2013年06月29日

身の丈以上のことはしないこと

「身の丈以上のことはしないこと」
これ、接客業をしていたときにお客さんである社長さんに言われた言葉。

2億の負債を抱えて倒産し、そしてまた会社を立ち上げて軌道に乗せていたすごぉーーーい70歳の社長さん。

2億の負債って・・・死にたくなります(TwTlll)

「一度失敗して、今度は失敗しないように、身の丈以上のことはやらないことにした」と。

この言葉があったから、浮かれず(浮かれてるだろーがと言わないで〜(→o←))、高望みせずやっているつもりです手(グー)


よく「社労士合格後、何をすればいいですか?」と聞かれますが、「今できることをやってください」と言います。

持っていないスキルを身に付けようとセミナーに通ったり勉強するだけではなく、今できることを積み重ねていけばいいんだと思うのよね〜(´∀`)

来月は、事務指定講習がありますね。
この事務指定講習は、実務経験なしの方を対象に実施するものなので、いわばヒヨコ大集合なわけで、それを狙ったヒヨコ食いがウヨウヨいるわけよ猫

高額な料金を支払わなくても、「今できること」は誰にでもできるし、人脈だってお金を払って作るものではなく今まで出会ってきた人を大切にすればいいんだと思うわ〜(´∀`)

くれぐれも、何万円も支払って経験を買ったり人脈を買おうなんて思わないように爆弾

身の丈以上のことはやらずに、今の自分にあったことを続けていれば、身の丈は自然と伸びていくものだと思います。
posted by 須田美貴 at 06:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 社労士合格後

2013年02月21日

実務は実践で身につけろ

開業塾はヒヨコ食いビジネスだと思っています新月

そんなビジネスにも引っかかってしまう人が多いんですよねもうやだ〜(悲しい顔)

理由は、
「実務経験がないから」

あのねえ〜(ーー;)
実務は実践で身につけるのが一番ですよ演劇

「でも・・・実務経験がないから実践の機会もないんです」

ふらふらふらふらふらふら

いいからやれexclamation×2
と言いますよー演劇

「いや、でも、経験のない私がそんな責任のあることできません」

Σ(|||▽||| )
あのねえたらーっ(汗)

じゃあいつになったら経験するんですかexclamation&question
責任があるのは当たり前です。
責任のない仕事なんてないでしょう。
責任があるから一生懸命やるんじゃあないですかexclamation×2
未経験なら一生懸命準備をすればいいんです。人に聞いたり、本で調べたり。

労働相談を6年半やっている私ですが、今でも初めての事例はよくあります。
「初めてなのでわかりません」って、普通言いませんよね。

経験がないからできないという人は、

喝だexclamationexclamationexclamationexclamation

ヒヨコ食いビジネスにお金を払うくらいなら、自分からどんどん経験してくださいな。
posted by 須田美貴 at 06:00| 社労士合格後

2013年02月18日

特集 社労士「絶望的未来」

ZAITEN3月号に特集記事がありました。
写真.JPG

社労士「絶望的未来」(^_^;)

記事を書かれたジャーナリストの吉田典史さんには社労士から苦情やらなんやらのメールや電話が来ているそうですね。
お疲れ様ですm(__)m

書かれている内容には同感です。

まあ、絶望的になるかならないかは人それぞれですが、社労士という業界で見ると、絶望的に近いでしょうね(と、また社労士会から睨まれそうな発言・・・)。

需要と供給のバランスが崩れているんですよ。
社労士の数>>>社労士を必要としている数

がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

でも、この資格を取るために学んだ内容はとてもとっても重要で、生きていくためには必要不可欠な知識だと感じています。

だから、資格を取って、資格で食べていこうという類の資格ではないですが、勉強する意味はとてもあるexclamation

どの資格でもそうですが、資格だけで食べていける時代は終わったんですよ。
医者や歯医者、弁護士だってそうです。

資格で食べていくのではなく、「自分という人間」で食べていかなければならない。
その「自分」に、たまたまオプションで資格が付いていたくらいで考えなければなりません。

この記事に登場する社労士の中でお会いした方がいますが、かなり強烈な個性を持った方ですよね(^_^;)


えーっと、最後に、この記事に関連しまして・・・
私も著書の中で同じようなことを書いております。
是非買ってちょ(^_^;)
「資格ビジネスに騙されないために読む本」鹿砦社
posted by 須田美貴 at 06:00| 社労士合格後

2012年11月05日

本当にお友達限定なのでしょうか?

