2013年10月10日

1回目の解雇

解雇された話を書いていくと言っていてちょっと間があいてしまいました。

5回も解雇されているので解雇に関するブログネタには困りません(。-∀-)
今日は、1回目の解雇について思い出してみます。

特に質問が多かったのが1回目の解雇の「過去に遡る解雇」です。

過去に遡るって意味がわかりません???

みなさんそうおっしゃいます。

そりゃそうだ(;・∀・)

こういう話なんです。

私は1年契約の契約社員で、11/30で契約が終了だったのですが、更新したので12/1からも新たな契約で働いていました。

ただ、契約書には「今回の契約で終了で、次回は更新なし」と書いてあったので「その部分は受け入れられません」と一筆書いたものを添付して契約書にハンコを押して提出していました。
会社は何事もなく普通に代表者印を押した契約書をくれたので、「あれ?添付したのに契約更新してくれたわ」と思って12月も働いていました。

そんな12月のある日、会社から1通の手紙が自宅に届きますmail to
「あなたは11/30で契約が終了しています」

???

契約書を交わしているし、12月も毎日出社して仕事しているんだけど???

翌日、いつもと同じように出社してパソコンを立ち上げようとパスワードを入れたら、エラーになります。

???

おかしいなとパソコンをいじっていると、監査部の男性が来て、
「契約がないのに社内にいるのは不法侵入だexclamation今すぐ出ていけexclamation

契約書も交わしているし、どう考えてもおかしいので、すぐには出て行かず、会社のトイレからある専門機関に電話で相談しました(ポケットに携帯入れてたのね)。
一応私も社労士資格は持っていたので専門家ではあるのですが、実際こんなことをされるとドキドキしちゃうものですねがく〜(落胆した顔)

ちょっと怖かったですが出てはいかずに隠れながらどうしようかと考えていました。
同僚が「監査部の人が須田さんのこと探し回ってるよ」と電話をくれました。

会社の中でかくれんぼ大会〜〜〜( ̄▽ ̄)
女子トイレなら捕まるまい( *`ω´)

そうしていたところ携帯に先ほどの監査部の男性から電話があり、
「あと10分以内に会社から出ていかないと私物を全部捨てるぞexclamation
と言われたので、お弁当を捨てられたら困ると思って急いで取りに戻りましたあせあせ(飛び散る汗)何より大事なお弁当あせあせ(飛び散る汗)

先ほどの監査部の男性がニヤニヤしながら待っており、
「文句があるなら訴えてください」
と言われました。

怖いというより不気味でしたがく〜(落胆した顔)

「契約書を交わしています」「12月も毎日来て仕事していますが」と言ったら、
「それは須田さんが勝手に来ているだけ」と言われました(;・∀・)

そ、それはないでしょ・・・

もう怖いというより滑稽だったので、念のためその場の状況を撮影しておこうと写メでその監査部の男性を撮影したら、
「肖像権侵害で訴えますよ〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)」と叫ばれたので、先ほどの言葉を返してあげました。

「文句があるなら訴えてください」

私の1回目の解雇の話でした(^-^)

後で知ったのですが、その監査部の男性は弁護士さんだそうです(・◇・)
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 実録!私が解雇された話

2013年10月08日

社労士なんてやるつもりは全くなかった話 ラスト

平成20年に開業して、LECの講師もやり、LEC本社の社労士課でフルタイム勤務して、3つを掛け持ちしていたんだけど、全て社労士に関する仕事だったのは偶然。

この頃もやっぱり社労士の実務には興味なかったね(。-∀-)

なんだ、贅沢、このやろうexclamationと思われた?

でも、開業はしていたけど登録していただけだし、社労士実務は興味はないけど社労士受験は興味があって講師の仕事は好きだし、社労士課の仕事は社労士実務じゃなく営業とか企画とか好きな仕事だったんで。

こんなに社労士に関わっていながら、社労士への興味はますます無くなっていったのだもうやだ〜(悲しい顔)

だって、労務管理に問題大いにありの会社の社労士課40人(請負も含めて)は1人の社員を除いて全員社労士のくせに、誰も何も言わないから。
「おかしいと思いませんか?」と言ったら「そういうの言いたいなら君1人で言って」とも言われたし。

で、言ったら辞めさせられたわーい(嬉しい顔)

あはは〜わーい(嬉しい顔)

開業していて実は顧問先も運良くあり、このまま開業一筋でやってもいいかなとも思っていた矢先、顧問先は傾き、新たに顧問先を開拓しようというモチベーションもなく、モヤモヤしながらとりあえずバイトとか派遣をやりつつ開業も続けていたのが平成23年。

顧問先を持つ開業社労士も興味ないしなあ〜〜〜、どうしようかな〜〜〜、これから〜〜〜。

なんて考えていたある日、突然ひらめいたひらめき

周りが「労働者側の社労士なんて儲からないよ」と言うからやっていなかったけど、自分がやりたいのはこれじゃんexclamation×2
じゃあ、大儲けしなくてもいいからやろうexclamation×2
それにこれまた運良く、あの会社を解雇されたり賃金未払だったりした経験が活きるんじゃないexclamation&question

やろうヽ( ̄▽ ̄)ノ
やろうヽ( ̄▽ ̄)ノ
やろうヽ( ̄▽ ̄)ノ

超スッキリーexclamation×2

気持ちいいーーーexclamation×2

で、今に至ります(・∀・)
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 社労士合格後

2013年10月07日

社労士なんてやるつもりは全くなかった話 その2

続きね。

なんで興味のない総務とか社労士事務所に就職したか。

それは、「試験に合格したから」ただそれだけ。

興味はないけど、自分の中では難関だと思っていた国家試験に合格したんだからそれを活かした仕事をしないといけないんだというプレッシャーかな。
「合格したらこうあるべき」みたいな。

今思うとくだらないんだけど、合格したらしたでそういうプレッシャーに悩まされる人もいると思う。
合格したのに派遣社員をやってたらいけないとか、資格を活かした仕事で正社員にならないといけないとか。

私は社労士本試験後フラフラした職業生活を送っていたので、合格した途端そう思っちゃって、必死に総務の仕事とか会計事務所とか応募しまくったのよ。

運良く採用が決まった総務のお仕事はあんまり興味が持てず(ほかの理由もあったけど)2ヶ月で自己都合退職しています(T_T)

その後もまだ「実は私、社労士に興味がないんじゃん」というのを認識しておらず、人事、総務、社労士事務所に絞って応募。

また運良く採用が決まった事務組合は1年ちょっと勤めたけど、その期間にさらに社労士という資格に魅力がなくなり、辞めるときに「独立するの?」と聞かれたけど、「一生社労士の仕事はしません」と言って辞めたのよね(そこまで言うか・・・)。

この頃には「私、社労士に興味がないんじゃん」というのをかなり自覚していたので、就活で人事や総務、社労士事務所は応募していません。

でも仕事を辞めてやることがなくなったから開業でもしようかなと思ったのと、学生時代から約10年いた教育業界がやっぱり好きだということに気づいてLECという学校で講師を始めたのとが同時期。

それが平成20年だから今年で5年目なんだけど、社労士の仕事が面白くなってきたのはここ1年くらいです。

飽きっぽいのでいつまで続けるかはわかりません(。-∀-)
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士合格後

2013年10月06日

社労士なんてやるつもりは全くなかった話 その1

受験生や社労士資格は持っているのですが・・・という方からメールをいただいてお会いすることがよくありますわーい(嬉しい顔)
ホント、こんな一般人にわざわざ会いに来てくださって、感謝感謝ですハートたち(複数ハート)

みなさん「自分が受けた理不尽なことがきっかけで社労士を目指し始めました」「困っている人を助けたいと思って」「働く環境を良くしたいと思って」など、とても立派なきっかけがあるのですが、私はというと・・・

友人に誘われて社労士ってなにかよく知らないけど資格でも取ろうかなと思ったしキャンペーン中だった早稲田セミナーにお金を払ってしまって(・∀・;)

というのがきっかけですたらーっ(汗)

だから1年目不合格でもう受験はやめようと思っていたんだけど、一緒に勉強していた仲間がみんな再受験するって言うし、また友人に説得されて2年目に突入たらーっ(汗)

かなりお金もかけてしまったし、2年目に通っていたLECでは合格したら10万円返金キャンペーンをやっていたのでお金のために頑張りました有料
受講料はローンを組んでいたので、不合格だったらローンだけが残るという恐怖心からも頑張れた( ̄ー ̄)

だから、受験勉強中は目標とか目的とか将来の展望ってのは全くなかったです(。-∀-)
金のためローンのためです。

ローンの恐怖というのは大きなモチベーションになり合格したのですが、そのあとも特に社労士の実務に興味もなく、人事とか総務というお仕事にも全く興味が持てず、社労士事務所で働くということにも全く魅力を感じず、開業する気も全くなく・・・

じゃあなんで合格後、総務の仕事とか事務組合で働いたり、今は開業しているのかって?

なんでだろうねえ???

流れのままに〜〜〜リゾートかな。
答えは「資格ビジネスに騙されないために読む本」の最後の方に書いたよ(^-^)

↑ステマじゃん!ステマだ〜ステマ〜( ̄▽ ̄)

続きはまた次回手(パー)
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 社労士合格後

2013年10月05日

実務はやっぱり試験が基本

社労士試験の合格発表まであと1ヶ月になりました。
合格確実という点数の方も、合格が決定するまでは不安ですね。
不合格確実もうやだ〜(悲しい顔)という方はそろそろ来年に向けて始動しましょう。
私は不合格だった年は11月初旬から本格的に始めた記憶があります。

さて、社労士試験の問題は実務とかけ離れていると言われる方もいますが、私はやっぱり実務の基本は試験だと思います( ̄^ ̄)

しかし、試験ができたからといって実務はできません。
逆に、人事で実務を長年やっているからといって試験に受かるわけでもありません。

実務と試験は違うんです。
でも、実務をやっているときに頼りにするのはテキストです(^_^;)
(私が勤務していた事務組合にも最新版の社労士試験のテキストが常備されていて、お客様から問い合わせがあったときはみんなテキストを見ていたし。六法じゃないのよ、見るのは)

なんだなんだ、言っていることが矛盾するじゃないか(´・_・`)

えーっと、こういうこと。

まず、相談とか質問されたら10科目ある膨大な条文のどれを見ればいいのかすぐにピンと来ないといけません手(グー)
私は合格した11月からメールでの労働相談のボランティアを始めましたが、最初はそれを探すのに2時間かかったこともあったなあたらーっ(汗)
一つの相談に一つの条文じゃなくていろいろ混ざっているからねえ台風

そして、条文を答えたらそれでいいわけではありません。
相談者の抱えている問題によってその条文がどのように絡んで、どのように解決すればいいかが違うから。
それに、違法か合法かの判断が難しいこともあるし。


わたくしなぜかフードコーディネーターの資格も持っているので(全然使っていないけど・・・)、よく料理人に例えるんですが、
試験に合格した時点では、材料が揃いました!料理はできるよ!って状態。

でも、それを美味しく食べるには、煮たり焼いたり味付けを工夫しないといけない、それが実務(^-^*)

その調理は、テキストを眺めているだけじゃ上達しないから、自分でやってみて失敗してというのを繰り返さないとダメなわけよ。

来月合格したら、その月からいろいろとやってみるといいと思いますわーい(嬉しい顔)
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士合格後