2014年09月20日

妊娠を理由に降格させられた女性の裁判

先日、最高裁で、妊娠を理由に降格させられた女性の裁判を傍聴してきました。
内容は、労働者を守る会のブログに書きました→こちら

この問題について、「妊娠して軽微な業務に転換するのは当然だから問題ないじゃないか」という意見もありましたが、軽微な業務に転換するにしても突然電話で説明もなしに一方的に告げるのはよくないでしょう。

そんなこと言っていたら、異動ひとつにいちいち従業員の同意を取らないといけないのか、人事の裁量権はどうなる!?

こんな意見もありそうですが、

同意を取らないと人事異動しちゃいけないなんて言っていませんexclamation×2

今回のように、副主任に任命してたったの10日で降格させるような特殊な場合は特にきちんと説明しないと大問題になるでしょう(ーー゛)

ってことですよ。

もしもですよ、本当に降格させなければこの職場がどうにもこうにも回らないという理由があるのなら、そして、それを本人にちゃんと説明していればこんな問題になっていませんよもうやだ〜(悲しい顔)

私自身の例を出しますね。

私は妊娠中にLECという会社に勤務していて、育休を取れませんでした。
しかし、会社から納得のいく説明があったので、育休を取れないことに関しては争いにしていません。
※私が争いにしたのは、会社からある日突然解雇通知が自宅に送られてきた部分についてです

育休に関しては、私がもし育休を取得するなら新人を雇うか、派遣を雇うか、他のスタッフでフォローするか、他部署から誰か連れてくるか・・・など上司との面談でいろいろ一緒に考えました。
特に、中間管理職である直属の上司が私が育休を取れるように、会社側と交渉してくださったこともあり、結果取得できなくても不満には思いませんでした。

解雇については争ったLECですが、育休についての対応(というか上司の対応)は素晴らしかったですぴかぴか(新しい)パチパチ〜わーい(嬉しい顔)

ということで・・・

会社が何の前振りもなく一方的にやっちゃうと大問題になるんですよ〜

ということを言いたかったのです。

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
須田社会保険労務士事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 真面目に労働問題

2014年09月16日

子供には「すごいね」より「ありがとう」

いい話をたくさん聞かせてもらいました( ^∀^)

9月29日のすだみきのきみだすでゲストにお招きしている、元警察官の内藤佑さんと打ち合わせしてきました。

右の方です。
img_police.png

警察官時代に暴走族担当だったという(そんな担当があるのか(^_^;))内藤さん、
「追い掛け回して捕まえるだけでは根本的な解決にならず、彼らと同じ目線で向き合わなきゃいけない」と。

おまわりさんってたいてい上から目線ですから(悪いことしたからしょうがないけど・・・)、こんなおまわりさんがいるとは驚き(・□・;)

同じ目線

これ、どんな時でもすごーーーく重要ね。
相談業務でも、親子関係でも。

打ち合わせで一番衝撃だった話が、

褒めるより感謝

「非行のカウンセリングをしていていろんな親子見ていると思うけど、親子が子供にこれやっちゃダメってことあります?うちも息子がいるのでいろいろ心配なんで・・・」

こんな話をしていて言われたのが、

褒めちゃダメ

(゚o゚;;(゚o゚;;(゚o゚;;

これだけ聞くと、「そっかー子供のことを褒めちゃダメなんだ」と絶対に褒めなくなる親がいそうですが、そうではなく、こういうこと↓

もちろんがんばった時なんかは褒めていいけど、できて当たり前のこと、やって当たり前のことをしたときに、「○○ちゃんすごいねー」と褒めるのはよろしくない。

例えば、おもちゃを片付けて、「片付けたのね、えらいね〜すごいね〜」
これはやって当たり前のことなので、褒められると当たり前のことだという意識がなくなります

じゃあどうすればいいか?

褒めるのではなく、
「ひとりで片付けたのね、お母さんの仕事が楽になったよ、ありがとう
のほうがいのです。

また、「すごいね」というのは、上から目線exclamation×2

確かに、仕事でも「すごい」って言うのは部下や後輩に対してでしょう(たまに上司に「すごいですね」という無礼な奴もいますが・・・)。
子供に対しても「すごい」は上から目線なので、

「助かったよ、ありがとう」

のほうがいいですね(わたくし只今実践中)。
自分が誰かの役に立っているという感覚を子供の頃から持つことにもなりますし。
仕事でもそうかもね( ´∀`)

非行からの更生は、誰かの役に立つこと
ああ、これ、解雇されたなどの労働問題から立ち直るのと共通するわ〜。

その他にも、親から変わらないといけないとか、立ち直るきっかけは人との出会いとか、いろいろ熱い話をしまして、あっという間に3時間(゚o゚;

今回のすだみきのきみだすは、労働問題やカウンセリングに興味はなくても、子育てや部下との接し方のヒントが欲しいな〜という方にもおすすめですexclamation×2

という宣伝をしてみたわーい(嬉しい顔)

いやいや、ステマじゃなく本当にためになりますから。

お申し込みはこちらから↓
http://kokucheese.com/event/index/215574/
もしくは、須田に直接お電話やメールでお問い合わせいただいても大歓迎です黒ハート
すだみきのきみだす | 