昨日の記事に書いたような内容を書かれている人はよくこのようにおっしゃるそうです。

「この内容はお友達限定公開なので大丈夫です」

設定上はそのとおりでしょうが、そもそもそのFacebookやらtwitterやらのお友達って、リアルなお友達ですか?

何十人、何百人の繋がりの中で、心から信用できる人はそう多い割合ではないはず。
というのは、実際に一度もあったことのない人もお友達になっているから。

人を疑うのは良くないけれど、危機管理があまりにもなさすぎます。
被害に遭うのは自分以外にも、仕事上で関係している人もいることをお忘れなく。

ネットは怖いです。
どこで情報が漏れるかわかりません。
極端に言ってしまえば、そんな設定上の「限定」なんて信用しない方がいいかと思います。

限定していても、それをコピペしてどこに転載されているかわかりません。
掲示板で話題にされてしまったりしたらどうでしょう?

たとえ相手の了承を得て掲載しているとしても、周囲に与えるイメージというものがどれだけ大きいかということは、気づいたときには時すでに遅しという場合が大いにアリですよー演劇

と偉そうに書いている私も、知人に注意をされたことがきっかけで、とても注意を払うようになりました。

「軽率」というイメージを持たれてしまったら命取りですよーふらふら

しかし、会社員時代は仕事の内容を自由に掲載するなんてことはしなかったのに、独立開業した途端、無用心に書きまくるのはなんででしょうね・・・
posted by 須田美貴 at 05:00| 社労士合格後

2012年11月04日

こんな社労士にはなるな

もうすぐ合格発表ぴかぴか(新しい)

苦しい受験勉強を乗り越えたのだから、この資格は大事にして欲しい(>_<)

こんな社労士になるなexclamation×2と強烈なタイトルにしてしまったが、別に仕事の内容やスタイルを言おうとしているわけではない。

だから、「労働者の味方の社労士です」でもいいし、「社長の味方です」でもいいし、「コンサル専門の」でも「書類作成しかやりません」でも何でもいいと思う。

でも、これだけは下品だからやめて〜と思うものを書いてみた。
ブログやFacebook、twitterでよく見かけるものです。
既に開業されている方は、「いるいる」と思って読んで頂ければと思います( ̄ー ̄)

・「ハローワークに来ていまーす!失業の給付じゃなくて手続きだよ〜」
⇒仕事アピールだろうが、ようやく手に入れた仕事自慢のようで見苦しい(゜´Д`゜)また、失業中の人が読んだらどう思うだろうかという配慮が全くない。

・こんな相談されました
⇒承諾を得ているもの以外は、相談内容を書いちゃダメでしょう。こういう人は守秘義務に関して不安だ。

・こんな書類作成しました
⇒忙しい人は書類アピールなんかしませんし、浮かれているのがみっともない。

・今からセミナーです!
⇒自分が講師を務めるものなら「滅多にない仕事のアピール」と思うし、参加するものなら自己啓発にはまっている印象を受ける。

・とにかく仕事内容を事細かに報告
⇒誰に向けてのアピールなのか不明だが、暇なのか浮かれているのかという印象を受ける。

・「お客様からの相談」「お客様に聞かれた」など「お客様」という言葉を連発
⇒そのお客様が読んだらどう思うかという危機管理ができていないし、お客様が多い社労士はわざわざ書かないということに気づいていない。

・やたら「社労士同士」の集いに参加したことを公表する
⇒自分が社労士であることを確認したいのかとひねくれものの私は思う。

・「●●先生と飲みました」の写真をアップ
⇒素人っぽさ丸出しです。一定の時期が過ぎたらやめるべきです。


共感してもらえるか反感を持たれるか、極端に分かれる内容だと思いましたが、最近のFacebookを見ていて、あまりにも品がないので思い切って書いてみました。

同業が仕事に関する内容を浮かれモード全開で投稿しているのを見ると、マジで「業界全体の品位を下げるなよexclamation×2」とキレそうになるふらふら

これからこの業界に入る方は、くれぐれもそんな浮かれ社労士にならないでほしい。
posted by 須田美貴 at 05:00| 社労士合格後