2018年09月27日

辞めさせてくれない

9月19日の日経新聞「退職認めぬ」の記事にコメントを載せていただいたあと、

img121.jpg

9月22日はCBCラジオ「北野誠のズバリサタデー」でインタビューされました。

かつては退職トラブルと言えば解雇だったのが、最近は

辞めさせてくれない

の相談の方が増えています。

解雇は減っていますが、退職勧奨は相変わらず多いです。
ちなみに、退職勧奨は解雇ではないという話をこちらに書きました⇒2017年10月6日のブログ



さて、ラジオを聴けなかった方のために、お話した内容の一部をご紹介しますわーい(嬉しい顔)
北野誠さんから質問される形でお話しました。



まず、私が扱ったケースでどんなものがあったか。

ふらふら退職の申し出をすると「お前を雇うのにいくらかかったと思ってるんだ!入社2年以内に退職する場合は研修費用など損害賠償を請求するぞ」と脅す。

ふらふら既に退職して転職もしているのに退職の手続きをしてくれず、転職先の会社が入社の手続きができずに困ってしまう。

などですが、中でも一番多いのが、

辞めたら損害賠償を請求するぞです。

いったいどんな損害なのか???謎です・・・
いち平社員が辞めたくらいでどんだけ会社に被害を与えるのでしょうか?
会社の言い分としては、採用にかかった費用、新たに求人をかける費用、研修費用などらしいですが・・・


(ヾノ・∀・`)ナイナイ(ヾノ・∀・`)ナイナイ(ヾノ・∀・`)ナイナイ

そんなの損害じゃないですよ(n‘∀‘)η


もし言われたら、

「金額と計算根拠を書面でください」と言うと社長は黙ります。


そして、「辞めさせない」が増えている背景は?


やっぱり人手不足が大きいかなと思いますが、社長の感情論であることも多いです。

お前をここまで育ててやったのに!!


そして根性論。

昔はすぐに会社を辞めるやつなんかいなかった!!


はいはい(^_^;)


昔だって働きにくい会社はたくさんあったと思いますが、今はネットも発達して、労働者が知識を簡単に得られることができ、

会社を見る目がシビアになったんだと思います



こんな働きにくい会社にいるよりも、ほかに行こう(^-^)(^-^)るんるん


それに比べて、特に年配の社長さんは今の労働情勢や法律に疎い・・・もうやだ〜(悲しい顔)

感覚が昔のまま・・・もうやだ〜(悲しい顔)


その感覚じゃダメだし(´×ω×`)でもどうすればいいかわからないでしょう。


そこで、顧問社労士をつけてください!!!!


顧問社労士をつけたからといっても、退職する人を引き止めることは難しいですが、社長さんがついついやってしまいそうな「損害賠償請求するぞ!」という発言を止めたり、辞めさせないと言ってしまったことで起きるトラブルは防げると思いますヽ(;▽;)ノ


退職に関する法律もちょっとご紹介揺れるハート

かわいい法律上、原則退職は自由にできます
かわいい正社員、つまり契約期間がない働き方の人の場合は、民法627条で「雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する」とされていますので、退職届に2週間後の日付で退職する旨を書いて提出すれば退職できます。
かわいい会社が認める認めないというものではありません
かわいい月給制の人の場合は、その期間の前半までに申し出ることになっています。
かわいい契約期間が決まっている人の場合は、契約期間満了までは原則退職できません。


最後に、なかなか退職させてくれない時は、実際、どうすればいい?

手(グー)退職願ではなく退職届を提出します
願はあくまでもお願いなので、「ダメです、認めません」もアリだからです。
手(グー)提出したしていないのトラブルを避けるため、簡易書留など履歴が残る郵便で送る方法もあります。
手(グー)損害賠償を請求するぞと言われて実際に会社に訴えられたケースはほぼありません
「損害額と計算式を書面でください」と言ってみるとそれ以上何も言われずに解決したケースが多いです。

ご自身で判断せず、まずはすぐに弁護士や社会保険労務士に相談をしてね




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184523295
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック