2014年08月11日

真似できないから・・・

最近はまっているのが、意外にも、ざわちんのメイクを見ること( ´∀`)
メイクにはあまり興味がなく毎朝5分で終わらせる私がメイクにはまるとは(;・∀・)

いや〜、だってあれはメイクというより芸術でしょうexclamation

自分にできないことをやれる人に惚れますハートたち(複数ハート)

でもね、ちょっと自分にもできるんじゃないかっていう期待があるから見るんだよね〜〜〜(。-∀-)

でも、できない( ̄▽ ̄;)!!

彼女のブログとか本に、メイクの方法が書いてあっても絶対に真似できんexclamation×2

メイク道具が同じでも使う人の技術が違うんだよ〜もうやだ〜(悲しい顔)

手品セットを買って種明かしを見てもできなかったりもうやだ〜(悲しい顔)

何が言いたいのか?

ほら、最近、マニュアル本って流行ってるじゃない?
私も「労働相談マニュアル作ってください」って何度か言われたんだけど、

マニュアル読んだだけでできるわけがないexclamation×2

と思うのよね。

使う人の技術が必要で、それには研究と努力と練習が必要だってことよ。

といいつつ、ざわちんメイクをやってみたくてメイク道具を購入してしまった(^_^;)
使いこなせてない・・・
写真1.JPG

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
須田社会保険労務士事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート

2014年07月03日

☆にやられた

最近折り紙にはまっている息子が、「お母さんプレゼント(^-^)」と。

写真.JPG

と、まあ、珍しく家族ネタでもわーい(嬉しい顔)

「この☆(ほし)、僕も同じの持ってるから、お母さんも持っててね」

「うん、じゃあ携帯のケースに入れて持ち歩くねわーい(嬉しい顔)ありがとう」

「それでね、僕のこと怒りそうになったらこの☆見て。怒っちゃダメだな〜って思うから」

(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)「そ・・・だね・・・たらーっ(汗)

「もし〜、僕のほうがすごい悪いことしちゃったなあってときは〜、僕も☆見て、いけないなあって思うから」

(^_^;)(^_^;)(^_^;)「う・・・ん、そ・・・だね」


数時間後・・・

「ゴルァーーーちっ(怒った顔)片付けなさーーーいちっ(怒った顔)

「(冷静に)お母さん、ちゃんと☆見たの?」

(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)「あ、見てなかった・・・」


なに、誰よ、こういう技教えたの(´;ω;`)
posted by 須田美貴 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート

2014年06月13日

絵心ないかなあ

先日、携帯に留守電が入ってたんです。
「イラストのご応募ありがとうございました」って女性の声。

(;゚Д゚)!(;゚Д゚)!(;゚Д゚)!

もしや・・・

近所の小学生と遊んでいて、「キャラクター募集」のチラシに私の絵心満載のイラストを書いてあげたんだったexclamation×2

ちゃんと氏名年齢も、須田美貴 40歳 って書いて。

その絵がこれ↓
写真.JPG

キリンですわーい(嬉しい顔)言わなくてもわかるよねわーい(嬉しい顔)私の精一杯の力作ですわーい(嬉しい顔)

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
須田社会保険労務士事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート

2014年04月16日

金魚に競争心が!!

一昨年のお祭りでうちの子がゲットした金魚がまだ元気で日々成長しているのよ。
お祭りの金魚すくいの金魚って弱くてすぐ死んじゃうのにね。
大きさも4倍くらいになってるんじゃ・・・(゚д゚)

その子に新しいお友達が一気に4匹も増えまして。
またうちの子がゲットしてきた(・□・;)

私、人生で一度も金魚すくいでゲット出来たことないのにたらーっ(汗)

残念ながらその4匹のうちの1匹は一昨日亡くなってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

しかし、残りの3匹はすこぶる元気で(^_^;)

餌を入れるとすごい勢いで食いつくがく〜(落胆した顔)

そうしたらなんと・・・

一昨年から居る古株くんが、今まで餌を入れてもポ〜っとしていたのに、食らいつくようになったのだexclamation×2

驚いたね〜(゚д゚)

まさか金魚にも競争心が芽生えるとはexclamation×2

金魚レベルでも・・・(^_^;)

へえええ〜〜〜、競争心って本能なんだね。

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
須田社会保険労務士事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート

2014年03月12日

忘れられない話

昨日3月11日は日本中の人があの日のことを思い出して黙祷をささげ、生きていることに感謝しただろう。
私も当然、あの日あの時何をしていたか、無理に思い出そうとしなくても蘇ってきてしまった。
そうは言っても、東京にいたので、被災された方々に比べれば全然大したことはない。
それでもあの日のあの映像は目に焼きついて離れないのだから、目の前で津波にのみ込まれていく人たちを見た人々の精神的ショックは計り知れない。

そう、あの日はボランティアで近所のお年寄りの家事を手伝っていた。
掃除が終わって帰ってきたところで大きな揺れがあり、すぐにそのお年寄りの家に電話をした。
足腰が少し不自由なので心配だったが、幸い落下物などもなく無事だった。

週1回家事手伝いに行っていろんな話をしてもらっていたが、あの日の翌週の話は忘れられない。
戦争を体験している彼女から、私は人生で初めて生で戦争体験を聞いた。
「東京大空襲と同じだ。私も3月の冷たい川に飛び込んだ」
そうだ、3月10日は東京大空襲の日だった。

15分ほど話してくれたその空襲の体験談があまりに生々しくショッキングで、私の3月11日というのは、空襲の話もセットの記憶になっている。

辛い経験を語ってくれた感謝の気持ち、平和に暮らしている感謝の気持ち、悲惨な出来事は伝えなきゃいけない、経験者と同じように伝えられるだろうか、そこから何を学んで何を残していくのか・・・

うまく文章にはできない、震災と戦争に関していろいろな気持ちが入り混じるこの日だった。
きっと今日からまた普通の日が続いていくのだろうけど。

普通の日が続く幸せ。

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
須田社会保険労務士事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート