



そしてこの3つの業種はどれも、
「うちは医療系だから仕方ない」
「保育園なんてどこもそんなもの」
「介護だってわかって入ってきたんでしょ」

という、
この仕事を選んだんだから違法行為とか言うなよ
君わかって入ってきてるよね、
という無言の圧力が・・・

経営者からの圧力だけでなく同僚からも、
この業界だから我慢しようよ
という変な諦めムード霧

おかしい・・・

もう一度言いますけど、

人の命を預かっているお仕事ですよ演劇


きっと志を持ってこれらの仕事に就いた人たちなのでしょう。
でも、長時間労働や未払賃金に耐えられず職場を去っていく・・・
そして人手不足。
ミスが起きる。

労働法違反も道路交通法違反みたいに点数引いて、事業停止くらいにしたほうがいいと思う。

IMG_8358.JPG
激怒ブログでしたので、スイーツの写真でも喫茶店
六本木ヒルズにある「カフェクレープ」すごく美味しいです黒ハート




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と和菓子と楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪

2018年09月25日

有給休暇が取れなかったというトラブルも解決が難しいのだ

昨日のブログに続いて今日も「難しいシリーズ」です。

有給休暇が取れなかったというトラブルはたいてい退職するときに出てくるんですよね。
それで、労基署に「有給休暇が取れなかったのでその分をお金で払って欲しいのに払ってくれない」と相談しても、「有給休暇は取ってください」と言われます。

いや、だから、取れなかったんだってばーヽ(;▽;)ノ
だからその分をお金でヽ(;▽;)ノ

と言ってもですね・・・

有給休暇を会社が買い取るのは原則禁止ですし、
例外として、退職時には買い取ってもよいであり、
買い取りなさいではないんですよ

だから、買い取ってくださいという交渉をするしかないんですよね(´;ω;`)

交渉できないとか、交渉決裂だから相談してるんじゃんかーーー(゚Д゚)ノ

ですよね(^_^;)

そんな場合の方法をこっそりお教えします(ブログに書いてるんだからこっそりじゃない?)。

1有給休暇取得の申請をしてください
2休んでください
3給与の振込を確認します
4欠勤控除されていたら、未払賃金です

という方法。給与の振込を確認するまで動けないからちょっと時間かかるけどね。
法律で解決するにはこの方法です。

だから、1ができないと先に進めないので、
退職してからはできません!!
退職しちゃうと有給休暇の申請できないもんねもうやだ〜(悲しい顔)
それと、退職までに残りの有給休暇を使えるだけの日数がなければできません。
明日退職ですとか、無理なのよ[+д+]/

だから、早目に相談してねハートたち(複数ハート)

会社も最後に一気に有休取得されないように、いつでもちょっとずつ使えるようにしてねハートたち(複数ハート)

秋の夜長の柴又帝釈天参道は素敵でしょ三日月
ご相談のあとに立ち寄ってみて三日月
img_7425.jpg




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪

2018年09月24日

休憩時間が取れなかったというトラブルは解決が難しいのだ

未払賃金の計算中です。
依頼者からタイムカードと給与明細をお預かりして計算します。
この計算を私がすることになる会社は、給与計算がずさんです

残業代を払っている日があれば払っていない日もあったり、払っていても割増がついていなかったり。

で、依頼者からよく言われるのが、

休憩が取れなかったのでその分も未払ですよね!!


(メ・ん・)?(メ・ん・)?(メ・ん・)?

きっと、1時間の休憩が取れていないので、その分も給与が発生しているはずだから、それも加えて欲しいということですね。


まあ、加えるのは自由だからいいけど、
そこは認められにくいんですよ(´;ω;`)

その理由は2つ。

1休憩が取れていなかったという証拠を集めにくい
休憩が取れていなかった、いや、取らせていたちっ(怒った顔)という言い合いになり、取れていなかったという証拠がなければ認められません。
中には、取らせていなかったのに、「こいつは1日に2〜3時間休んでいた」と言う社長もいます(´;ω;`)
しかしそれも、2〜3時間休憩していた証拠はないので・・・
結局、契約書や就業規則では1日1時間の休憩がある旨記載していますので、そのとおり行っていたとして計算します。

2その時間賃金を払えば休憩を取らせなくてもいいという理論になってしまう
労働基準法では、一定時間働くと一定の時間の休憩は取らせなければいけないということになっています。
取らせないなら賃金を払いましょうという法律はありません
だから、休憩が取れないという相談を労基署でしたとしても、「取ってください」と言われるだけで、じゃあその分賃金を払うように指導しますとは言われません。


私の場合は、ご希望があれば休憩時間の賃金も含めて計算しますが、認められなかった場合の計算も別途作っておきます。


そして最後にいつも不思議に思っていることをひとつ。

未払賃金の請求額がそれほど多くない場合でも、会社は弁護士を代理人につけたりするんですよね。
その金額払っちゃったほうが弁護士費用より安いと思うんだけど(;・∀・)って場合もね。


きっと、弁護士に払う金はあってもお前に払う金はない
なんだろな・・・(ーー;)


大好きなチンアナゴの置物を息子にもらいました。
いっちょ前にブラジャーつけてる(笑)
img_7483.jpg




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