2018年09月25日

有給休暇が取れなかったというトラブルも解決が難しいのだ

昨日のブログに続いて今日も「難しいシリーズ」です。

有給休暇が取れなかったというトラブルはたいてい退職するときに出てくるんですよね。
それで、労基署に「有給休暇が取れなかったのでその分をお金で払って欲しいのに払ってくれない」と相談しても、「有給休暇は取ってください」と言われます。

いや、だから、取れなかったんだってばーヽ(;▽;)ノ
だからその分をお金でヽ(;▽;)ノ

と言ってもですね・・・

有給休暇を会社が買い取るのは原則禁止ですし、
例外として、退職時には買い取ってもよいであり、
買い取りなさいではないんですよ

だから、買い取ってくださいという交渉をするしかないんですよね(´;ω;`)

交渉できないとか、交渉決裂だから相談してるんじゃんかーーー(゚Д゚)ノ

ですよね(^_^;)

そんな場合の方法をこっそりお教えします(ブログに書いてるんだからこっそりじゃない?)。

1有給休暇取得の申請をしてください
2休んでください
3給与の振込を確認します
4欠勤控除されていたら、未払賃金です

という方法。給与の振込を確認するまで動けないからちょっと時間かかるけどね。
法律で解決するにはこの方法です。

だから、1ができないと先に進めないので、
退職してからはできません!!
退職しちゃうと有給休暇の申請できないもんねもうやだ〜(悲しい顔)
それと、退職までに残りの有給休暇を使えるだけの日数がなければできません。
明日退職ですとか、無理なのよ[+д+]/

だから、早目に相談してねハートたち(複数ハート)

会社も最後に一気に有休取得されないように、いつでもちょっとずつ使えるようにしてねハートたち(複数ハート)

秋の夜長の柴又帝釈天参道は素敵でしょ三日月
ご相談のあとに立ち寄ってみて三日月
img_7425.jpg




フェイスブックは日記や日々の出来事とか

Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページは上のマークをクリックしてね♪