2013年10月05日

実務はやっぱり試験が基本

社労士試験の合格発表まであと1ヶ月になりました。
合格確実という点数の方も、合格が決定するまでは不安ですね。
不合格確実もうやだ〜(悲しい顔)という方はそろそろ来年に向けて始動しましょう。
私は不合格だった年は11月初旬から本格的に始めた記憶があります。

さて、社労士試験の問題は実務とかけ離れていると言われる方もいますが、私はやっぱり実務の基本は試験だと思います( ̄^ ̄)

しかし、試験ができたからといって実務はできません。
逆に、人事で実務を長年やっているからといって試験に受かるわけでもありません。

実務と試験は違うんです。
でも、実務をやっているときに頼りにするのはテキストです(^_^;)
(私が勤務していた事務組合にも最新版の社労士試験のテキストが常備されていて、お客様から問い合わせがあったときはみんなテキストを見ていたし。六法じゃないのよ、見るのは)

なんだなんだ、言っていることが矛盾するじゃないか(´・_・`)

えーっと、こういうこと。

まず、相談とか質問されたら10科目ある膨大な条文のどれを見ればいいのかすぐにピンと来ないといけません手(グー)
私は合格した11月からメールでの労働相談のボランティアを始めましたが、最初はそれを探すのに2時間かかったこともあったなあたらーっ(汗)
一つの相談に一つの条文じゃなくていろいろ混ざっているからねえ台風

そして、条文を答えたらそれでいいわけではありません。
相談者の抱えている問題によってその条文がどのように絡んで、どのように解決すればいいかが違うから。
それに、違法か合法かの判断が難しいこともあるし。


わたくしなぜかフードコーディネーターの資格も持っているので(全然使っていないけど・・・)、よく料理人に例えるんですが、
試験に合格した時点では、材料が揃いました!料理はできるよ!って状態。

でも、それを美味しく食べるには、煮たり焼いたり味付けを工夫しないといけない、それが実務(^-^*)

その調理は、テキストを眺めているだけじゃ上達しないから、自分でやってみて失敗してというのを繰り返さないとダメなわけよ。

来月合格したら、その月からいろいろとやってみるといいと思いますわーい(嬉しい顔)
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士合格後
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77137111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック