2016年07月12日

解雇されたら

なぜか今月に入り、解雇されたというご相談が続いております。
先月は未払賃金でした。
不思議とブームがあるんです。

解雇ブーム(嫌な言い方だね(^^;)なので解雇されたらまず何をしなければならないかというお話をしてみようかと思います。

いきなり「明日から来なくていい」とか「辞めてくれ」と言われたら、専門家に相談する前に自分で判断しなければなりません。

これはやってはいけないとか、これをやっておこうというものをまとめました。


やってはいけない

1「わかりました」と言う
解雇を受け入れたことになります
2退職届を出せと言われて出してしまう
自己都合退職になってしまいます
3最近は自己都合退職に誘導するような言い方をします「いつまで会社に来る?」と聞かれて「○月○日まで」と言ってしまう
自分で退職日を決めたから解雇ではないと判断されます


これをやっておこう

1辞めませんと言う
ドキドキしちゃいますが、解雇不当で闘うには必要なのでがんばって!
2解雇通知書と解雇理由書をくださいと言う
解雇予告手当が支払われない場合に労基署に行くために必要です
3録音もしくはメモ
スマホなどで録音が間に合わないときは(不可解な「面談」と言われたらセットするくらいの準備はしたほうがいいかも)メモでもないよりはよいです。上司の目の前でメモしてください。乱暴な言葉などはそのセリフのままメモしてね


専門家の方へハートたち(複数ハート)社労士受験生もウェルカムです揺れるハート試験直前だけどたらーっ(汗)
7月23日(土)13〜16時 NPO法人労働者を守る会の勉強会のテーマは「労働相談の受け方」講師 須田美貴(特定社会保険労務士)です

・労働相談を受けるときのマナー
・労働相談の流れ
・お仕事の増やし方
・やってはいけないこと

などお話いたします。労働者を守る会会員以外の方は参加費2,000円です。終了後は懇親会もありますビール※懇親会の費用は別途2,500円くらいです
参加ご希望の方はこちらからお願いします⇒労働者を守る会HP

新宿の駆け込み餃子さんに労働相談須田事務所の札がありますわーい(嬉しい顔)
そろそろ餃子パーティーやりたいねビール
IMG_6780.JPG

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働者の味方の社労士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176044923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック