2014年08月26日

すだみきのきみだすNo.1〜小錆花さん ご報告

8月11日に、すだみきのきみだす記念すべき第1回を開催しましたぴかぴか(新しい)

ゲストは漫画家の小錆花さん。
真冬の格好の小錆花さんと真夏の格好の私(^_^;)
2.jpg

漫画家になるために学校に通ったわけでもなく、弟子入りしたわけでもなく、チャンスを掴んでいった小錆花さんのお話はすごーくためになりました。

印象に残った3つのお話。

1早く来るくらいなんてことはないexclamation

「出勤時間より前に出社することを命じられますがこれは時間外労働ですよね」
という人がいたとします。
法的には「はい、そうです」とお答えしますが、1時間や2時間の早出を命じられたのならともかく、ギリギリに出社したら開始時間に仕事始められないだろうから10分や15分前に来るのは命じられなくても当たり前だと思うのです。

こんな話になった時に小錆花さんが言ったこと、それは・・・

「早く来て褒められるのならこんなに簡単なことはない」

(ノ゚ο゚)ノ(ノ゚ο゚)ノ(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-(どよめき)

実際、小錆花さんは、企業に勤務しているときには誰よりも早く出社していたそうです。
それで「君は早く来てえらいね」と上司から褒められるから、チョロイですよexclamationと。
そしていいお仕事を次々にもらって自らチャンスを作っていったのですね〜。

2真面目であることexclamation

上の話とかぶりますが、チャンスをつかむには真面目であることが一番ですexclamation

「君の代わりはいくらでもいるんだ!!」
こんなパワハラなセリフ、最近多いんじゃないですか?
このセリフがよろしくないことは当然です。
しかし、フリーランスならはっきり言って、自分の代わりはいくらでもいるexclamation×2のですもうやだ〜(悲しい顔)
漫画家も社労士もいくらでもいるんです。
そこで自分を選んでもらうには、真面目に働くことですわーい(嬉しい顔)
技術で選ばれるのではない、ヒトで選ばれるのですexclamationこれはどの業界も同じですね〜。

3いろんなことをやってみるexclamation

小錆花さんも私も、自分のメインの仕事以外にもいろいろやる派です。
独立したのにアルバイトなどの副業をしていると、「自分は専門分野で食べていけないのかもうやだ〜(悲しい顔)」と卑屈になる人がいますが、逆ですよーーー演劇

漫画家はいろいろなストーリーを描かなければいけません。
いろいろな世界を知らなければいけません。
労働相談を受ける社労士もそうだなあと思います。

そして、副業から自分の仕事につながることも多々あります。

ということで、副業万歳!!ですね。

漫画家さんの世界は未知の世界でしたが、今回対談させてもらって、どの業界にも共通することがあって勉強になりました(^u^)

小錆花さん、ありがとうございました(^−^)

すだみきのきみだす | 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102575972
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック