2013年08月20日

非常に腹の立つ記事

「労基署に期待しても無駄かもしれない」
最後にこんな結びのひどい記事を目にした(`・ω・´)

「気をつけろ!ブラック企業を訴えても労基署は助けてくれない」で検索すると見つかると思います眼鏡

この記事で、ある女性社労士が「労基署に被害を訴えたとしても訴えた当人には受難が待ち受けています」と言っています(本当にこう言ったのか、興味をひくような文章にされたのかはわかりませんが)。

このあとに「専門家に同行してもらいましょう」とか言っていれば救われますが、ここで終わっていたら「無駄だからあきらめなさい」じゃないかもうやだ〜(悲しい顔)
ひどいよ。

ところでこの方の言う受難とは、例えばサービス残業の立証は自分でしなければならず、会社はなかなかそれを認めようとしないという点と、匿名での通報ではなかなか労基署も動きにくいという点だそう。

おっしゃることは間違いではありません。

立証は労基署がやってくれるのものではなく、自分でやるものです。
苦労して立証しても会社はほぼ100%認めませんからかなり凹みます。
そして、匿名での通報では動きにくいのも確かです。

しかしexclamation×2

この記事はこれで終わっているんですよ。
いや、「労基署に期待しても無駄かもしれない」という最低な一文が付け加えられていましたねヽ(`Д´)ノ

確かに、労働法に詳しくない人が自分で立証するのは難しいし、実名での通報は不安でしょう。

だからこそexclamation×2

私は立証のお手伝い(証拠探しなど)をしていますし、安心して実名での通報ができるように精神的にもフォローしていますし、なにより、労基署がスムーズに動けるように、相談者に同行して論点を整理し監督官に伝えているんですexclamation×2

なんですかexclamation&question労基署に期待しても無駄ってexclamation&question

私は今まで労基署に同行して解決した率は100%ですけどわーい(嬉しい顔)
ちゃーんと翌日に指導に入ってくれたりしてますよ手(チョキ)

労基署が動きやすいように、労働者の味方をする社労士が同行すればきちんと対応してくれることも知らないんですかね。
この記事を読んだ方、あきらめないでくださいね。
不安なら私が同行します手(グー)
↑と、宣伝させてよ(^_^;)

この記事、「労基署に行っても無駄だからやめとけ〜」と泣き寝入りさせようというものなのかな???
スポンサーの関係?
大人の事情?
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 労働者側社労士

2013年08月17日

「しつもん!労務トラブル50」おかげさまで

今月はじめに、中央経済社さんより「しつもん!労務トラブル50」が発売されましたわーい(嬉しい顔)

しつもん!労務トラブル50.jpg

6人の共著で昨年10月くらいから半年以上かけて書き上げましたペンペンペン
漫画家の小錆花さんも頑張ってくれました手(グー)

先日その出版記念飲み会を開催し、なんと、出版社の担当さんから驚く数字の発表が(・□・;)

中央経済社さんで現在3,000冊くらい出している本の中で、なんと、なんと、22位exclamation×2

ありがとうございますもうやだ〜(悲しい顔)
みなさまのおかげですもうやだ〜(悲しい顔)

まだご購入されていない方は是非、よろしくお願いいたしますわーい(嬉しい顔)
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 真面目に労働問題

2013年08月15日

労働問題地域性

このタイトル、私がかつてよりとってもとっても興味を持っていたものです。
私、京都、兵庫、長野、神奈川、東京、埼玉、千葉、北海道と各地を転々とした人生のため(何から逃げてるの?というコメントもいただきますが、いろいろと逃げておりますダッシュ(走り出すさま))地域性とか県民性というものにとても興味があります。

先日の福岡セミナーの際も、始まる前の雑談でそんなお話をしました。

全国的に労働問題は増えていると思いますが、やっぱり地域によって偏りがありますね〜。
企業数にもよるんでしょうけど。
あと、相談内容にも地域性がありますね〜。

社長が「死ね」「ボケ」「海に沈めんぞ、ゴルァ」と言うので怖いですというご相談は西に多いですたらーっ(汗)
私は西に住んでいたので、西の方の口が悪いのは慣れておりますが(;´∀`)
東の方には受け入れられないと思います(;´∀`)

そして、九州は九州男児とい言うだけあって熱いexclamation
労使ともに熱いexclamation
売られた喧嘩は買ってやるぜexclamationってな感じのご相談が多いような(*^_^*)
そういうの、私は嫌いじゃないです。

その逆が、東北。
東北の方は我慢強いんですね。
相談数自体かなり少ないです。
ほとんどありません。
ごくわずかあったのは、じっと耐えている、そんな感じです。

そして、穏やかなのが、茨城と静岡。
この2県は似ています。
なるべく問題を大きくしないよう円満解決を〜というお話をされますね。
茨城の方に聞いたら「気候が穏やかなので、人も穏やかですかわいい」と。
いいですね〜わーい(嬉しい顔)

全てが当てはまるわけじゃないけどね、歴史的な背景とか地形とか気候などによって違いがあるのは興味深いですペン
posted by 須田美貴 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働者側社労士

2013年08月13日

パワハラセミナー?

先週、福岡でパワハラセミナーをやってきました飛行機

パワハラなセミナー?

いえ、パワハラについてのセミナーです(`・ω・´)

・・・と、冗談はさておき。

労働問題にはいろいろあるけれど、私が相談を受けていて感じるのは、コミュニケーション不足が招いたトラブルが非常に多いということ。

とってもとっても悪質な企業で困っているという相談よりも、こちらのほうが多いと思います。

すでにトラブルが起きてしまってからではなかなかコミュニケーションを取りにくいですよ。
実際、トラブルが起きてから飲み会などを開いて修復しようとしたけど失敗した職場もいくつかありますし。

だから、関係が良いうちに風通しの良い環境を作ることに力を入れることが大事だよ演劇
と、「うちはトラブルがありませーん」という企業には言いたいです。

それと、個人の感じ方の違いが招くトラブルも多いですね。
これこそ法律や制度で解決するのではなく、話し合いですexclamation×2

(もちろん、未払賃金や解雇など、コミュニケーション不足が原因でないトラブルもありますよ。)

話せばわかるのにという問題については、話さないことによって被害が何十倍にもなるのはお互いに避けたいでしょう。

働く時間って長いですよ。
起きている時間だけを考えたら、家族といる時間よりも職場の人といる時間の方が長いです。
そんなところで嫌な気持ちになるのはお互いに避けたいと思いません?
ストレスとか働き過ぎとかいろいろあって仕方ない部分もあるけど、でもさ、そんなにギスギスしなくてもいいんじゃないの?

ってことを言うと「そんなんじゃ会社経営はできないんだよどんっ(衝撃)」「甘いんだよexclamation×2」と社長さんからクレームが来たことがありますがもうやだ〜(悲しい顔)

なんだか寂しい言葉ですね(;_;)

私が働いた企業のうちのいくつかは、コミュニケーションが上司のおかげでとってもよくできていたり、改善されたところがありました。
そんな実話も紹介させていただき。

ちなみに、そこで働いていたときは、「この上司のために頑張ろう手(グー)」ってみんなが思えたので、とっても楽しかったし売上も他の支店より良かったですわーい(嬉しい顔)

逆に、パワハラ上司の下では、「こいつの顔なんか見たくないし指示も従いたくないし失敗すればいいんだ」くらいに思っていたので、毎日苦痛だったし、売上も悪かったですね〜。

はい、そういうことですよ。

ところで。

福岡の方はお酒好きが多いようでビール
セミナーのあと、楽しませていただきましたわーい(嬉しい顔)

こんなふうに、職場でもお酒の席は必要ですね。
最近、居酒屋でも会社の飲み会風景を見なくなったもんなあ〜。
posted by 須田美貴 at 06:00| Comment(6) | TrackBack(0) | いじめ・パワハラ

2013年08月12日

私の目標

私は何を目指しているのだろう・・・
はっきり言って分からないし、どこに向かっているのかも分からない(^_^;)

流れにまかせて〜右斜め上右斜め下右斜め上右斜め下

でも、目標としている人はいます。

爺ちゃん。

100歳で亡くなりましたが、晩年は日本中のマラソン大会に出て、確か80歳代の10000mの日本記録を作ったんだったかな(もう塗り替えられたのかな?)。

健康爺ちゃんってことでTVや新聞にも出てたなあ。

その爺ちゃんと一緒に朝ジョギングをしたり、マラソン大会に出てたりしたので、幼稚園のマラソン大会は1位だったのだ!
35年位前の話ね(^_^;)

そんな爺ちゃんの健康で長生きしたところを目標としています手(グー)

なので、大儲けしたいとか、社労士として大成功したいとかはあんまり思わなく、好きなことをやってストレスなく長生きし、地味でもいいので人様のためになることをやって、100まで生きて寂しくなく死ねればいいです。

なーんていいこと書くじゃん、たまには(´∀`*)
posted by 須田美貴 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート