2016年09月03日

弁護士か社労士か

自分に労働問題が起きたら、どの専門家に依頼すればいいんだろう・・・

これ、ほとんどの人が知らないと思います。
弁護士に依頼するのと社労士に依頼するのとでは何が違うのか。

金額が違う?
弁護士は裁判で、社労士はあっせん?

間違いではないけれど、そこじゃないですね〜〜〜

この案件は弁護士で、この案件は社労士でというように明確に区分けはできないので、毎回お話を伺って、

会社を辞めたいのか辞めたくないのか、金銭解決を望んでいるのかそうではないのか、会社の体質は?会社に顧問弁護士や顧問社労士はいるのか、ご本人の年齢や家族構成、勤続年数、問題の争点はどこか

などなどたくさんお聞きして、

「これは弁護士さんの方がいいです」とか「社労士のほうがいいです」とかお話しています。

判断基準は?と聞かれると、

経験則です

なんですが、それではこれから依頼しようと思ってこのブログを読んでいる人に

使えねえ〜〜〜

と言われてしまうので、

専門家に依頼するときにはここで判断しよう

というお話だけいたします。

1まずは、どの専門家でもいいです。ご相談してみてください。もちろん、労働問題の専門家ですよ。社労士でも主に年金に関するお仕事をしている人もいますし、弁護士でも交通事故専門の人もいます。ホームページでよく確認してくださいね。

2相談をした際に、他の専門家との違いや、何をしてくれるのかを話してくれるのなら任せて安心です。逆に、他の専門家との違いも説明せずに契約しようとする専門家なら、ちょっと待った手(パー)

3セカンドオピニオンは大事なので、安心の専門家に出会えたとしても、別のところにも相談はしてみたほうがいいです。

ファイル 2016-09-03 15 48 35.jpeg
本文とは全く関係ありません。
動物園マニアなんです、私犬一人動物園もよく行きます。
バイソンってなんでこんなに汚いんだろう・・・

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックも気楽にやっております↓


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士

2016年07月12日

解雇されたら

なぜか今月に入り、解雇されたというご相談が続いております。
先月は未払賃金でした。
不思議とブームがあるんです。

解雇ブーム(嫌な言い方だね(^^;)なので解雇されたらまず何をしなければならないかというお話をしてみようかと思います。

いきなり「明日から来なくていい」とか「辞めてくれ」と言われたら、専門家に相談する前に自分で判断しなければなりません。

これはやってはいけないとか、これをやっておこうというものをまとめました。


やってはいけない

1「わかりました」と言う
解雇を受け入れたことになります
2退職届を出せと言われて出してしまう
自己都合退職になってしまいます
3最近は自己都合退職に誘導するような言い方をします「いつまで会社に来る?」と聞かれて「○月○日まで」と言ってしまう
自分で退職日を決めたから解雇ではないと判断されます


これをやっておこう

1辞めませんと言う
ドキドキしちゃいますが、解雇不当で闘うには必要なのでがんばって!
2解雇通知書と解雇理由書をくださいと言う
解雇予告手当が支払われない場合に労基署に行くために必要です
3録音もしくはメモ
スマホなどで録音が間に合わないときは(不可解な「面談」と言われたらセットするくらいの準備はしたほうがいいかも)メモでもないよりはよいです。上司の目の前でメモしてください。乱暴な言葉などはそのセリフのままメモしてね


専門家の方へハートたち(複数ハート)社労士受験生もウェルカムです揺れるハート試験直前だけどたらーっ(汗)
7月23日(土)13〜16時 NPO法人労働者を守る会の勉強会のテーマは「労働相談の受け方」講師 須田美貴(特定社会保険労務士)です

・労働相談を受けるときのマナー
・労働相談の流れ
・お仕事の増やし方
・やってはいけないこと

などお話いたします。労働者を守る会会員以外の方は参加費2,000円です。終了後は懇親会もありますビール※懇親会の費用は別途2,500円くらいです
参加ご希望の方はこちらからお願いします⇒労働者を守る会HP

新宿の駆け込み餃子さんに労働相談須田事務所の札がありますわーい(嬉しい顔)
そろそろ餃子パーティーやりたいねビール
IMG_6780.JPG

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士

2016年01月11日

「社労士絶望」という検索ワードが( ̄▽ ̄;)

たま〜に、自分のブログがどんなキーワードで検索されているか調べてみて楽しんでいます(^-^)
自分の名前以外に毎回ランクインしているのは、「社会保険労務士」「産業カウンセラー」これは私が持っている資格だから当然でしょう。
「うさんくさい」これも毎回ランクインしているんですが・・・(;・∀・)

そして、今回ニューフェイスがexclamation×2これ

社労士絶望



Σ(|||▽||| )Σ(|||▽||| )Σ(|||▽||| )

なぜこのワードで検索した(-_-)

社労士受験生なら、まだ新年なんだから絶望することなくガンバレ( ゚ー゚)ノ)"ガンバレ

合格してこれから資格を活かそうと思っていたのに未来が見えずに絶望したなら、焦らずがんばれ( ゚ー゚)ノ)"ガンバレ

えーっと、あとは・・・(;・∀・)

社労士に絶望したのかな?
それなら、その社労士だけに絶望していてください、社労士全員に絶望しなくていいよ(ヾノ・∀・`)

う〜ん、なんでなのかわからないので、自分でヤフー検索してみた(^-^)

自分のブログが出てきた(;´∀`)

なるほど、こういう雑誌の記事が3年前にあったのでしたひらめき

ZAITEN 社労士「絶望的未来」

( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)

その検索で出てきた自分のブログを読んで(お暇なら検索して読んでみて)、今は3年前ほど絶望的じゃないんじゃないかなと思う。
忙しいアピールする痛い社労士も減ったような気が(爆

労働者側の個別紛争をやる社労士も増えてきて(労働者を守る会のメンバーはそういう社労士多いよーと宣伝演劇)労働者側じゃ稼げないと言われていた数年前と違って、他士業や同業者から妬まれるくらいにちゃんと稼いでいるし手(チョキ)

結局、その検索をした人が何を探していたのかわからないけど、

社労士の絶望的未来からちょっぴり明るい未来になったと感じていまーす(^-^)

社労士のみなさーーーん、ここ、( ・∀・) イイネ!するとこですよ〜わーい(嬉しい顔)

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士

2016年01月05日

偏らない「労働者の味方」を

いろいろあった2015年でしたが、今年もいろいろありそうでワクワクです(^▽^)
いきなり宣伝ですが、今年の一発目セミナーは、東京都労働相談情報センター 大崎事務所さま主催の、

「事例で学ぶ 労務のリアル」
1月22日(金)1月26日(火)

2回連続で(片方だけのご参加も可能です)
どちらも14時半〜16時半 東京都南部労政会館(大崎)


です。詳細、お申込みはこちらかわいい

ぴかぴか(新しい)無料ですぴかぴか(新しい)

ご興味のある方はどなたでもご参加いただけますが、一応

使用者側や労務担当者の方を対象にしています。

そうexclamation×2昨年から、「労働者の味方」とか「労働者側専門」とか看板を掲げているのに、社長さんからのお仕事の依頼や使用者向けセミナーの依頼が増えました。

キター(≧▽≦)って感じですぴかぴか(新しい)

これが私の目指していたところですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

2014は同業者から「労働者側専門という社労士は社労士法違反だ」とか「労働者側とうたっているよからぬ社労士がいる」と叩かれまして、2015年は「なんでもかんでもブラックといって闘うのはいかがなものか」と発言したため、ある弁護士と新聞記者から「こんな社労士に労働者を守れるのか」と叩かれ、昨年最後にとある社労士の倫理問題で「ほらみたことか社労士なんてこんなもんだ」と再度叩かれもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

さすがの私も実は死んでしまいたいくらい嫌な気持ちになっていたのですがモバQ
素敵な仲間たちと最後に音楽パーティーですがすがしく締めくくりカラオケ

まあ、終わりよけりゃいっか(o^―^o)

って感じでした手(チョキ)

結局いいんじゃんか(^^;)

CXtvmSkUAAEqgQT.jpg
愛用の「冬の男のプロ仕様」つなぎにフードがあったことを思い出したシーンです
※本文とは全く関係ありません

あー、話を戻しまして、私は、

社労士や弁護士同士でお互いケチつけあっている場合じゃなく

どっちの味方でもいいから「はたらきやすい職場」を作りたいんだよね

ブラック企業だとかモンスター社員だとか叩いてるだけじゃ進まないんじゃね?

この思いは、社労士事務所を開業した平成20年冬から変わっていないんですが、7〜8年前にこれを言ってもあまり響かなかったみたいだし(私の言い方が下手だったんです)、第一、「どちらも味方します」と開業当時に掲げた看板は、お客さんからしたら不安だらけの文言だとわかったので(そりゃそうだよね)、

どちらかといったら労働者から守って、それを理解してくれる社長さんも守ろう

という気持ちになったのです。

だから、そんなハチャメチャじゃ守れねえよーーーといういわゆるモンスター社員は、説教してご本人が働きやすいようにしますし(なんて上から目線で言えるのも、私自身がモンスター社員だったんじゃないかと反省するところがあるからです( ̄д ̄)

う〜ん、なんかくどくなりましたが、とにかく、嬉しかったのは、

理解ある社長さんが増えたから、ようやくスタートラインかなって思えたことです(o^―^o)

今年もマイペースで行きます。

そしてようやく堂々と言えると思います。

困っている人は、立場に関係なく守ります手(グー)

でも看板は「労働者の味方」のまま行きます。
それで社長さんが理解してくれたからハートたち(複数ハート)

葛飾FM「すだみきのきみだす」よろしくねわーい(嬉しい顔)

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 12:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士

2015年12月15日

早期発見

病気と労働問題は似ていると思う今日この頃・・・

病気も労働問題も早期発見が治療や解決には重要なのだよ・・・

病期の早期発見には検診があるよね。
労働問題も予防するために顧問社労士がいるわけで。

残念ながら病気になってしまったという場合でも、
早くに病院に行って治療していれば手術しなくても済むのに、

なんでここまで放置してたのーーー(-_-;)

ってお医者さんは言うでしょ。

私も言います(-_-;)

なんでここまで炎上させちゃったのーーー(;'∀')

自己流の治療はやめたほうがいい、ホントに。

あとね、労働問題もセカンドオピニオン大事よ

解決の方法やアドバイスも専門家によって少しずつ違うかもしれないから。

自己流で治そうと思ったけど無理だったので来ましたーって言われても治しますけど、

大手術になるかもしれませんよーーー病院

それと、ムチャすると合併症を引き起こしたり、
治っていないのに走り回ったりすると再入院とか(-_-;)

病み上がりはちょっと休んだほうがいいよ。

リハビリが必要な場合も結構あるのよ。

いいお医者さんは、治療計画とか副作用とかちゃんと話してくれる人だよ。

解決の流れとかリスクはちゃんと聞いた方がいいよ。

10805599_721259111284659_9193294469660034784_n.jpg
息子の保育園のサンタさんのプレゼント袋クリスマス
卒園の年なので、6年使ったこの袋も今年で終わり猫
やっと来年から球場に持っていける(・∀・)
※本文とは全く関係ありません

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士