2015年03月24日

挨拶しただけで不審者!?の騒動

ネットでもテレビのニュースでも盛り上がっている話題。

「さようなら」と挨拶しただけで不審者情報として掲載された

「行き過ぎだ、挨拶もしちゃいけない社会なのか」「怖い事件があるから親としては心配」など賛否両論。

挨拶することが良い悪いということよりも、こんな問題が起きる社会が残念だね。

うちもね、子供の保育園の帽子にわかりやすく大きく外側に名前を書いたら、
「内側に小さく書いてください。お散歩のときに名前が知られると危険なので」
と注意されたし(・_・;)

「せんせい!きのうボクね、ひとりでおつかいいったの!」って先生に言ったら、
「お母さん、最近はどんな人がいるかわからないので大人と一緒に行くようにしてくださいね」
と注意されたし(・_・;)

決して保育園批判ではなく、先生もこのような話を親にしなければならないという残念な社会ということ

知らない人に声をかけられたというのが問題で、知っている人なら良いのであれば、地域の人がみんな知り合いになれるような活動をすればいいと思うんだけど。

逆に、知らない人に助けられたということも大きく報道してほしいんだけどな。

うちは子供に留守番させてたら勝手に駅まで「おかあさんをむかえにいく」って出て行っちゃったようで、地域の民生委員のおじさんに保護されまして(;'∀')
「ぼく一人でどうしたの?」「おかあさんむかえにきたの」「一人じゃ危ないよ、おうちどこ?」「ぼくのおうちあっちだよ、いっしょにいこう」という会話でうちまで子供を送っていただきましてm(__)m
後日家族でお礼に伺い、そこで地域のつながりができたという話もあるんです。

ただこの会話も、挨拶しただけで不審者扱いの時代ですから、その感覚で考えると完全に不審者ですよね。
これを報道したら、悪い人が真似して誘拐するとか!?

人を見たら悪者だと思えと教えたほうが無難なのか!?

なんだかなあ・・・

私が小さいころなんて地域の人はみんな顔も名前も知っていたから、挨拶してきた人を不審者だなんて思わなかったし、悪いことしたら近所の人にも怒られたし、コミュニティが狭くて濃かったと思うんだよね。でも今は・・・
そこだと思うよ、原因は。

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ

2015年01月12日

二十歳の瞬間から20年と数ヶ月経ったおばはんから

祝!!成人!!

二十歳になる瞬間も成人式も諸事情により、北海道の長万部という町で迎えた私。
友人に密着してもらい、二十歳になった瞬間に写真を撮ってもらうことに。
そして撮ってもらったのがコレたらーっ(汗)
FullSizeRender.jpg

長万部町のセブンイレブン。
ってのはいいんだけど格好が・・・(ーー;)
ジャージにジャンパーに毛糸の帽子(ーー;)

5月の長万部の夜は寒いんです雪

そういう問題じゃなくて??
ダサいと・・・???


はい、否定しません( ;∀;)

自分のことはまあいいや、あれから20年経ったのでドコモ提供

新成人に向けておばはんが言いたいことは、

いいからやってみろ!!

最近の若者は(という言い方がおばはんたらーっ(汗))ネットが普及しているせいもあって情報過多ですね〜。
いい面もあるけど、一歩踏み出しにくくなっているのかなと、労働相談を受けていても感じます。

慎重に慎重に生きているなあと。

昔の若者だって悪いことはたくさんしてましたよ。
でも、twitterなどのSNSがなかったおかげでやり直すチャンスをたくさん与えてもらっていたと思う。
今は、ちょっと失敗すると、氏名も学校もあらゆる個人情報が晒されて、公開処刑がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

かわいそうだなと思うので、我々先輩は、ちょっとくらいの失敗は大目に見てあげるようにしましょうよ(^-^)

そして、新成人のみなさんは、

失敗しないように生きていくんじゃなくて、失敗してもいいからやり直す、いやむしろ失敗をバネにして生きていきましょう\(^o^)/

み〜んな失敗しながら年をとってるんだから手(チョキ)

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
↑須田社会保険労務士事務所ホームページ

2014年09月22日

まず名乗ろう

昨日、マナーについて書いたのでこんな話も。
書くかどうか迷ったんだよね(。-∀-)相談を受けている側が書いていいのかなって迷ったんだけど大事なことだと思うので書きます。

労働相談を受けていて、特に電話相談で感じるのは、マナーの差。

電話がつながって名乗りもせずに怒涛のように話し始める方・・・
あ、あの・・・どちらにお住まいのどんな会社にお勤めのどちら様ですか(^_^;)
今問題を抱えていて焦っていたり助けて欲しいというお気持ちはとても良くわかりますし、まだ会ってもいない電話の向こうの人に個人情報を伝える危険を感じるのもわかりますが、せめて名乗るか「匿名希望の者ですが」くらい言ってほしいですねふらふら

もちろんとてもマナーの良い方もいます。
「○○と申します。労働相談ですがお時間よろしいですか」

こういう方のほうがなぜか解決が早いです。
きっと会社側との話し合いもマナーがいいのでスムーズに進むのでしょうね。

昨日の裁判の話もそうですが、監督署で是正の申告をするときも、労働局で局長の指導の申請をするときも、やっぱり相手も人間ですから、こちらのマナーがきちんとしている方がスムーズに進んでいる気がします。

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
須田社会保険労務士事務所ホームページ

2013年05月24日

クレームを逆手に

昨日、ある業者にかなり腹を立てて契約解除してやる〜と思っていた私(^_^;)
本部に「かかってくるはずの電話がいつまで待ってもないんですけどどんっ(衝撃)」とクレーム電話もして(^_^;)

「担当からすぐに電話をさせますのであせあせ(飛び散る汗)
と言われて、かかってきたら「契約解除します」って言おうと思っていたのですが・・・

すぐにかけてきた担当者の対応がとても良くて、すっかり気分も良くなり、契約解除もせず、言おうと思っていた文句ひとつ言うのも忘れ、最後には「ありがとうございました〜わーい(嬉しい顔)」なんて言っておりました(;´∀`)ハハハ

クレーム対応ってどの業界でも嫌ですね〜もうやだ〜(悲しい顔)

私の元上司でとってもクレーム対応の上手な方がいまして、怒鳴り込んできた人が最後には笑顔で握手をして帰るというスゴ技を持っていました(゚o゚;

それに対して、ひどい対応をされた経験としてはこんなのがありました。

電車内がクーラーの効きすぎで寒い雪
駅に停車した時に、たまたまドアの近くにいた駅員さんに何人かが「クーラー効きすぎて寒いんですけど」と言ったらなんと!!
「僕に言われても困りますよ」
と言われたんですね(°д°)

そ、そりゃあそうかもしれないけど、その言い方って・・・(°д°)

クレームを逆手に取るっていうのは言いすぎかもしれないけど、相手が怒っているのは事実なんだから丁寧に対応しましょう。

私も気をつけなければ(-"-) 

2013年05月23日

サービスとは

乙武洋匡さんが入店を断られたことをtwitterに書かれたことで、様々な意見が飛び交っています。

私は、店側、乙武さん側、どちらが正しくてどちらが間違っているという話はくだらないのでしません。
それよりも、サービスとは何なのかを考えてみたいと思います。

どんな客の要望も受け入れる、どんな客でも断らない、そりゃあそれができれば問題は起きません。
けれども、それでは中小の事業は成り立ちません。

それに近づけるように努力はすべきですが。

どうしてもお断りしなければならないケースもあるでしょう。
そのときに冷たい対応をするのではなく、「ごめんなさい」と言って納得していただける理由を言えばいいんですよ。

言い方と、気持ちじゃないの?

例えば、
「うちはエレベーターがないので足が不自由なお客様はお断りしています」
これじゃあ腹立ちますどんっ(衝撃)

「うちはエレベーターがないので足が不自由なお客様にはご不便をおかけしてしまいます。なるべくお手伝いしたいのですが、店の混雑具合などによりできない場合もございます、それでもよろしいですか?」
「改善するよう努力しますので、ご意見をください」と付け加えて。

これで問題ないんじゃないの?

予約時にこう言われたら、混んでいる時間には行けないなあと思うし、その場で言われたら、ほかの店にしようかなと思うけど。

物理的に仕方ないじゃん。


サービスって、難しいことを求められているわけじゃないと思うんだよね〜。
気持ちでしょう。


社労士などの士業も同じ。
以前、「知識がないとお客様に失礼」という話をされたことがあります。
もちろんそうですが、知識があっても気持ちがないのはもっと失礼だと思います。