2016年01月10日

不動産会社の社員が炎上バカッターで・・・

最近はバカッターの話題がないなあと思っていたら今朝ネットのニュースで、

センチュリー21パキラハウスの社員が、「今日仕事で堀北真希と山本耕史に35万円の部屋を紹介した!」とtweetして大炎上

社長さん、お悔やみ申し上げます(´;ω;`)

ニュースになるほどではなくても、twitterで馬鹿な投稿をしている人はいるみたいですね。
中には自分の死産した赤ちゃんの写真をアップしている女性とか・・・
「万引きしました〜イエーイ(^o^)ノ 」みたいなのも。犯罪だし。

みんなに近況をお知らせしたい気持ちはわかるけど、内容がね・・・さすがにこれは・・・
理解の範疇を超えています(´・_・`)

ここまで極端でなくても、自分が怪我をした血だらけのグロい写真をアップする人なんかもいますよね。

炎上予備軍だと思います

世の中の社長さん、社員がこういうことをしていないか注意しておいたほうがよいかと・・・
そして、予備軍には早めに注意、教育しましょう。
朝礼で「会社の情報をSNSに書き込まない」「人が見て不愉快になる投稿はしない」と話すとかね。
予備軍だからといってそれだけで辞めさせることはできないですからねー演劇

逆に、本名でやっていて、
グロい写真とか情報流出のようなこと、誹謗中傷など
書いている人!!
今はすぐに名前で検索する時代です。
匿名でやっていてもなぜかすぐに本名、学校名、住所などがわかって全世界に公開される時代なんですよね〜。匿名だからといって安心できませんよー演劇
就活に影響しますし、なにより

あなたのその投稿が人生を壊すことになるかもしれません!!

デジタルタトゥーという言葉があるんですね。(検索してみて)
ネット上に書いたものは、刺青のように消したくても消せないってことらしいです。

社員が炎上tweetしていないか見張る代行をする会社とか流行るんじゃないかしら(。-∀-)

年末の例の愛知の社労士も、この話からすると、炎上バカッターの類だったんじゃないかな(;・∀・)

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171622222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック