2017年07月11日

30日前に解雇予告したらから問題ない!?

「30日前に解雇予告したから問題ないじゃないか!」と言う社長さんが多いです。
多いというか今までの解雇の事件でほぼ全員。
「弁護士に聞いたら30日前に予告したから問題ないと言われたぞ(ドヤ)」とも言われます。
本当に聞いたのかYahoo!知恵袋みたいなところで聞いたのかわかりませんが・・・

そしてこう言われてしまうと解雇された方も
「法的に問題ないから何もできないのか(´;ω;`)」と思ってしまう。

ちがいまーーーーす!!

確かに労働基準法20条では
「使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも三十日前にその予告をしなければならない」と定められています。

しかしこれは、解雇の手続きの話であって、

解雇そのものが正当か不当かはこの法律とは別なんです(゚o゚;;

整理すると解雇は、
1解雇が正当、つまり、解雇する理由がきちんとしていて、こういう場合は解雇するよという話が就業規則や契約書に書かれていて、誰が見ても「う〜ん、この理由なら解雇は仕方ないね」と言われるものであること。
2解雇の手続きが法律上問題がないこと、つまり、上の労働基準法20条のとおり30日前に予告していること。

この2つが揃って初めて解雇できるのです手(グー)

多くの社長さんが2ばかり気にして1をすっ飛ばしてしまっているんですね(´;ω;`)

だから相談を受けた私は、
「30日前に予告しているじゃないか!」と社長さんに言われても、
「いやいや、解雇の理由がそもそもおかしいから、この解雇は無効ですよ」と言うんです。
ハテナマークが頭の上飛んでいるのが見えるんですが・・・

じゃあどういう場合なら1をクリアできるかですが、

社長さんごめんふらふら

出るところに出るとほとんど会社の主張は認められないです・・・

経営不振と言っても、「人を辞めさせなくて済む努力をしてませんね」と言われるし、

営業成績がかなり悪かったと言っても、「きちんと教育したんですか?」と言われるし、

注意しても直らなかったと言っても、「じゃあ何月何日どこでどんな注意をしたんですか?証拠は?」と言われるし、

よほど会社のものを盗んだとかじゃないと(それでも就業規則や契約書に書いていないとダメなのよ)

今の日本の法律では基本的に人を辞めさせることはできないんですexclamation×2


でも、本当に経営が苦しいとか、こいつ何度言ってもミスしてそのうち大事件起こしかねないぞ、そういうことで解雇せざるを得ないことってあると思うんです(´;ω;`)

そんな時こそ、
きちんと対面で本人と冷静に話し合って、理解してもらうまで何度も話し合うこと

話し合いを端折ったり雑な対応をするからお互いに感情的になって大炎上するんです爆弾

ファイル 2017-07-11 8 08 02.jpeg

かわいいお知らせかわいい

明後日7月13日(木)18〜21時  目黒Kahoo にて、NPO法人労働者を守る会夏の音楽祭を開催しますカラオケ
今日から私もサックスの練習をします(2日前じゃん)あせあせ(飛び散る汗)
歌いたい人、演奏したい人、聴くだけでも、お気軽にご参加くださいわーい(嬉しい顔)
飛び入り参加もOKよカラオケ
詳しくはこちらをクリックしてね

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックは日記や日々の出来事とか↓


Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ

2017年05月12日

残業させてるけど休ませてるじゃないか

残業代の請求をすると、

「確かに1日2〜3時間の残業をさせた日もあるが、仕事がないから早く帰らせた日もあるだろう。だからそれでチャラだ」

という社長さんがいるんですが( ̄▽ ̄;)


みなさーん演劇

ご存知のとおり、


労働時間は1日8時間までですよー


他の日を休ませようが早く帰らせようが、


1日の労働時間は8時間までです!!

8時間を超えたら時間外労働ですよー!!

他の日は関係ないですよー!!

その日だけを見て、8時間超えているかどうかですよー!!

早く帰る日もあったのでそれでチャラだと言う理論は、変形労働時間制を採用していなければ成り立ちません(`・ω・´)キリリ

自分の会社がどんな制度を導入してるか、就業規則でチェックしてね目


ん?


「うちは変形だから」「うちはみなしだから」


と言われた?


うんうん、よくあるふらふら


それはきちんと手続きを経ていないとできない制度ですから、その手続きをしているのかどうか確認しましょう。




なに?




就業規則も契約書も何もないから確認できない?




それは、恐らくきちんとした手続きを経ておらず、社長さんが言っているだけかと( ̄▽ ̄;)




それ、ダメですよー。きちんと手続きしていなければ無効です。つまり、その制度は導入されていないことになります。つきましては、他の日で帳尻を合わせるということはできませんから、他の日を休ませてもらっていようが早く帰らせてもらっていようが、その日の8時間を超えた部分は残業代として請求できまーす(^_^)

今はまっているもの↓
ファイル 2017-05-12 6 17 59.jpeg

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックは日記や日々の出来事とか↓


Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ

2016年08月11日

残業減らすには出社時間を遅くしたらどうかな

わたくし様々な職場を渡り歩き、労基法違反や職場のトラブルを経験してきましたが、恵まれていたことは、

残業が多い職場がほとんどなかったこと

です。

割とどこの職場も定時で帰っていたんですね。
夜遅くまで仕事していたことはあるけど、好きでやっていたのでトラブルになっていないし。
ほかの人が残っているから帰りにくいという職場がなかったですね〜。

だから私自身、解雇は何度も経験しているけど、残業代の未払いと長時間労働の経験がないんです(^_^;)

これは、業種とか職種のせいもあるかも。
チームプレーではなく、個人プレーのお仕事だったからかなテニス

だから、「お先に〜」が言いにくいという雰囲気がなかったですね。
逆に、「まだ帰らないの?がんばってね手(パー)」という感じで。
いい意味でマイペースの人が多い業種を渡り歩いてきたからかもわーい(嬉しい顔)
日本はマイペースより同調することが褒められる文化ですから、私がいた職場はレアケースかもねたらーっ(汗)


ところで、「残業を減らすには」で検索すると、私がいた職場のように「早く帰ることがよい」という空気にするとか、効率よく仕事をすると書かれている記事を多く見るんだけど、これね、難しいよ〜(゚ν゚)ムズカスィネー

空気はそう簡単に変えられません!

それに、

業務量は変わらないんだから、どんなに効率よくやっても終わりません!

そこで、私の案は、

出社時間を遅くしたらどう?です。

昼の12時出社で定時が8時とか9時。

もっと遅くてもいいよ。
14時〜22時とか。
22時過ぎると深夜労働になるから、絶対に定時で帰れと言いやすいし。

仕事が終わらない?

それなら早く来てやればいいんじゃない?
早出申請して。

残業と同じじゃないかって?いえいえ、残るのと早く来るのでは違うんですね〜。

この案は、だらだらと残っているとか、お隣が残っているから帰れない対策ですし(上司が早く来るから早く来なきゃいけなくなるってかい?まあまあ・・・)、既存の会社が急に変更することは無理だから、現実的ではないので私の独り言として聞き流してもらっていいんだけど・・・
でも、私の経験上、これがよかったのは確かよぴかぴか(新しい)

私、塾とか予備校勤務が長かったんですが、この業界は出社が午後なんです。
だから、昼過ぎに出社して21時とか22時まで勤務なんだけど、出社までの時間が結構有意義に使えるんだよね。プライベートが充実してたな〜わーい(嬉しい顔)資格受験の勉強したりカラオケ行ってから出社したりカラオケ

この経験から言うと、長時間働いたからすごく働いたという感覚ではなく、遅い時刻まで働いたからすごく働いたって感覚なのよ。
時間じゃなく時刻なわけひらめき

日本人は勤勉だから「すごく働いた感」が必要でしょ。
だから定時に帰らない。
「6時に帰るなんて不真面目だ」みたいなふらふら

clock01_10.jpg

ほら、見上げた壁の時計がこうなっていたら、「今日もいっぱい働いたな」ってなるでしょ(。-∀-)
14時出勤だったとしてもね(。-∀-)

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックも気楽にやっております↓


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ

2016年06月14日

経営不振で解雇

最近の流行りなのかな、これ↓

社長「気に入らないから辞めてくれ!」
従業員「それ、おかしいでしょ。解雇通知書と解雇理由証明書ください」
社長(さすがに、解雇の理由に気に入らないからとは書けないな・・・経営不振なら問題ないだろ)

そこで、「経営上の理由から」とか「経営不振のため」と書かれた解雇理由証明書が渡される。

解雇を言い渡されたらまずすることは、

解雇通知書と解雇理由証明書をもらうこと

これ、勉強してデキてる人が増えました(^-^)/ パチパチ~



さて、解雇の理由に経営不振と書けば問題ないのでしょうか?


