2013年12月04日

5回目の解雇

解雇を5回されたことがあるので(こちら)、その体験談を書いているのですが、1回目を書いていきなり5回目に飛びます(;´∀`)急に書きたくなったので。

2013年10月1日のブログに書いたように、5回目の解雇は派遣会社によるものでした。
契約書を催促したら、2日後が終了という契約書を渡されたという話なんですが・・・

最初からおかしかった、この派遣会社P(大手ですね)。

まず、契約書をくれないどころか、報酬額や勤務時間が口約束だとトラブルになることもあるからメールくださいと言ってもくれない。

そして、派遣だと思って行ったら請負だったたらーっ(汗)
それは別にいいや(本当はよくないんだけど)、説明不足は許そうと広い心で働き始めたら・・・

請負なので請負スタッフの中に指揮命令をするリーダー(同じ派遣会社から就業しているスタッフ)がいて、リーダーさんのことは「コンシェルジュ」と呼ぶらしい(^_^;)笑った。

しかしこのコンシェルちゃん、かなり勝手。
私と一緒に入った人は、シフトが入っている朝出勤したら「あなたは今日シフトに入っていないから帰って」と言われて帰らされたがく〜(落胆した顔)交通費も出なかったらしいちっ(怒った顔)・・・お給料ゼロじゃなくマイナス

職場の雰囲気も相当悪いふらふら
請負スタッフのロッカールームでお財布の盗難と携帯をバキバキに折られる事件発生exclamation×2

職場であるテレビ局の正社員の方もかなり対応がひどく、お客様に「ありがとうございました」と言ったら「いちいち言わなくていい!」と怒られ、お客様に食堂の場所を聞かれたので教えようとしたら「担当じゃないんだから教えなくていい!」と言われ、お客が「受信料払わねえぞ!」と怒ってしまう始末(あ、局がバレちゃった)。

コンシェルちゃんが勝手に帰らすこと、盗難事件のことなど派遣会社の担当の方に相談し、研修とかあったほうがいいんじゃないかと言ったところ・・・
「派遣で働いている人は正社員になれない人だから仕方ないですよね、我々も困っているんですよ」

がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

呆れて言葉が出ない・・・

そんな相談をした2日後が契約終了日という契約書をいただき、就業は終了いたしました(;・∀・)

もちろん、「当初1年3ヶ月という話だったんですが」と主張しましたが、「それ、最初にお話した者が間違えていました」と言われてバッサリ失恋
証拠を残さないためにメールもなく、契約書をすぐに渡さなかったとしたらかなり悪質だちっ(怒った顔)

就業に当たり、黒いスニーカーを準備するようにと言われて購入したジョギングシューズで最近ジョギングしています(^_^;)

今後この会社から紹介してもらいたいという気持ちもないので、派遣会社Pのスタッフ登録は削除してもらいました( ´ ▽ ` )ノ
posted by 須田美貴 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 実録!私が解雇された話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81895223
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック