2011年10月16日

社労士はどっちの味方?

検索ワードを調べてみると、このタイトルのような言葉が結構多かったので、本日のテーマはこれにしました。

私も受験時代、同じクラスの人に聞かれたことがあります。
「合格したらどっちの味方になるの?」
はっきり言って、意味がわかりませんでした。
どっちの味方をするとかあるんだ〜、へえ〜って感じでした。

でも、実際、あるんですね。
そもそも、「よりよい職場環境」を目指す仕事をするのに、どっちの味方とかおかしな話なのに。
ただ、どちらの味方もしてしまうと利益相反になってしまうから私はこちら、ということのようですが・・・



昔、学校で教えていたときに、受講生の方に言われたことがあります。
「どうせ社労士って社長の味方をして従業員を解雇するんだよね」
この言葉にはかなりショックでしたね。
ちがうよーーーexclamation×2

私も、「解雇大好き社労士でーす」という人には出会ったことがありますが、そいつがおかしいexclamation×2
自分がそうされたことがあるから、社労士になって仕返しをしたいとかexclamation&question
どんな心をしているんだか私には理解できません。

でも、そんな人は2人くらいしか出会ったことはなく、みなさん、
「もっと職場を良くしたい」
「自分が困ったことがあるから、今度は困っている人の役に立ちたい」
とおっしゃいますわーい(嬉しい顔)
よかった〜。

どちらの味方であっても、この信念を忘れなければいいんですexclamation

でも、特に「困っている人の役に立ちたい」という方は、労働問題で困っている労働者の味方になることをお勧めします。
絶対、人の役、社会の役に立ちます。
やりがいはとてもあります。
労働者側だと儲からないと言っている社労士もいますが、そんなことはないどんっ(衝撃)
私の周りでも、ちゃんと生活している人はいますよ。

またそのうち、労働者の味方として働くとは、というテーマで書きたいと思いますわーい(嬉しい顔)


posted by 須田美貴 at 06:12| 労働者側社労士