2013年03月27日

男と女ともう一つは

卒業シーズンが終わって入学シーズンになりますね〜わーい(嬉しい顔)

特に私は何の卒業も入学もないんだけど(^_^;)

でも、入学シーズンってことで思い出した30年以上前の話。
自分の小学校入学の頃の話です。

小学校の教室に入って席に着きました。
男の子と女の子がペアで机をつけます。

そこで私は考え込んだ台風

男の子と女の子とあともう一つ性別があったらどうやって並ぶんだろう?
3列か?
それともいろんな組み合わせで二人ずつ並ぶのか?

6歳の女の子の素朴な疑問でしたわーい(嬉しい顔)


30数年経った今、その続きを考えると・・・

性が3種類あったらどんな組み合わせで子供を作るのか?
染色体がXX,XYの他にYYで性別が3種類できるってことかな。


ところで、性が3種類ある生物はいないのか?

で、ネットで調べたところ(便利な世の中ね〜)、いましたexclamation×2
ご興味のある方は「性別が3種類」で検索してみて(´∀`)面白い記事がたくさん見つかります。

性が3種類以上の生物は、脊椎動物では今のところ見つかっておらず、菌類など下等な生物。

ということは、進化の過程で、性は2種類が一番いいってことになったんだよ、きっと手(チョキ)


進化の結果、人間は性が3種類ってことになったと仮定していろいろ想像してみた(暇人かっ)。
それはまた次回〜手(パー)
posted by 須田美貴 at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメント欄復活されたんですね!昨日のblogの件、よくいます。僕の好きなことわざ『人のふりみて我がふり直せ』って本当に実感します。こちらはグダグダとやってます。お元気そうで何よりです。あと終わってしまったドラマですが『最高の離婚』って見ましたか?
Posted by ポンタ at 2013年03月28日 00:59
ポンタさん、コメントありがとうございます(^-^)はい、密かにコメント欄を復活させました。そして毒舌も滑舌よくやっていきたいと思います!前回の記事も毒々しく書かせていただきましたが、まだまだとの声も。何を目指しているんだ・・・最高の離婚は観ていませんが、評判いいのでDVDで(^_^)
Posted by 須田美貴 at 2013年04月01日 16:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64070017
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック