2019年01月23日

貧乏性で・・・

変なところ貧乏性で、ええええええええ〜〜〜〜とよく言われる・・・

ビスコをはがして食べる(だって、2回食べられるじゃん)

洗濯機はお急ぎコース(水の節約になるかなあと)

口紅とかリップとか塗れなくなるくらい少なくなったらほじくり出して使う

コンビニ弁当の割り箸は洗ってまた使う

食器洗いの洗剤は容器に水を入れて薄めて使う(減りが遅くなるから)

印刷は裏紙を使う

プリンターのインクは再利用のもの(純正じゃないので時々出ない)

IMG_8775.JPG
はがしたビスコ

こんなことをしつつ・・・

部屋の電気やパソコンやテレビをつけっぱなしで寝る

洗濯の回数が多すぎる(スーツ1回着たら洗う)

ケチャップとか醤油をよく服につける

だからクリーニングに出す回数が多い

変わったものをよく買う(お土産屋さんの謎の置物とか)

部屋がなかなか暖まらないと思ったら冷房になってた

お風呂がなかなか沸かないと思ったら栓をしていなかった


よくツッコまれますが、仲良くしてください(^-^;




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と和菓子と楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月22日

大阪勉強会やっています

今年も残すところ343日ですね、みなさまあけましておめでとうございます。
明けてからだいぶ経ってしまいました(^_^;)
お正月にインフルエンザになり、治ったと思ってバイクに乗ったら自爆事故(強風にあおられて転倒)。
おすすめ厄落とし教えてください(厄年ではありません)ヽ(;▽;)ノ

でも元気に今年もやっていきますよ手(グー)

昨年12月から労働者を守る会の大阪勉強会を毎月開催始めました。
大阪社労士会の自主研究会にも所属したので、東京⇔大阪を月1〜2回。
チープな深夜バスでバス

労働者を守る会のスケジュールや勉強会の報告はこちらのブログに書いています
労働者を守る会ブログ

IMG_8776.JPG
遠出をしたときはグルメが楽しみわーい(嬉しい顔)
新大阪駅近くの、らーめん熊五郎、美味しかったですグッド(上向き矢印)


わたくし労働者側の社労士としてやっていますが、始めた頃は、
「労働者側は食べていけないよ」
「社労士は社長さんからお金をもらっているんだから労働者側の仕事なんて・・・」
「労災の手続きでも専門にやるの?無理だよ」
とか散々言われたものですふらふら

開業したのが2008年でその頃は普通に顧問先を持って会社側の社労士をやっていましたが、
自然な流れに任せていたら開業して2〜3年で労働者側になっていました(;・∀・)

まあ、上のようなことを今でも言う人はいますが、

遅れてる〜〜〜

って感じですね爆弾

私よりもずっとずっと先輩で労働者側専門でやっている社労士もいますし、
すごーーーい儲けていやがる稼いでいらっしゃる労働者側の社労士もいますし、

最近は労働者側の仕事が珍しくもなくなりました

・・・と言えるのはまだまだ東京周辺だけのようです。

でも、東京でも大阪でもその他の地方でも勉強会に参加される方は、
労働者側の仕事がしたいな〜という受験生や合格者や開業されている方が多いので、

時代も変わったな〜〜〜と思います。

労働者側の仕事がいいとか悪いとか、そのほかの仕事がよくないとかいいとかではなく、
社労士が関われる仕事はたくさんあるので、

「そんなの食べていけないよ」とか「そんな仕事よくない」とか言わずに

今年もみんなで盛り上げて行きましょうo(^o^)o


ちなみに労働相談や労働問題解決の仕事はテキストを読んでいてもできるようにはならないです。
とにかく実践!!

ってなわけで、労働者を守る会では大阪でも2月から毎月労働相談会を開催することになりました。
「見学したいです」はナシです(。-∀-)
入会したばかりの方も、初めて参加される方も、
いきなり実践やってもらいます(ΦωΦ)フフフ…
体育会系です手(グー)

大丈夫です、1人で対応はないです。
守る会の相談会は数名で担当することになっていて必ずベテランがついていますので安心して実践を積んでくださいわーい(嬉しい顔)




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と和菓子と楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪
posted by 須田美貴 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働者を守る会