2015年11月19日

とてもよい質問ありがとうございます

須田事務所に寄せられる相談や質問は労働問題だけではなく、社労士受験のことや社労士の仕事についてもあります。

ありがたいですね〜嬉しいですね〜(^-^)

先日いただいた質問がとてもよかったので、私の回答も一緒にご紹介します。
回答もこれまたいいんだわ〜(自画自賛)


質問「会社から、完全に違法と分かっている依頼をされた時は断るが、ほぼ違法に近いようなグレーゾーンの依頼をされた時は、会社が顧客なのでリスクを承知で依頼を受ける事にしているという社労士さんがいますがなぜですか?」

実はこの方と同じような質問は過去に何件かありましたし、受験生でも疑問に思われている方はいるでしょう。

この方の質問にはありませんでしたが、「違法行為の加担をしているのではないですか」という質問も過去にありましたので、それも含めての回答です。


回答「この社労士、完全に違法なら断るだけ立派です。実際に私は受けていました。現在も依頼があれば場合によっては受けるでしょう。それはこのような理由からです。

社会保険労務士法20条に「開業社会保険労務士は、正当な理由がある場合でなければ、依頼(紛争解決手続代理業務に関するものを除く。)を拒んではならない」とあります。

どの程度のものが正当な理由に該当するかはひとつひとつ定められてはいませんが、“グレー=正当な理由” にはならないと私は思います。

現在違法行為をしていても改善の余地があれば、正当な理由には当たらないので受けなければならないと、私は解釈しています。

現在違法行為をしていても、グレーであっても、それを受けて改善するのが社労士の仕事です。

会社からお金を頂いているので、頭ごなしに「社長、それは違法なので直してください!」というような言い方はできません。
どんな社長さんであれ、じっくりお付き合いをして会社が良い方向に向かうように違法は正し、働きやすい職場にし、業績を上げなければいけません。

私は労働者側とうたっていますが、違法な会社を叩く仕事ではありません。

もちろん、何度言っても違法行為を進んでするような社長さんとはお付き合いをしませんし、受任しても契約を切ります。

“受任する=会社の違法を見逃す社労士” ではないですし、リスクがありますから違法は見逃せません。

しかし、社労士の見ていないところで違法行為をしている社長さんはいて、顧問社労士がいるのにも関わらず問題が起きてしまっている会社はあります。

私も顧問先でトラブルがあって労基署に呼ばれたことはあります。

社労士の仕事は、問題が起きる前に防止することでもありますし、残念ながら起きてしまった場合でも解決することです。

問題を解決するには、全体をバランスよく見渡すことが必要だと痛感している今日このごろです。」

ねえみんな、社労士の仕事って素敵でしょう〜

IMG_5410.JPG
↑先日の「あさイチ」で、「社会保険労務士は、働きやすい職場を作る専門家です」と発言して、社労士仲間に褒められまくったので、最近いい気になっています(。-∀-)

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士

2015年10月08日

自分が悪いと思うと相談できないんじゃ?

生活保護打ち切りで餓死とか、生活苦で娘を殺してしまったというニュースを見て思ったこと。

娘を殺してしまったお母さん、法廷で「誰かに相談すればよかった」って言っているんですよね。
でもしなかった、というか、できなかった。

餓死してしまった人も、誰にも相談できなかったんじゃないかと思うんですよ。

相談する場所があることは知っていたと思うんです(想像ですが)。
ではなぜ相談しなかったのか?
「役所に相談しても聞いてくれなかったんじゃないか」という意見もあると思いますが、全く聞いてくれないということはないと思うんです。

「もう一度ご自身でできるだけ頑張ってみてください」というようなことは言うかもしれないです。

そこで「いや、もう無理なんです、助けてください」となぜ言えなかったか。
民間の団体などにもなぜ相談に行けなかったか。
地域の人にもなぜ助けを求められなかったか。

それは、これだと思うんです。




自分が悪いから

という気持ち。

この気持ちが邪魔してたら、いくら「相談してね」「相談するところがあるんですよ」って伝えても無理ですexclamation×2

労働相談でも同じです。
自分にも悪いところがあるんじゃないかって思うと相談しにくいですよね。

でも、私はこう思います。

まあ、確かに自分にも悪いところがあったかもしれない。でも、

誰が悪いとか誰の責任かというのはまずは置いておいて、困っているなら相談したほうがいい

自分に非があったら相談しちゃいけないというきまりはないんで(^_^;)

例えば労働問題ならば、無断欠勤を続けてしまってもう会社に行けなくて困っているという人がいたとします。
「無断欠勤している自分が悪いから相談しない」ではなくて、
今困っているのは確かなんだから、どうしたらいいか相談したほうがいいよ。
これから同じ過ちを犯さないというのは、相談して解決の糸口が見えてからでしょう。

例えば生活の問題ならば、ギャンブルで借金しまくり困っている人がいたとします。
「ギャンブルにはまった自分が悪いから相談しない」ではなくて、
今困っているのは確かなんだから、どうしたらいいか相談したほうがいいよ。
もうギャンブルで借金しないようにするというのは、相談して解決の糸口が見えてからでしょう。

というようにですね〜、

自分が悪いと思うのと、相談するしないは別の問題であると知って欲しいですね〜。

IMG_5247.JPG
本日は渋谷で「労働相談の実務教えます」セミナーですぴかぴか(新しい)
サックスの演奏はございませんm(_ _)m

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士

2015年09月19日

多角的に物事を見られるか

本日は大阪社労士会の「人間・労使関係自主研究会」さんと我がNPO法人労働者を守る会の合同勉強会で大阪へ行ってきまーす飛行機

始発の電車に乗り、始発の飛行機です(飛行機って始発って言うのか?)
昼からなのになぜ早朝の便かって?
朝一の便は安いからね(o^―^o)

早起きしないといけないのに「ハモネプ」最後まで観てしまったあせあせ(飛び散る汗)
これを書き終わったら寝ます眠い(睡眠)

労働者側支援のお話を2年前にもこちらでさせていただき、今回はその続きでより実務的なことをお話しようかなとネタを用意しておりますのでお楽しみに〜手(チョキ)

2年前もお話した通り、どちら側というのは好きじゃないんですが・・・

ま、その話もします。

いい解決ができるならどっち側でもいいんですexclamation×2

会社側でも労働者側でも。

いい解決をするには、
バランス感覚物事を多角的に見ることが大事だと思っています。

仕事に限らず全てのことに言えますけどね(^▽^)

だから、会社側、労働者側、どちら側の仕事をするにしても、相手の話をよく聞いて、お互い権利の主張をするのではなく、どうしたら解決できるかを冷静に考えること。

それが、社労士のあっせん代理の仕事ですexclamation×2

私は好きですね、この仕事ハートたち(複数ハート)

では、12時間後に大阪でお会いしましょう〜手(パー)
おやすみ〜眠い(睡眠)
IMG_5040.JPG

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士

2015年08月19日

証拠がないからできません

今日の話は相談を受ける立場の人に是非読んでほしいです!!!!

「証拠がないからできません」

これ、私もだけど、結構言っちゃうことあるんだよね。
相談を受けることに慣れてくると、ついつい言ってしまう。

だって事実だから・・・

ごくたまにだけど、私自身も行政とか専門家に相談することあるのよ。
大した相談じゃないんだけど、人に相談するっていうことを時々やらないと、相談者の気持ちを忘れそうなので。

先日、ある団体に相談しました。

そこで、言われちゃいました!!

「証拠がないからできません」

分かってはいるんだけど、言われるとショックよー・゜・(ノД`)・゜・

だから、私が言ってしまった相談者の方、本当にごめんなさいm(_ _)mという気持ちでいっぱいです。

証拠がないとできないとか解決が非常に難しいのは事実なんですが、言い方ですよね(ー ー;)

弁護士さんや社労士のみなさんexclamation×2

突きはなすように言ってしまったらダメですよー!!
ショックが怒りに変わります!!


どう言って欲しかったかなあと考えてみたかわいい

「証拠がないから非常に難しいけど、なにができるか考えてみますね」

これ、すごくイイハートたち(複数ハート)

「証拠がないけど、これからこういうものを準備されるとできるかもしれません」

いいアドバイスですexclamation×2

ま、こんな感じかな。

ちなみに今回の私の相談、「証拠がないからできません」と言われたので、

「どんなものが証拠になりますか」と聞いてみた。

そうしたら・・・

「わかりません」

((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))

そ、それはないだろ(ー ー;)

こんな実務の話もします!!
セミナー来て来て来てヽ(;▽;)ノ
ここクリック

IMG_4955.PNG
↑だれ、この人( ̄▽ ̄;)

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士

2015年04月23日

労働者側社労士になりたい

1日1件はお問い合わせがあるので最近忙しいです。
飲食店なら「1日1件はお客様が来るので」という店は終わっていますが(;^ω^)
社労士事務所なら1日1件でもボリュームたっぷりですあせあせ(飛び散る汗)
フルコース、もしくは貸切のご予約という感じですバースデー

最近、解雇や賃金未払い、パワハラなどの労働問題のご相談に混じって増えているのが、

「労働者側社労士になりたいのですがどうしたらいいですか?」

月に3〜5件くらいあります。

すだみきのきみだすで「労働者側支援」の話してるんだから、来てよ〜〜〜(;^ω^)

来てよ来てよ〜〜〜(-"-)



そうだ、「どうしたらいいですか?」の回答しますね。

社労士試験に合格して、そのあとに特定社労士を取ってください!!

社労士の中には、「特定社労士を取っても意味ないよ」と言っている人がいるらしいですけど、労働者側社労士は特定社労士を持っていないとお話にならないです。

というのは言い過ぎかもしれないけど、あっせん代理の仕事が多いですからあせあせ(飛び散る汗)
先週は3日連続あっせんでしたあせあせ(飛び散る汗)

特定社労士のあっせん代理の仕事はこれからも減らないと思いますので、

社労士試験合格の2年後(実務経験がある人は翌年)に特定社労士を受験してください。


そして何より重要なのが、

経験です!!

いわゆるブラック企業に勤務されていればチャンスですハートたち(複数ハート)
お友達が勤務しているのなら、労基署への同行や未払い賃金の計算を手伝ってあげてください(社労士じゃなくてもやってOKです)。

経験していない人がいきなり人様の解決のお手伝いをするのは、

ガクガクブルブルですよ(゚Д゚;)

私なんて変な会社で変なことされたおかげで、滅多なことじゃビビらない鉄人女になったもんね〜(^−^)v

FullSizeRender.jpg
2013年8月23日の週刊プレイボーイの記事です。
ネットではまだ見られます→こちら※週プレNEWSのサイトにリンクしています

そして、仕事は基本、話すことですので、書類作成や手続きの経験なんかより、人と話す仕事の経験のほうがずっと役立ちますexclamation×2

事務職より営業職をやってくださいexclamation×2

営業できないです・・・営業苦手です・・・

と言う人は、はっきり言いますが、

無理です

相談者と話をし、社長とも話をして交渉する仕事ですよ。

鉄のハートで頑張ってねハートたち(複数ハート)

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士