2013年08月28日

東京ドームで発見してしまった!!

写真.JPG

昨日は息子と、社労士のお友達とそのお友達と4人で阪神戦観戦野球
2階席で眺めは最高exclamationと見渡していたら、発見してしまった(゚ロ゚)

真正面に、2年前私がアルバイトをしていた病院の看板が(゚д゚lll)

ここ、経営不振のため正規雇用の人以外はみんな解雇と言われて私も解雇になったとこ(ーー;)
2年でドームに看板が出せるくらいに立て直せたのね、素晴らしいわーい(嬉しい顔)

???(。-∀-)

ドームの看板をめぐっては、他の企業や団体も関係者から良く思われていないところがあるようで、ある高校のことについて書かれたブログも発見した。
年間1億もかけて看板出すくらいなら授業料安くしろとか。
確かにたらーっ(汗)

ドームの看板、おいくら万円なのか調べてみたら、こんな情報が。
看板製作費300万円、年間掲載料1億5000万円、ホームランが看板直撃したら100万円以上の賞金か商品を選手にプレゼント。

ふう〜ん、アルバイトを解雇したら1億円以上浮いたのかしら?
それとも、宝くじがあたったのかな?

私は巨人が嫌いなのでドームに看板を出したいとは思わないけど、こんなに大きな看板を出せるってすごいなあと思う。
しかし、看板を出すことによって知名度は上がるけど、それが集客につながっているのだろうか?
従業員など関係者からの不満を考えたらリスクもあるよなあ。
ほかにも宣伝方法はあるのに、1億円以上もかけてドームに看板を出すのは、経営者の見栄かなと思う。

看板は出さないけど、一度、大きな球場で草野球はしてみたい野球
東京ドーム、平日朝とか昼間なら2時間20分使用量が367,500円です。
40人くらい集まってやるなら1人1万円くらいか( ̄ー ̄)
でもやるなら甲子園だなあ(o^-^)

写真2.JPG
昨日は負けてテンションの低い1塁側(;_;)
posted by 須田美貴 at 09:34| Comment(5) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
うちの地元もそうですが、ドームに広告を出す企業は、会社をあげてチームを応援しているという「忠誠心」を暗に押し付けられ、企業単位としてはいい(宣伝など)かもしれませんが、その忠誠心を従業員にまで押し付けるところがあると聞きます。
平日のわりとお客の少ない試合に動員したり、グッズをまとめて購入したりというのはよくあることで、ひどいところは従業員の携帯を半強制的にiPhoneに変えさせたりするところもあるとか…
こういう忠誠心を強いるソフトバンクは嫌いです。(あ、名前出してしまった!)
Posted by 東風 at 2013年08月28日 10:17
須田さん、こんにちは。東京ドームはレフト外野で1試合観戦したことがあります。ペンネームにあるとおり、各地の(東北地方がほとんど)阪神戦に行きますが、試合終了後、グランド開放することもあり、ゆっくり一周します。時には寝そべる。それも楽しみです。
甲子園は仙台育英戦しか行っていないので、阪神戦に行けるかな…。
Posted by みちのく阪神男 at 2013年08月28日 15:12
私の地元の某ドームにも広告は多数ありますが、噂によると、球団への「忠誠心」が問われるそうです。
チケットを買う、グッズを買うなど、企業単位で半強制的にさせているという噂です。しかも広告を出させた上に従業員の携帯をiPhoneに変えさせるところもあるとかないとか…
だから嫌いなんです。ソ○トバンクは。
Posted by 東風☆ at 2013年08月28日 19:48
東風さん、地方は特にそうでしょうね〜。こちらは球団が、巨人、ヤクルト、横浜、ロッテ、西武といろいろあるので、あまり忠誠心とかないですね〜。ファンも分散されるのに、その中でなぜか異常な熱狂ぶりなのがやっぱり阪神ファン(^_^;)
Posted by 須田美貴 at 2013年08月29日 09:24
みちのく阪神男さん、私はパリーグの球場が好きです( ´∀`)札幌ドームとかQVCとか、ファンサービスに力を入れている感じがして、野球好きじゃなくても楽しめるくらい食べ物とか子供が楽しめるところとか充実してますね。
Posted by 須田美貴 at 2013年08月29日 09:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73495405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック