2015年08月26日

【緊急告知】9月20日大阪で労働相談 先着3名様

9月19日に大阪に行くことになりました新幹線じゃなく珍しく飛行機

こちらです↓
11749803_453468881500980_894732682_n.jpg

大阪社労士会の会報に掲載していただきましたハートたち(複数ハート)

大阪社労士会の自主研究会「人間・労使関係自主研究会」様で、セミナー&労働者を守る会メンバーと合同勉強会を開催しますm(__)m

その日の夜は懇親会なのですがビールビールビール、翌日はお昼過ぎまで暇人です(^ω^)

観光すれば〜?って声もありますが、ガツガツ働きます!!

ビンボー暇なしですあせあせ(飛び散る汗)

ということで(^▽^)

翌日の9月20日(日)
午前9時〜
午前11時〜
午後1時〜

の3枠で労働相談@大阪をやります。

場所は確保していませんので、喫茶店等になります喫茶店

労働相談じゃなく人生相談でも、社労士受験相談でも、恋愛相談(?)でも、ただ愚痴を聞いてーでも結構です(o^―^o)


相談料は1時間4,000円、しっかりいただきます( ̄▽ ̄)

無料サービスはいけません!と同業者に常日頃言っていますから爆弾

お申込み、お問合せは、須田事務所ホームページのお問合せフォームから、もしくは直接メールくださいmail to

ガツガツしている須田からのお知らせでした〜( ̄ー ̄)ニヤリ

あ、これ、ほんとだから、よろしくね。

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 10:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 須田事務所のこと
この記事へのコメント
ご無沙汰いたしております
大阪の神谷です
京都での労働者を守る会の研修会以来ですが、
19日の人間労使関係自主研究会の公開講座でお会いできるかと楽しみにしております

年金事務所での社労士会委託の年金相談業務の他
最近は、対ユニオン労組の仕事が仲間の社労士から舞い込み、共に会社側で対応しております

労働法、労務管理に対する知識、意識の薄い事業主も問題ですが、全く、こちら側の話を聞かず、自分たちの作ったストーリーのみを押し通し、反論すると「争います」と争議行為(街宣車による講義活動とその費用の解決金への上乗せ請求)をちらつかせ、大したこともない問題で解決金という名の「みかじめ料」で大金を得ようとする「ブラック労組」も横行しているようです。 こういう団体に労働者が駆け込む前に社労士が関与し
適切な相談や支援をしていれば、労使双方にとっても負担の少ない着地点が探れたのでは・・というケースが多々あるように思えます。
 「お金にならない」という理由で会社、使用者支援に偏るのではなく、労働者支援も社労士会は組織を上げて取り組むべきであると思います。
 それこそ、お金が稼ぎたくても稼げない社労士も多いので、少額でも数が多ければそれなりの仕事、事業となると思います
 ミスミス社会貢献活動にもつながる労働者支援活動をユニオン等に献上し、数少ない会社支援活動に「特化すること」を良しとする現在の社労士会の組織体質には大なる疑問を持たざるを得ません。
 第8次法改正の審議でも参議院厚労委員会等で
国会議員から指摘があったかと思いますが、いったい何のために社労士は司法分野への進出しようとするのか?労働者保護、労働者支援に活用しようとしないなら、単なる権限拡大の方策とみなされ、批判を受けても仕方がないと思います。

 須田先生のような労働者支援活動がもっと広がり、社労士にとって一般的なものとなるよう切に希望します
Posted by 英快 社労士神谷事務所 at 2015年09月05日 08:32
英快さん、コメントありがとうございます。
書かれているような話、実際にありますね・・・
何でもかんでも「違法だ」というのは私は好きではありません。会社を叩くのも好きではありません。働く側にもマナーを守ってほしいです。・・・というような発言をしたら、一部の専門家や団体から「本当に労働者側なのか」「そんな発言をする人が労働者を守れるのか」と言われて本当に腹が立ちます!!19日の大阪で、懇親会の時にでも愚痴らせてください(-_-;)
お会いできるのを楽しみにしています!
Posted by 須田美貴 at 2015年09月06日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162257783
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック