2013年12月08日

本当に好きな道ならもっと前に進みたくなる

社労士仲間のT君との会話で思った。

社労士の業務ってすごく幅広いけど、好きな業務とそうでないものがある。
全部をやらなきゃいけないことなんてない。

一般的に社労士というと、就業規則の作成とか、書類の作成や手続、会社の規定や制度を作るのが主な業務。

正直、全然面白くないexclamation×2
私はね。

これがすごく得意で面白いと思う人もいるでしょう。

私は労働者からの相談に乗る方があっていると思う。
もっと得意になりたいと思うし、そのための努力に辛いなんて気持ちは全然ない。

だから、スキルアップがとても辛いと思っている人は、
「それ、好きじゃないんじゃないの?」
と思う。

好きなら努力も楽しいし、言われなくても努力する。
言われなくてもオタクになるくらい調べたりもする。

この仕事が好き→もっと前に進みたい→努力も楽しい→相手にもそれが伝わる→仕事が増える

この仕事あまり好きじゃない→努力が辛い→相手にもそれが伝わる→お客だって嫌々やっている人に頼むのは嫌だ

でしょうわーい(嬉しい顔)

つまり、「この仕事儲かりますか?」って質問はナンセンスなわけよ。
「あなたが好きなら儲かるし、嫌いなら儲かりませんよ」と答えたい。

「社労士業務で何が儲かりますか?」なんて聞かないでよね〜。

あなたが好きなことをやれば儲かるでしょう。

魚が嫌いな魚屋はいないでしょ。
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士合格後
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82007130
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック