2012年07月06日

お仕事ブログ、大丈夫!?

お仕事のことをブログに書いている独立開業者は大勢いますが(私もですが)、時々、大丈夫かなーととても心配になるものがある(;・∀・)

それは、内容を読んでお客様が特定されてしまう記事どんっ(衝撃)

固有名詞を出しているほど危険なものはないですが、お客様本人が読んだらわかってしまうような記事のことです。

こんな仕事をしましたとか、こんな書類を作っていますとか。
なんと、書類の写真まで掲載している人がいるexclamation×2
会社名や個人名は見えないにしても、これを見たお客さんはどう思うだろう?

お客様の事をブログに書かせてもらっていいですか?と了承を得ているのならOKだけど。


事務所ホームページからブログをリンクしているなら、誰でもすぐにブログに辿り着きます。

お客様がその記事を読んだら、自分のことを勝手に書かれた!と思いますし、トラブルに発展してしまうこともあるかもしれません。

これから仕事の依頼をしようと思っている人が読んだら、何でも書いてしまうこの人は危険だからやめようと思うでしょう。
了承を得ていますという一文があれば違うでしょうけど。

会社員はこんな当たり前のマナー、新人研修で学ぶし、やらかしてしまったら始末書どころか懲戒処分かもしれないのに、どうして独立開業するとできなくなってしまうのか不思議です。
会社員時代よりも慎重になるものだと思うのですが・・・
だって責任は全部自分にかかってくるし。

最近はブログだけじゃなく、ツイッターやfacebookなどのSNSでも多く見られるので、大丈夫かなあと心配しつつ自分も気をつけなきゃと思う日々です。
posted by 須田美貴 at 08:00| 毒舌注意!

2012年07月05日

須田受験時代の勉強カード公開 その3

その3で終了にします(-_-;)

その1、その2を見て、これを今から作ったほうがいいですか?とか、作るのにどれくらい時間がかかりますか?という質問がありましたので、このカードの作り方などを先に書いておけばよかったかなと・・・

いやいや、自分で勉強方法を考えるのも勉強ですから、あえてそこは最後の今回にしました。
鬼でしょう(n‘∀‘)η


えーっと、カードを作るための時間というのをわざわざ設けたわけではありません。
問題を解いて、何度も間違えるところだけ、整理するためにとか、覚えるために作っただけです。

何度も間違えるところだけなのにこの量たらーっ(汗)

でもね、作ると意外とこんな量になるんですよ〜。
怖いでしょう、ふふ(;・∀・)
その、理解していない箇所の多さを実感するのに、いいですよ〜。
暑い夏にヒヤッとしますね〜雪


↓加算なんていろいろあって混乱してたし。やっぱり自分で整理しないとねあせあせ(飛び散る汗)
101.JPG

↓合算対象期間もテキストを見つつ、自分でまとめてみてようやくわかった。
100.JPG


↓自分でまとめて結構感動してたもうやだ〜(悲しい顔)
099.JPG


あと1ヶ月半exclamation×2
試験前日に、これだけやったから大丈夫と思えれば合格ぴかぴか(新しい)
もうちょっとできたなあと思ったらマズイです(`A´)
後悔しないようにexclamation×2
posted by 須田美貴 at 06:00| 社労士受験

2012年07月04日

個性とモラル

前回、個性は大事という内容を書いたが、これを勘違いする人がいる。

個性だから何でもやっていい。

ではありませんexclamation×2

そこにモラルが必要です!!


例えば学校であれば、
授業中に走り回るのは個性ではない。モラルがないだけ。

うちの子の個性です!という親はちょっと・・・たらーっ(汗)

社会であれば、ビジネスメールがきちんと書けないのは個性ではなく、マナーがないだけ。

だから、教える立場である教育者や上司は、個性なのかモラルやマナーの問題なのかを区別できないといけない。

でもここで問題になるのが、ルール通りできない病気があるということ。

医者じゃないので詳しくは書かないけど、昨年、横井さんと私で書いた「どうする!?職場の困ったさん」にもあるから読んでみてください!!←たまには宣伝わーい(嬉しい顔)

例えば、時間を守れないと言う病気がある。病気なのかマナーがないだけなのかは、専門の医師の診断がないとわからない。
医師が病気だと診断しても、決してその人を排除せず、その人ができる仕事をさせるとか、本人からも職場の理解を得られるように公表するとか。

もし、医師が病気じゃないと診断したら、マナーがないだけなので、注意すればいい。


恐らく病気で時間や数字関係を全く守れない社員に事務をさせていて大失敗したので、得意だというデザインの業務に替わってもらったら、才能発揮で大成功という事例もありますぴかぴか(新しい)


マナーやモラルを守った上での個性というのは、学校や企業は重視しないといけないというのは前回書いたけど、それはなぜか?

だって、個性の部分を削り取って全て平均にならして、なんてことをしていたら、平均的なものしかできないわけですよ。
まあ、現状維持で規格どおりのものしか作りたくないならいいですけど、それで海外に負けたって言うのは、元々競えるであろう部分を削り取っているんだから当たり前な話でおかしいんです。


まとめると、
・マナーやモラルは守らないといけない。ハチャメチャになります。
・でも、個性を重視することが能力を伸ばしたり、企業の発展に繋がるんです。
posted by 須田美貴 at 08:00| モラルのない私がモラルの話

2012年07月03日

みんなちがって、みんないい。ではない社会

金子みすずさんの詩にありますペン
「みんなちがって、みんないい」

これがすごく話題になって、そうだよね〜と世の中では言われているが…

SMAPの、世界に一つだけの花の歌詞もそうだった。

個性を重視しようという内容の詩が評価されていて、きっと学校でも会社でもその詩を素晴らしいという話がされているはずなのに…

実際は、
みんなとちょっとちがう人は排除されていますexclamation×2

この詩が素晴らしいと言いながら、意見を言う部下の評価を下げる上司や、個性的な子を変わった子だから危険と言う先生は、本当は詩の意味がわかっていないんじゃないかと思う。

詩の意味、わかってますかー演劇

ハッキリ言おうexclamation
今の日本の教育や社会は、
世界に一つだけの花はへし折り、みんなとちがったら対処に困っている。


だから企業も教育も他国に抜かされまくりなんですよーもうやだ〜(悲しい顔)

規格外の野菜は捨てられるか安売りに出される日本・・・

意外とこっちのほうがうまいんだぞわーい(嬉しい顔)
あーあ、本物を見抜く力がないねえ。
残念ふらふら


☆須田流対処法☆
変わっているとか、人と違うと言われたら、特別に美味いんだと思って(ときに珍味のこともあるが・・・←私か(^。^;))、とりあえず、
「ありがとうございます」と言っておきましょう。

珍味好きの方、いらっしゃ〜い(*´∀`*)
posted by 須田美貴 at 12:35| 変わっていますがなにか?

2012年07月01日

なぜ威張るのか?

「なぜ威張るのか」を学者の意見などを参考に考えてみた。

多くの学者が共通して言っていることは、

「劣等感があるから威張る」

です。

確かに、自分に自信がある人は威張らない

自信のない人がみんな威張るのではなく、
・自信がない→小さくなっている
・自信がない→大声で威張ってそれを隠す(本能的に)
のどちらかなんでしょう。

何も言わなくても周りが認めてくれるような人物であれば、威張る必要もないわけです。

威張る→無理しちゃっている、自信のなさが見え見え→痛々しいもうやだ〜(悲しい顔)

しかし、本人はこれに気づいていない。
自分が劣等感の塊だなんて全く気づいていない。
posted by 須田美貴 at 08:00| いじめ・パワハラ