2014年09月10日

「少年リンチ殺人」新潮文庫 日垣隆著

ちょっと重い本を読み終えた。
「少年リンチ殺人」新潮文庫 日垣隆著
無題.png

少し前に「女性死刑囚」や「性犯罪者の頭の中」という本を読んだこともあり、犯罪心理に興味がありまして。感想はこちら。

しかしこの本、知り合いにいただいたのが7月で読み終えるのに2ヶ月もかかってしまった・・・
というのは、読んだあとに立ちくらみがするくらい描写がリアルで、少しずつじゃないと読めなかったの。

文字にしてもそれくらいひどいリンチをね、平然でやってしまう心境とか、その子達の育った環境とか普段の態度ってどうなんだろうって思うでしょう。

それが、意外と普通。

そこも気持ち悪いところ。

著者が、「少年リンチはトランプのポーカーと似ている」って書いてあるのスペード

ポーカーってカードを集めてどれくらい強くなるかってゲームでしょ。
1枚1枚のカードが強いんじゃなくて、集まると強いのスペードハートクラブダイヤ

少年リンチも似ている。
ひとりひとりは目立って悪い子ではない。
でも、集まると強くなってしまうというか、感覚がおかしくなって凶暴になる。

なるほど〜と思ったけど、少年リンチに限ったことじゃないね。

大人でもある。

一人じゃ何もできないのに集まると途端に強い気持ちになってしまう。

この本は少年法について書かれている部分が多いんだけど、この「集まると強くなってしまう」ことをどう防止するかも書かれていたのね。

集まらせない

これに限ると。

私もそう思う。

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
労働相談須田黒田事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ本

2014年09月08日

須田事務所のスタッフが雑誌に載りました!!

なんとΣ(゚д゚lll)うちのスタッフが雑誌に載りましたexclamation×2

これ↓
写真 2.PNG

あんまりよく見えない?

この子です(^-^)
とみさん.JPG

そう、従業員のとみさん(^-^)
とみさん1.JPG

2014年1月29日の「新しいスタッフ」を読んでね。

この「とみさん」は、雑誌の右ページに紹介されている、パペットクリエーターの横道佑器さんが生みの親です。
東京ビッグサイトで行われた「デザインフェスタ」で私も息子もこのぬいぐるみたちに一目惚れしてしまい、別の展示会でとみさんをうちのスタッフとしてスカウトし、そのまま住み込みで働いてもらっているというわけ。

ほとんどサボっていますが・・・たらーっ(汗)
トミさん.JPG

そして、兵庫県芦屋市にも、このぬいぐるみたちに一目惚れした方がいらっしゃいまして。
NPO法人にっち倶楽部の久野さん。

ある日、須田事務所に電話がありました。

電話「従業員のとみさんのことで・・・」

(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)
はい・・・何かしでかしたか!?

電話「雑誌に掲載させていただきたく・・・」

《゚Д゚》《゚Д゚》《゚Д゚》ナント!!

驚きましたね〜〜〜。
久野さんもぬいぐるみに一目惚れして、生みの親である横道さんのお名前で検索したらこのブログにたどり着いて、NPO法人にっち倶楽部さんで出版されている雑誌に、とみさんを掲載させてくださいということでしたわーい(嬉しい顔)

NPO法人にっち倶楽部さんが出版されている雑誌はこちらです↓
写真 1.JPG

とみさんを通じて柴又と芦屋のあたたかい繋がりがハートたち(複数ハート)
いい仕事してんじゃん、とみさん( ̄ー ̄)

SUDA_OFFICE_LOGO.jpg
須田社会保険労務士事務所ホームページ
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所紹介

2014年09月06日

すだみきのきみだすNo.2〜内藤佑さん

わたくし須田美貴が毎回ステキなゲストをお招きして繰り広げるトークショー(勉強会)&交流会の第2回目ですわーい(嬉しい顔)

第2回目のゲストは「元警察官で非行専門カウンセラーをされている、ラポール・トーク・コミュニティ代表の内藤佑(ないとうゆう)さん」です。

テーマ:体当たりのカウンセリングで非行少年との信頼関係構築〜労働相談にも役立つよ

警察官っぽくない(失礼!)爽やかな笑顔ぴかぴか(新しい)
iimg_profile.png

非行少年のカウンセリングを行っている内藤佑さんと、労働相談でカウンセリングを行っている私、職業は違ってもカウンセリングという共通点から共感できるお話が聴けそうですわーい(嬉しい顔)

警察官時代の姿も素敵です(^-^)
img_police.png

開催日時:平成26年9月29日(月)18時30分〜21時

会 場:渋谷クロスタワー32F

参加費:3,000円(当日受付でお支払いください)


トーク(勉強会)約1時間30分、交流会約1時間、終了後には懇親会(自由参加、料金別途)も予定しています。

カウンセリングによる信頼関係構築の方法をお聞きし、労働相談に役立てたり、より良い労使関係の構築にも役立てたいと思います。
最近は凶悪な事件からネット上の嫌がらせまで、あらゆる犯罪が増えていますので、元警察官から見た自分を守る方法もお聞きしたいと思います。

かわいい内藤 佑(ないとう ゆう)さんのプロフィールはこちらですかわいい

お申し込みはこちらから↓
※フェイスブックのアカウントをお持ちでない方は、直接須田事務所までお問い合わせください
すだみきのきみだす |