2014年01月08日

家計簿歴34年

6歳から家計簿(その頃はお小遣い帳)をつけているので、今年で34年になります手(グー)

飽きっぽい私が唯一長年続けているものです。

自分の金には興味があるんで(^_^;)

そんな家計簿歴が長い私、続ける秘訣は?とよく聞かれます。

が、特にない(^_^;)

つけていないと今我が家にいくらあるのか、お財布にいくらあって今月はあといくら使えるのかってわからないじゃない?
怖いがく〜(落胆した顔)

多分、続かない人は、使った分しかつけていないんじゃないかな。
いくら使ったかを見るためにつけるんじゃなくて、あといくら使っていいかを見るためにつけるんです。
残りいくらかを数字で日々見ていけば、つけないなんて恐ろしいんだけどなあ。

それと、細かすぎるのはだめね。
つけるのに時間がかかってそのうちやらなくなります。

あと、人が作った家計簿はつけにくいので、人が作ったのをもとに自分のオリジナルのをパソコンとかで作るといいかも。
パソコンがなかった時代は、私は大学ノートでオリジナルの家計簿を作っていました。

昔、ZAiという雑誌とか、家計簿のつけ方っていう本に出たことがあるんだけど・・・
写真.PNG
約10年前の写真だ(;´∀`)

最近は話が来ませんもうやだ〜(悲しい顔)

今年は「家計簿の達人」の仕事をしたいです有料
【家計簿の達人の最新記事】
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家計簿の達人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84678217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック