2013年02月24日

労働者側の社労士って興味あるのね

「労働者側の社労士をされているということでお話を聞かせてください」という電話やメールが最近多いです。
受験生、合格者、マスコミの方など。
前からありましたが、ここ最近、「ブラック士業」という言葉が雑誌を賑わせているせいか、特に増えました。

お話はたくさんしますし、したいですので、遠慮なくご連絡ください。
お会いしたことのない受験生や合格者の方へもお返事は必ずしていますので、「返事来ていないよー」という方は、迷惑フォルダーをご確認ください。


「食べていけますか?」という質問が多いです(^_^;)

ほとんどの社労士が社長側という立場でやっていて、私のように労働者側でやっている人はごく少数ですが、食べていけるかいけないかの割合は、どちらも同じだと思います。

社長側→食べていける
労働者側→食べていけない

という構図ではありません。

どちらも同じくらいの割合で、食べていける人とそうではない人がいます。
飲食店などの他の業界と同じですよ。

フランス料理→食べていける
ファミレス→食べていけない

という構図じゃないでしょ。

社労士の場合は、単価が高いけどライバル店が多い方を選ぶか、単価は安いけどライバル店が少ない方を選ぶかじゃないですかねえ。
posted by 須田美貴 at 06:00| 労働者側社労士