2018年07月06日

過半数の人が解ける問題を解ければいい

社労士試験の合格率、10%を切っているので100人受けて数人しか受からない(´;ω;`)
超難関(´;ω;`)

というのは、合格してから自慢すればよいだけで、受験の時は

たいしたことない と思っていてOK( ・∀・)!

たいしたことないと思えるお話をしますねハートたち(複数ハート)

合格率は気にしなくていいです。
合格点に届けば絶対に合格するんだから。
その合格点に届く人が数%しかいないんじゃないか〜もうやだ〜(悲しい顔)


ところがですね・・・


私、社労士受験の予備校に勤務していた時に、模試の集計なんかもしておりまして。
この問題はどれくらいの人が正解したかな〜なんて見ていたんですね。

そこで気づいたんです!!

半分位の人が正解している問題を落とさなければ合格点に届く!!

30点台をウロウロしている人は、半分位の人が解けている問題を落としているんです小雨

だから、正答率が2割なんていう難問は解けなくてもいいんです。無視無視無視ドコモ提供

みんなが解ける問題が解ければ受かる!!

1960086_603222803088291_1723839302_n.jpg
寅さん像の左足を触ると幸運が訪れるんだよわーい(嬉しい顔)
だから左足はみんなが触ってピカピカぴかぴか(新しい)




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪
posted by 須田美貴 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士受験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183746692
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック