2014年03月31日

桜の木の皮

昨日東京は桜が満開になり、SNSでも桜の写真がたくさんアップされていますわーい(嬉しい顔)

柴又の土手もこんな感じです。
写真.JPG

満開の桜に思うことをみなさん投稿されていて、詩人だなあ〜と感心。

私は・・・たらーっ(汗)
詩や俳句のセンスが全くないので、こんな話を。

桜というと私が思い出すのは、小学校か中学校の国語の教科書にあった話本

桜の花のピンクは花だけではなく、木全体で出している色。
その証拠に、桜の木の皮を煮出すと綺麗なピンクの液になり、染料にも使われる。
1年でたった数日ピンクの花びらを咲かせるために桜の木は見えないところで頑張っている。

こんな話。

衝撃でしたねー。

人に見せない努力で綺麗な花が咲くんだな〜と子供の私は思ったのですわーい(嬉しい顔)

だから、「勉強会行ってきました〜」「こんな勉強していま〜す」って披露するのが安っぽい努力だなと思っちゃうわけ(。-∀-)爆弾

※「桜の木の皮 染料」とかで検索すると情報出てきますよわーい(嬉しい顔)

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
須田社会保険労務士事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92103037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック