2021年04月13日

経営者タイプが雇われると…

昨日のツイート「13年やってると、パワハラとか解雇で労働相談に来ていた人が、数年後に会社をおこして、今度は経営者として相談や依頼してくださったケースが数件ありまして。嬉しいです」


について書いてみたいと思います。

経営者になった元相談者さん。
元々、性格が経営者タイプなんですよね。
だから、会社の経営について、

「もっとこうしたらいいんじゃないですか」
「ここを変えましょう」
「ここおかしくないですか」

と上に意見を言っちゃう。

そしてその意見が、まっとうすぎる!!

上の人からすると、

自分がダメ出しされた悔しさでたまらないので

力でねじ伏せるパワハラ

追い出してしまう解雇


ってわけですよもうやだ〜(悲しい顔)

私、相談を受けていてはっきり言っちゃいます。

雇われるの、向いていないんじゃないですかわーい(嬉しい顔)

それで、「え!?そうなの、私!?」って言う方はいなくて、

ああ、自分でもそう思っていました…

ということで、不当解雇の和解金とか失業給付で、自分で事業を始めちゃったりしてもとてもよいと思うわけですぴかぴか(新しい)

雇われる資質も大事です。
雇われるのが向いている人がダメなのではないです。
雇われるのが向いていないのがダメでもありません。

向き不向き!!

資格に関していえば、社労士合格しましたのあと、
開業を目標にするのが当然、しないと、「なんで開業しないの」と言われる。

いちいち鬱陶しい

という声も聞きます。

いいじゃん、会社員が向いている、開業に興味ない人もいていいじゃん。

逆に、会社員が続かない、会社員向いていない、でも、一人でやっていくことや、人を雇うことが向いている人もいるんです。

それをね、

みんなが会社員をやらないといけないみたいな

資格を取ったら開業しないといけないみたいな

自分にあった仕事の仕方を見つけるのがストレスにならない生き方ですグッド(上向き矢印)

私は会社員10年やって、雇われるの向いていないことに気づきました…
昼から飲める仕事の仕方ですビール※労働相談は、ほぼ夕方からのお仕事
IMG_8500.jpg

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田黒田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪

Twitter相談LIVE「こんな求人は危険!」
posted by 須田美貴 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188575426
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック