2012年11月23日

知識よりも勘

労働相談の回答には知識が必要なのは当然ですが、解決方法をアドバイスするときはというと、知識よりも勘です。(※法律に基づく一般論だけじゃなくて、解決方法までアドバイスしてきちんとした回答だと思いますが、それについてはまた今度)

勘って、ヤマ勘じゃないよ( ̄∀ ̄)

経験から得た勘です( ´ ▽ ` )ノ

こればかりは、経験を積まないとどうやっても得られません。

じゃあ、何百件相談を受けたらその勘が身につくのかと聞かれても困りますね。
勘が身につくまでの経験の数は人それぞれです。
経験の質も大事だし。

私は、会社と闘わずに解決した経験も、闘って解決した経験もしましたので、どちらのアドバイスもできます。
どちらが解決しやすいかも、経験による勘です。

勘が冴えるようになったのは、経験の数が多いのではなくではなく、自分が経験したから( ̄▽ ̄)
つまり、経験の質が良かったというのかな(。-∀-)
ありがとう、私が関わってきたブラック企業ぴかぴか(新しい)

ちなみに、法廷に立ったことはないので、最近は傍聴に行き、会社側の言い分を研究したり、頼まれたら陳述書を書いたり、そんな形で経験しています。


何が言いたいのかというと、これから労働問題に関する仕事をしていきたい方は、座学も大事だけど経験もしなさいよということ演劇

極端に言ってしまうと、就活中ならあえてブラックに入社して労働問題を身をもって経験するのもアリでしょう。

リスクが大きい?

ハイリスク・ハイリターンです( ̄▽ ̄)v

すでにブラックで辛い経験をされたなら、それを活かすしかないでしょう手(グー)
そんな貴重な経験、活かさない手はないですよ。


ということで、勘を鋭くするために、日々経験なのですパンチ
posted by 須田美貴 at 05:00| 労働者の味方の社労士

2012年11月17日

社労士であることの実感は・・・

社労士の合格発表から数日たち、合格証書も送られてきた方はジワジワと実感してきていることでしょう。

この「社労士であることの実感」は、合格証書、事務指定講習、登録の3回で味わえますが、実はそれを過ぎると人それぞれドコモ提供
仕事に追われる日々で実感なんて優雅なことを言っていられない人もいれば、「久々の仕事だ〜、俺て社労士だったんだ〜ぴかぴか(新しい)実感ハートたち(複数ハート)」という人もいるわけで・・・

ちなみに前者は非常に少ないと思われた方が良いです(^_^;)

後者の方や、登録はしたけど会社員だから社労士業務をやっているわけではないのよ〜という方は、自分が社労士であることを実感する場がほとんどないのです。

そうすると・・・

社労士の集会に参加して「そっか〜俺って社労士だったんだ〜ぴかぴか(新しい)」と実感したくなるんですよ。

いいと思います。

たまには。

しかしexclamation×2

せっかく取得した資格を活かさずに、集会に参加して群れることで実感って・・・

残念たらーっ(汗)

だったら知識を活かして実感すればいいじゃーんexclamationと思うのです。

相談を受けたり、アドバイスしたり、労働や年金の記事を読んで議論したり。

そのほうが知識のメンテナンスにもなりますよ演劇



集会で群れてバッヂを付けて実感している人って、いきなり実務できるのかなあ〜なんて思っちゃうわけですよ(爆)。
posted by 須田美貴 at 06:00| 社労士資格のこんな活かし方

2012年11月05日

本当にお友達限定なのでしょうか?

昨日の記事に書いたような内容を書かれている人はよくこのようにおっしゃるそうです。

「この内容はお友達限定公開なので大丈夫です」

設定上はそのとおりでしょうが、そもそもそのFacebookやらtwitterやらのお友達って、リアルなお友達ですか?

何十人、何百人の繋がりの中で、心から信用できる人はそう多い割合ではないはず。
というのは、実際に一度もあったことのない人もお友達になっているから。

人を疑うのは良くないけれど、危機管理があまりにもなさすぎます。
被害に遭うのは自分以外にも、仕事上で関係している人もいることをお忘れなく。

ネットは怖いです。
どこで情報が漏れるかわかりません。
極端に言ってしまえば、そんな設定上の「限定」なんて信用しない方がいいかと思います。

限定していても、それをコピペしてどこに転載されているかわかりません。
掲示板で話題にされてしまったりしたらどうでしょう?

たとえ相手の了承を得て掲載しているとしても、周囲に与えるイメージというものがどれだけ大きいかということは、気づいたときには時すでに遅しという場合が大いにアリですよー演劇

と偉そうに書いている私も、知人に注意をされたことがきっかけで、とても注意を払うようになりました。

「軽率」というイメージを持たれてしまったら命取りですよーふらふら

しかし、会社員時代は仕事の内容を自由に掲載するなんてことはしなかったのに、独立開業した途端、無用心に書きまくるのはなんででしょうね・・・
posted by 須田美貴 at 05:00| 社労士合格後

2012年11月04日

こんな社労士にはなるな

もうすぐ合格発表ぴかぴか(新しい)

苦しい受験勉強を乗り越えたのだから、この資格は大事にして欲しい(>_<)

こんな社労士になるなexclamation×2と強烈なタイトルにしてしまったが、別に仕事の内容やスタイルを言おうとしているわけではない。

だから、「労働者の味方の社労士です」でもいいし、「社長の味方です」でもいいし、「コンサル専門の」でも「書類作成しかやりません」でも何でもいいと思う。

でも、これだけは下品だからやめて〜と思うものを書いてみた。
ブログやFacebook、twitterでよく見かけるものです。
既に開業されている方は、「いるいる」と思って読んで頂ければと思います( ̄ー ̄)

・「ハローワークに来ていまーす!失業の給付じゃなくて手続きだよ〜」
⇒仕事アピールだろうが、ようやく手に入れた仕事自慢のようで見苦しい(゜´Д`゜)また、失業中の人が読んだらどう思うだろうかという配慮が全くない。

・こんな相談されました
⇒承諾を得ているもの以外は、相談内容を書いちゃダメでしょう。こういう人は守秘義務に関して不安だ。

・こんな書類作成しました
⇒忙しい人は書類アピールなんかしませんし、浮かれているのがみっともない。

・今からセミナーです!
⇒自分が講師を務めるものなら「滅多にない仕事のアピール」と思うし、参加するものなら自己啓発にはまっている印象を受ける。

・とにかく仕事内容を事細かに報告
⇒誰に向けてのアピールなのか不明だが、暇なのか浮かれているのかという印象を受ける。

・「お客様からの相談」「お客様に聞かれた」など「お客様」という言葉を連発
⇒そのお客様が読んだらどう思うかという危機管理ができていないし、お客様が多い社労士はわざわざ書かないということに気づいていない。

・やたら「社労士同士」の集いに参加したことを公表する
⇒自分が社労士であることを確認したいのかとひねくれものの私は思う。

・「●●先生と飲みました」の写真をアップ
⇒素人っぽさ丸出しです。一定の時期が過ぎたらやめるべきです。


共感してもらえるか反感を持たれるか、極端に分かれる内容だと思いましたが、最近のFacebookを見ていて、あまりにも品がないので思い切って書いてみました。

同業が仕事に関する内容を浮かれモード全開で投稿しているのを見ると、マジで「業界全体の品位を下げるなよexclamation×2」とキレそうになるふらふら

これからこの業界に入る方は、くれぐれもそんな浮かれ社労士にならないでほしい。
posted by 須田美貴 at 05:00| 社労士合格後

2012年11月03日

仲良しごっこ好きの特徴

仲良しは好きですが、仲良しごっこは苦手です。
だから会社員は合わなかったのかもしれない(ーー;)
じゃあ自営業は仲良しごっこが苦手でもいいのかというと、最近は会社という組織よりも強烈な仲良しごっこが繰り広げられているので、なかなか輪に入れない。

別に入ろうともしていないじゃん(^_^;)

はい( ̄▽ ̄)

私の友達関係には仲良しごっこ好きが誰ひとりいないので、タイトルにあるそのタイプの特徴というのは、実際に接してみてわかったのではなく、遠くから眺めて感じただけのことです。

これに私の好きな分析も加えてみた( ´∀`)

<仲良しごっこ好きの特徴>

・みんなの前では意見を言わない
⇒この場で意見を言うと空気が読めないやつと思われるから。仲良しごっこ好きは異様に空気を気にします。

・反対意見を言うことを嫌います
⇒意見の内容よりも、いいね!することに意義を感じています。それで繋がっていると感じられるから。

・反対意見を言われると激怒します
⇒全否定されたと思ってしまうのです。批判されたと思ってしまうのです。

・出会いに感謝しまくります
⇒その人の中身よりも、出会った事実に意義を感じています。どれだけ多くの出会いがあるかに価値を置いているから。


<私は逆です>

・みんなの前で意見を言う
⇒100%同じ意見というのは有り得ないと思っているから。

・反対意見があったら言います
⇒あとでグダグダ言うのが大嫌いだからその場で言います。

・反対意見はありがたいと思っています
⇒言われないと成長しないと思っているから。

・出会えたことは良かったと思いますが、「出会いに感謝」という表現が好きではありません
⇒なんだか薄っぺらさを感じるから。私が求めている人との出会いはもっと奥深いのです。



多くの人と出会いに感謝!そしてみんなでFacebookでいいね!し合う。Facebookのコメントも意見は書かず「おめでとう」「よかったね」ばかりで励まし合う。反対意見をズバリ言っちゃう人と間違ってお友達になっちゃったらこっそり削除する。そして自分の周りには、いいね!だけをしてくれる人で固める。

くだらない(。-_-。)
posted by 須田美貴 at 01:09| 毒舌注意!