2017年07月15日

マナーと法律の板挟み

この前、食い逃げされた話を書きましたが(これ)、いつも悩むのがマナーと法律とのバランスです。

この食い逃げ野郎(あ、女でした)から依頼を受けた弁護士はそういう板挟みにはならないんだろうなと羨ましいです。
ある意味プロです〔゚Д゚〕スゲ〜

っつーか、この話、結構私引きずってんじゃん(^-^;

私だったら、「権利の主張をする前にあなたのマナーがなっていないんじゃないですか」って言っちゃうんですよね・・・

マナーがなっていないから辞めさせたり残業代を払わなくていいわけではありません、もちろん。

でも、法律の前に人として

って考えちゃいます。
だから、私が食い逃げ野郎から相談を受けたら、契約書の文言に不備があったとしても、
「約束は守らなきゃいけないからお金払おうね」
って言っちゃうんですよね。

どんな仕事でも引き受けて依頼者のために主張するのがプロです

なのかなあ〜(´・ω・`)

ほんならいいわ、セミプロ目指すわ



「無断欠勤したら解雇されたんですけど不当解雇ですよね」
みたいなのは、
「不当かもしれないけど、まず無断欠勤しちゃったこと謝ろうよ」
と言いますし、
「出勤時間の5分前には作業場にいるようにってこれ、5分は時間外労働ですよね」
みたいなのも、
「法律の話をしたらそうですけど・・・1時間前に作業場にいろと言われたら問題だけど5分って仕事をスムーズにするために必要なんじゃ・・・」
と言ってしまいます。

しかしこういう話をネット上に書くとですね、

労働者の権利を主張する弁護士さんたちからすっげー叩かれるんですよ( ;∀;)

以前、

お前なんかに労働者を守れるのか!

って書かれたし、それに、

労働者の権利を主張する新聞記者さんまでが、そうだそうだ!

みたいなことになったんで、

はああε=(・д・`*)ハァ…
権利の主張をする人たちって相手のことを考えずにひたすら叩くんだなあ

マナーのないやつらだぜヽ(*´∀`)ノ

とわかりました。

だから私自身はそうはなりたくないので、マナー重視で行きたいと思います(`・ω・´)キリリ

と、マナーのない私が言っています(๑≧౪≦)テヘペロ



トラブルになってしまっているときは、当事者同士は既にマナーも何もない大炎上状態ですから、

私があいだに入ってお互いにゴメンして、
社長さん、違法なところは正してください
労働者さん、働く上でのマナーはこれからは守ろうね

これが理想わーい(嬉しい顔)

ファイル 2017-07-12 13 38 59.jpeg
毎日暑いので涼しくなる写真を雪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180321867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック