2021年01月10日

死にたい人や周りに死にたい人がいる方へ(生還したのは)

結局、私は生きているんです。
特に、生きたい、死にたくないと思ったわけではなく、

死にたいと思っている自分が辛いから、そこから抜け出したかった

だけです。
死にたくなることは今もありますよ。
でも、死にたくなると辛いので(辛いから死にたいのか、死にたいから辛いのかもわからなくなってる、ループですかね)、
死にたい気持ちから生還する方法を身に付けました。
2日間くらいは死にたい状態なんですが、3日目くらいにこの方法で生還できるようになりました。

それは、

自分ひとりなんだと思うこと

「話聞くよ」「相談してよ」「頼っていいよ」

実はこの言葉が、生還しにくくしていることもあるんです。

相談して話して頼って、ほっとすることはもちろんあります。

でも、応急処置的なんです

頼っている相手にも理解されないことはあるし、24時間頼れたり相談できるわけじゃないんです。

そうなると、死にたくなります。

そこに気づきました。

自分はひとりぼっちなんだと、あえて思うことで(人には言われたくない)

急に冷めるというか、覚めるというか、醒めるというか

あと、

こうあるべきをなくす

親として夫(妻)として、社員として、先生として

こんな弱い自分はダメだとか、こうでなきゃいけないとか

そんな考えをやめること


みんなそんなに期待していないです(笑)
注目もしていないかも。

真面目な人ほど、こうしないといけないと思って
それができないと、迷惑をかけていると思って
死にたくなります。

もう、いいよ、適当で、自分ひとりぼっちなんだし。
家族がいても、親がいても、恋人がいても、
自分はひとり、誰かと一緒にいても、ひとりなの。
そう思ったら、なんか、どうでもよくなって、
死にたい病から回復できました。

でも、たまにこの病はやってくるので、2〜3日はこういう思考になれません。
究極のどん底になると、仕方なくこの思考で生還する感じです。

人によって違うと思うけど、自分の生還方法を見つけると、少し楽になれるかも。

意外と人は、がんばっても死ねないんですよ。諦めるしかない。

カウンセリング24時間やっています↓↓↓
労働相談須田事務所
代表:須田美貴
資格:特定社会保険労務士、産業カウンセラー
所属:大阪府社会保険労務士会
電話:090-9136-1950
メール:suda.miki@suda-sr.com
Twitter:@sudatora(DMでもお問合せOKです)


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田黒田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪
posted by 須田美貴 at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 死にたいとき
この記事へのコメント
初めてコメントさせていただきます。
私は社労士51歳男です。
先生方のホームページを彷徨っているうちに須田様の事務所のページを拝見したのがきっかけで、こちらのブログにたどり着きました。
辛くない人生は無いと先代の市川團十郎さんが仰ってましたが、本当にそう思います。
10年前に生き地獄を味わって以降、死に場所を探していた(いる)自分がいましたが、何とか生きてます。
「家族のために石にかじりついてでも」などと自分を追い込んでいた気がします。
須田様のお言葉に共感しました。少し気が楽になりました。


Posted by ぱんちょ at 2021年02月09日 18:26
ぱんちょさん、ありがとうございます。4万人いる社労士の中からよくぞ見つけてくださいました(笑)結局、生きているので、プラスにしたいというほどのことでもなく、人のためにというほどのことでもなく、誰かが見つけてほっとしてくれればいいなという感じです。ということで、見つけてくださって嬉しいです!



Posted by 須田美貴 at 2021年02月09日 22:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188281707
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック