2017年04月14日

メンタルが弱いんだよと言われたら

メンタルの疾患って理解されにくいですよね〜(´・_・`)

例えば、脳梗塞で倒れて療養中の社員に「面談するから会社に来い」とか言わないし、心臓の手術をして療養中の社員に「君、心臓弱すぎるんだよ」とか言わないよね。

でも、会社に提出した診断書に「うつ状態」「自律神経失調症」「適応障害」と書かれていると・・・

「いつ復帰するの?復帰できんの?復帰できないなら辞めてもらうよ」という怒涛のメール攻撃があったり、
「面談するから会社に来てください。え?来れないの?コミュニケーション取れない人は困るんだよね」などとても病気の人に言うような内容とは思えない電話をしてきたり、

最後には必ず

君メンタル弱すぎるんだよ!!
自分が若い頃なんかもっと大変だったんだぞ!!
甘いんだよ!!

という精神論(ーー;)


メンタルの疾患でお休み中なのに会社に来いとか面談するから上司と会えと言われているというご相談が多くて多くて、ホント多くて、とにかく多すぎ!!

行かなくていいですよ〜、ちゃんとそれなりの順序を経てね。それは須田事務所にお任せ下さい手(チョキ)
ってアドバイスして全て解決してますわーい(嬉しい顔)



ところでね・・・
何もなければメンタル壊してませんから・・・
鉄人女の私ですら、職場でいじめられたらうつ状態になりましたし、退職勧奨されたら毎日お腹壊しましたから。

嫌がらせされたりいじめられたりして何も体に異変が起きないって、

そっちのほうが頭大丈夫か!?


まあ、それでもがんばれって言いたいんでしょうけど・・・

でもさ、ガン、脳梗塞、骨折など他の怪我や病気の人に
がんばって会社に来いって言わないでしょう(´・_・`)



メンタルの疾患は気の持ち用で病気ではない

という誤解が多すぎます!!!!

骨折とかと違って目に見えない病気だから理解されにくいのですが

脳血管疾患などの他の病気と同じように

ちゃんとした病気ですよ演劇

だから、メンタルの疾患でお休みしている社員の人も、会社からメールや電話が来ると
「面談行かなきゃいけない」と思って後ろめたい気持ちになっちゃうのよね

メンタルの疾患にかかったことを後ろめたく思う必要はありません!!!!

会社を休んじゃって迷惑かけてごめんなさいくらいは思っていいけど

メンタルが弱い私がいけないなんて思わなくて良いのです

誰だって体のどこかに弱い部分ってあるじゃん
私は肩こりしやすいからパソコンに1時間向かったら休まなきゃいけないし、腰痛持ちの人は重いもの持ってはいけないとか、喘息の人もいるし、喉が弱い人もいるし

それと同じですわーい(嬉しい顔)

自分は腰痛持ちです〜と同レベルで、
自分はメンタルという部分が弱いんです〜でいいんじゃない?

240.jpg
これ、私が委員を務めました、労働者健康安全機構の「治療と就労の両立支援会議」で精神科のドクターが中心に作成したマニュアルです。
メンタルの疾患でお休みしている社員がいる会社の人も読まれると役立ちますので是非ぴかぴか(新しい)
こちらからダウンロードできます


最後にもう一度言いますけど、
脳梗塞の人に「這ってでも面談に来い」って言ったら「殺す気か!?」でしょ。
メンタルの疾患も同じように考えてね。
私ですらなったくらいだから、他の病気と同様に誰にでもなる可能性のある病気だということも。

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックは日記や日々の出来事とか↓


Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場のいじめ・パワハラ

2016年08月09日

パワハラにあったら

パワハラの相談は多いです。
パワハラをやめさせたい、パワハラ加害者に謝らせたい、慰謝料を請求したいなどご相談内容はいろいろですが、お話を伺って思うのは、

加害者のタイプがどれもそっくりなこと

人に厳しく自分に甘い、強いものには弱く弱い者には強い態度、大声で怒鳴ったりするばかりで論理的ではない、意外に小心者っぽい、余裕がない、何をやっても怒る、人望が全くない などなど

私が今まで、職場や紛争解決の際や裁判の傍聴で見てきた数々のパワハラ加害者は、自己愛性人格障害じゃないかと思うんですよね(´・ω・`)
パワハラにあっている人は是非「自己愛性人格障害」で検索してみて

過去にもパワハラ加害者の分析をしてみたブログがあります
ペン2012/1/21「パワハラ上司の精神分析をしてみた」
ペン2012/6/30「たくさんの弱者を支配してもたかが知れている」
ペン2014/6/25「支配することによる達成感」

13872890_822108821222017_3509905777158401300_n.jpg


では、パワハラにあってしまったらどうしたらいいか。

こちらにも書きましたが(2016/6/18「いじめやパワハラで損害賠償・慰謝料を請求できるか」)、証拠は必須です

でも、怒鳴られて咄嗟にスマホで録音なんかできませんよね。
感度のいいICレコーダーを常にポケットにしのばせておくという方法もありますので家電量販店で探してみてCD

録音していると、証拠をとっているという強い気持ちにもなれます!

もし、録音ができない状況なら。

その場でメモしてください!!

セリフをそのままメモです!!

「なにメモしているんだ!」と怒鳴られたら、「注意されたことを忘れないようにメモしていました」と言えばいいです手(チョキ)

ブルブル手が震えると思いますが、いいんです。
どれだけ恐怖だったのか、いい証拠になります( ̄ー ̄)

家に帰ったら、メモに日時とどんな状況だったのかを付け加えておいてくださいねわーい(嬉しい顔)

セリフが生々しいほど、メモであっても信ぴょう性がありますし、そのセリフを裁判などで読み上げられた時の加害者の恥ずかしさったらこの上ないでしょう(そういう場面を裁判の傍聴で見てきました)。

ちなみに、同僚がその場にいて「証言してあげる」と言ってくれますが、本当に証言してくれた人を見たことがありません(`・ω・´)同僚の証言は得られないものと思ってくださいもうやだ〜(悲しい顔)


そして、パワハラをやめてほしいと言うことです
加害者本人に言うと逆上するでしょうから、社内の相談窓口や別の上司に相談してください。
この「やめてほしい」のステップを踏まないと、なかなか行政の制度を使って指導や解決ができないのです(´・_・`)社内での解決が基本で、それでも無理なときに使える制度のため・・・


パワハラにあっていると会社に行くのも辛く、辞めてしまう方も多いです。
もちろんそれは一つの選択肢で悪いことではありません。

しかし!!辞めてしまうと、労働局長の指導は不可になります。
なぜなら、労働局長の指導は、「職場を改善して安心して働けるようにする」ための制度だからです。
だから、辞めてしまうと「もうその職場にいないから改善する必要ないよね」ということになるのですふらふら

辞める前にご相談してください!!!!


8月27日(土)は私が代表を務めますNPO法人労働者を守る会の勉強会です。
テーマは「パワハラの相談があったら」です。
相談業務をしている人向けの内容になりますが、資格がなくても参加できますし、相談業務をしていなくてももちろんご参加OKです!いざという時のために役立つ情報満載ですので、ご参加お待ちしております
フェイスブックからのお申し込みはこちら
労働者を守る会のブログはこちら

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックも気楽にやっております↓


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場のいじめ・パワハラ

2016年06月18日

いじめやパワハラで損害賠償・慰謝料を請求できるか

パワハラの相談、多いですね。

というか・・・

賃金未払+パワハラ、解雇+パワハラ、セクハラ+パワハラ、不利益変更+パワハラ・・・

というように、あらゆる事件にもれなくセットでついてきます(☆∀☆)

5301b097f8a699e8fb91f98ee514816e_s.jpg

でも、相談者の方は、
「パワハラの相談です」
と言われるんですね。

他にも解雇とか賃金未払とかされているのに。


やっぱり心の傷はパワハラが原因だもんね(´;ω;`)




それで、「パワハラで慰謝料を請求できますか」「パワハラで損害賠償の請求したいんですが」「慰謝料を請求したいのであっせんやりたいです」と言われるのですが、これは可能なのかな・・・




心の準備いいですか?





答えは、ほぼ無理!! [+д+]/ ムリダーヨ


( ̄▽ ̄;)!!( ̄▽ ̄;)!!( ̄▽ ̄;)!!


なによ使えない労働相談須田事務所ちっ(怒った顔)



は〜い、ちょっと待ったー(^◇^;)/


パワハラだけで請求しても極めて難しいですよ

ということです。

せっかく(と言ったら言い方悪いけど)セットになっているんだから、何とセットになっているか考えようヾ(@⌒ー⌒@)ノ

お得なセットファーストフード


残業代を払わないという悪質ぶりに加えてパワハラとか、パワハラの末解雇までしたとか、不利益変更にパワハラで無理やりサインさせたとか。
それがあると、請求しやすいですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)ワタシテンションアガリマス


さらに、証拠ね、これ必須ペン

録音やメールのやり取りがあるといいけど、なくても諦めないで演劇
対面相談や電話相談でお話している中で、

「それ!証拠になるじゃん!」

っていうのが出てきたりするんだよねひらめき

だから、何でも捨てずに取っておいて、ご相談の時は思い出したこといろいろお話してください。

414494.jpg


あとね、言っておきますが、「同僚が証言してくれると言っています」というのは99%信用できませんもうやだ〜(悲しい顔)残念ですが、その場に及んだら証言なんてしてくれないと考えたほうがよいです。

ちょっと人間不信になっちゃうよね・・・
人間〜なんて〜らら〜ら〜らららら〜ら〜
その程度のつまらないやつだったと思えばいいよ


さて、おさらいです手(パー)

1セット
お得なセットはお任せ下さい
2証拠
証拠探しはお任せ下さい

そして、会社の社風、規模、従業員数、経営者の性格や年齢、過去に問題があった職場かどうかとか、業種、創業年数、いろいろな情報を元に、経験上どのような解決がスムーズか考えます。


あ、これ好きなのハートたち(複数ハート)警察24時
img_0.jpg

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場のいじめ・パワハラ

2014年06月25日

支配することによる達成感

「性犯罪者の頭の中」幻冬舎新書 鈴木伸元 著 を読んだ。
犯罪者の心理に興味があって。
パワハラをする人ってどんな心理なのかなといつも考えているから。

7841.jpg

以前、「女性死刑囚」鹿砦社 深笛 義也 著 も読んだ。

女性死刑囚.jpg

女性死刑囚の話は、突発的な犯行ではなく、怨念による計画的なものが多かった(女の怨みは恐ろしい)。
性犯罪は突発的なのだろうと思ったら違っていた。
ロールプレイングゲームのような感覚で、犯行ごとにレベルアップしていく自分に達成感があるらしい。

仕事でのストレスから犯行に至ったケースが多いのだが(ストレスのはけ口を間違っている)、そこには、被害者を支配している感覚に達成感がある。
だから幼児や小学生など弱い子供を襲ってみる。
成功したらもっとレベルアップしたいから高校生や大人を狙うらしい。
そしてこの達成感で得られる快感で犯行を自分の力で止めることはできなくなっていく。

支配している感覚

これだ、きっと。
パワハラ上司の心理。
私はそう思う。

心が満たされている人はパワハラも嫌がらせもいじめもしないはず。
満たされないし、ストレス過多。

【パワハラがどうしたらなくなるか】

もちろん、法律の制定や制度を充実させるとか、厳しい罰則をもうけることも必要だけど、私は原因も考えないと無くならないと思う。

ストレスの少ない職場環境、相談できる人がいること、周囲の目があってパワハラできない環境などが必要。

【今、パワハラにあっている人へ】

パワハラをやっている人は完全にいっちゃっています。
大声で怒鳴り続けるとか、机を叩くとかモノを投げるとか殴るとか、正常な精神状態じゃないでしょう。
「人格障害」で検索してみると「これだ!」と思うものが出てくると思います。
あなたがおかしいとか悪いんじゃなくて、相手の頭がおかしくなっちゃっています。

対処方法や解決方法は相手や会社やあなた自身がどうしたいかによって違いますから、専門家にご相談ください。

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
須田社会保険労務士事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場のいじめ・パワハラ

2013年12月14日

冷静でいること

相談者によくアドバイスするのが「感情的にならず冷静でいること」

もちろん、ひどいことを会社や上司にされたら腹わた煮えくり返っているでしょうが、そこは心にしまって、表面上は冷静でいましょうと。

相手がわけわからんことを言っていても、叫んだり、大声で反論したりしないで、
「はあ、そうなんですね」と冷静にメモペン
※↑「わかりました」とは言わないこと。

例えば、
「お前なんか必要ねえんだ!明日から来なくていい!」なんて言われたら、
腹わた煮えくり返っていても、
「私なんか必要ないので明日から来なくていい・・・ですね」とメモメモペン

反論したり叫ぶより、その冷静さが怖いでしょう( ̄▽ ̄;)

とりあえず、やってみてわーい(嬉しい顔)

そのあと相談に乗りますのでご連絡ください。
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場のいじめ・パワハラ