答え


経営不振で解雇をするには証明も必要だったり、とてもとても大変なのです!!

経営不振が理由の解雇を整理解雇といいます。

整理解雇をするための条件という法律はありません。
でも、本当は経営不振じゃないのに、
「こいつを解雇したいから経営不振ってことにしておこう(。-∀-)」
これがまかり通ってしまったら誰でも簡単に解雇できてしまいますね(´・_・`)


そこで、過去の裁判例からこんなことが慣例となりました。

ジャジャン!!



ぴかぴか(新しい)整理解雇の四要件ぴかぴか(新しい)

1.人員削減の必要性があること
2.解雇回避努力義務が尽くされていること
3.被解雇者の選定が合理的であること
4.解雇手続きが妥当であること


1は、本当に人を辞めさせなければならないほど経営不振なのかが問われます。
裁判では証拠を提出させられます。

2は、経営不振だとしても解雇するのは最後の最後!人を辞めさせるという最終手段に至るまでにそれを回避する努力をしているのか?例えば、会社がすごーーーく無駄遣いしていたら、まずはそれやめなさいよということね。求人を出しているなんてもってのほかですちっ(怒った顔)が、よくありますたらーっ(汗)

3は、不公平はダメですよということ。社長の好き嫌いで、あいつは辞めてもらってこの子は残ってもらおう揺れるハートというのはダメです。やむなく辞めてもらう人の選定の理由がおかしいものではないということが必要です。

4は、「今日でおしまいねグッバ〜イ」というような突然言い渡すとかダメよということ。事前に何度か話し合いや面談をして納得の上で、そして転職活動ができるような期間を与えるかお金を支払うかすること(解雇予告)。

しつもん!労務トラブル50.jpg
この本は社長さんがうっかり違法行為をしてしまわないように、法律がわかりやすく書いてあるよわーい(嬉しい顔)買ってくださいハートたち(複数ハート)



経営不振という理由で解雇された方からの相談は何度かありましたし今もよくありますが、

1〜4が完璧に揃った会社は今まで1社もなく(・◇・)ヘッ

あっせんや労働審判で金銭解決しています(^-^)v


まっ、本当に経営が苦しくて辞めてもらわなきゃいけない時も、ちゃんと話しようねわーい(嬉しい顔)

相談者の言葉で何度も聞くのが、
「ちゃんと話してくれれば怒らなかったのに」

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ

2016年05月21日

糖尿病の治療と就労の両立

昨日は日本糖尿病学会の学術集会(難しそうな文字が並んでおります(゚ν゚)ムズカスィネー)で、京都に行ってまいりました。サイクリングだけしに行っていたわけではないのだよ( ̄▽ ̄;)

13240065_997457610331473_7934904274518964134_n.jpg
楽しそうですが( ̄▽ ̄;)

えー、お仕事も真面目にやってきまして、

私、「法律面、労務管理の面から見た両立支援」のセミナーを担当いたしました。
普段は労働法にあまり接しない医療関係者の方にお話させていただいたわけです。

逆に私は、医療のことはド素人なので、糖尿病についてとても勉強になりましたペン




がん患者の就労支援は進んできたと思うんだけど、糖尿病はまだまだなのよね(;_;)

というのは、

糖尿病と聞いて、
不摂生してるからだよ!
飲みすぎ、食べ過ぎ!

そんなイメージもつ方も多いからだと思うのよね〜。

それで両立支援に理解を!と言われた会社は、

自己責任なのになんで会社がそこまでしなきゃいけないのよ

と思うかもしれないでしょう(´・_・`)

がんとか脳血管疾患は死んじゃうかもしれないし気の毒というイメージがあるけど、どうも糖尿病はそれがないために、なかなか理解が進まないんですね(´・_・`)

糖尿病の原因のひとつに食生活もあるでしょうけど、遺伝的要素が大きいので、本人の自己責任だけではないんだけど。

では、どうしたらよいかという詳しい話はまた今度m(_ _)m



さて、お仕事が終わり・・・

京都は電車とかバスで回るのもいいけど、自転車がとってもとってもオススメ!!

裏道がとっても素敵だからぴかぴか(新しい)
13254595_997458026998098_6802071461182551998_n.jpg

レンタサイクルで、大きな通りから一本裏に入ってみてぴかぴか(新しい)
13221097_997458030331431_9219743445244038063_n.jpg

結局、仕事のあとは観光を楽しんだのでした(´∀`*)

出張のお仕事ご依頼お待ちしておりますmail to

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