2017年10月01日

最低賃金法違反で未払賃金取り返しました

10月です。最低賃金が改定されました。
毎年10月に改定されるから、最低賃金ギリギリのお給料の人、最低賃金ギリギリを支払っている社長さんは要チェックだよ(`・ω・´)

全国の最低賃金はこちらにまとまっています⇒厚労省の特設ページ

という、真面目な感じではじまりました10月です(*´∀`*)
たまにはね(。-∀-)

前々回のブログで「未払残業代では請求できなかったけど最低賃金法違反で取り返したケースもあります。
次回のブログで書くねペン」と書いたのに、前回は「生駒山頂遊園地がしぶすぎる」という話だったので、
忘れてやがるこいつ
と思われていたかもね(・∀・)
思い出したので書きます( ̄▽ ̄;)

・・・と、その前に、いただいたウルトラまんじゅうかわいい
ファイル 2017-10-01 7 07 34.jpeg
ウルトラマンも饅頭も大好きですグッド(上向き矢印)


さて、未払の残業代を請求したんだけど、
「残業の申請してねえじゃん、だから払わないよ」
「残業代いらんって誓約書にサインしてんじゃん、だから払わないよ」
「残業代は手当に含まれてるから払わないよ」
そういってなかなか払ってくれないケース、よくあります(>_<)

労基署に是正の申告をしてもこういう言い訳をして絶対に払わない!!
となると、
「労基署としてもこれ以上できないんですよね、あとは裁判やるしか・・・」
と言われることもよくありますもうやだ〜(悲しい顔)

労基署としては白黒はっきり付けられて黒!というものに関してはしっかり指導してくれますが、証拠がないものや曖昧なものに関しては是正できません。これ、制度上仕方ないです。

先日もそのようなことがありまして・・・

「う〜む、固定の手当に含まれているという説明を本人にもしているという社長さんの主張で、これ以上は労基署では・・・」と言われかけたので、

「あの〜、最低賃金法違反でいけませんか?この手当で残業●●時間含むって、最低賃金下回っていません?」

ひらめきひらめきひらめき

「そうですね、下回っていますね( ̄ー ̄)」

てことで、請求額よりはだいぶ下回っちゃいましたが、裁判はしたくない、でも取り返せないで諦めるという泣き寝入りはしたくないというご本人の意向により、最低賃金を下回っている部分を取り返しました手(グー)

裁判の費用を考えるとこの方がよいケースもあるので、もし「裁判しかありません」と言われた方、ご相談くださいわーい(嬉しい顔)

まんじゅうにもウルトラマンついてた
ファイル 2017-10-01 7 07 20.jpeg

どうでもいいかもしれないけど、10月の須田のおおまかな予定ドコモポイント
プライベートも仕事もごちゃまぜ台風
1日 スプリンターズS
14日 年金教室の講師を葛飾区内の小学校でやります。そのあと労働者を守る会の相談会
22日 里親会で家族になったうちの子犬の「卒業犬と保護犬のイベント」に参加
26日 神奈川県でセミナー講師

twitterは軽く呟いています↓


フェイスブックは日記や日々の出来事とか↓


Instagramは動物と釣りと楽器とバイク↓
@sudamiki777


SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 真面目に労働問題