2016年10月16日

「3年は続けろ」ってケースバイケースですから

若い方からの相談でよく聞く言葉が、

「3年は続けないといけないと思う」




う〜〜〜〜ん・・・(´・ω・`)



でもそれ、ケースバイケースですよーーー(゚Д゚)ノ




ひどい環境で働いていて心も体もボロボロで相談に来られた人には、「辞めた方がいいよ」と言います。

私のブログを読んで「辞めるか辞めないかは本人の意向を大事にすべきなのに決めつける社労士がいる」とか批判している同業者がいるんですけどね、そんなこと言ってたら本人死んじゃいますよ!!


例えば、「会社に入ったら自分の好きな仕事をやらせてくれない」とか「上司が命令してくる」「ミスしたら怒られた」
⇒だから辞めたいんですけど

この類の相談者には「3年は続けてみたほうがいいよ」と言いますけど(ーー;)


でも、第三者から見ても「今すぐ辞めた方がいい」と思う場合は、

「3年は続けろ」とか行っている場合じゃないっつうのexclamation×2


でも・・・
「3年も続かないやつはどこへ行っても無理と親に言われました」とか、
「すぐ辞める人だと思われて転職活動で不利になると思う」とか、
「最初の3年はきついものだと先輩に言われた」とか、

「石の上にも三年って言いますから」とか。

だから3年はがんばらないといけないと思うんです(;_;)

そう言って辞められないんです。



なに?なんなの?これ、日本特有の精神論!?





ここで、「石の上にも三年」ということわざの意味を確認してみましょう手(パー)

忍耐強くがんばれば、いつかは報われる

という意味です。

どうですかーーー演劇
今の会社、忍耐強くがんばれば報われそうですかーーー爆弾


報われる前に体壊すのなら辞めるのも致し方ないと思いますよ。


ちなみに、私は20回くらい転職している中で3年以上続けられたのは1社だけ。あと、社労士の開業も続けているけどねわーい(嬉しい顔)プロフィールはこちら

一番きつい最初の3年を我慢できなくて長続きしなくてすぐに辞めるどこに行っても使い物にならないやつ・・・

とまでは自分のこと思っていないです(´∀`)

飽きっぽいし決断が早くて後先考えないハチャメチャな奴だとは思ってますけど(。-∀-)




しかし、職場がひどかったとしても、辞めたこと、続かなかったことは事実ですので、

この辞めた事実をどう今後活かしていくかでダメなやつにはならないと思うよ(^-^)

ファイル 2016-10-16 16 10 14.jpeg

それと、転職活動の時に不利にならないトーク術はご相談の時に伝授します(。-∀-)

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックは日記や日々の出来事とか↓


Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士
この記事へのコメント
こんにちは。
現在の労働環境がひどい場合でも退職しないのは、「次の職場が良いとは限らない。もっとひどい職場かもしれない」と考えるからではないでしょうか。

このように考える相談者に対して、須田先生は どのようにアドバイスされるのでしょうか。
Posted by sam at 2016年10月16日 19:38
samさん、コメントありがとうございます。
次の職場も変なところを選んでしまわないように、「就職活動でここを見よ!」というアドバイスもしています。変な会社に入ってしまった方は(私も含めてですが)就職活動の時にここに気づくべきだった!!という点があるんです。
Posted by 須田美貴 at 2016年10月17日 10:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177278807
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック