2012年06月23日

行動力はブッ飛んでいます

大学生のいとこに、「行動力ありますね〜」と言われてご機嫌良い私ですわーい(嬉しい顔)

私への褒め言葉は、
・変わっているね
・面白いね
・行動力あるね
です。

みなさんよろしく(∩´∀`@)⊃

この「行動力」ですが、思えば昔からブッ飛んでいたかも(^。^;)

中学生の時、作詞家になりたいと思って秋元康さんに手紙を書きました。
→無視されましたたらーっ(汗)

大学受験に現役の時に失敗し、青春18きっぷで九州へ一人旅に電車
→3泊4日全て車中泊でお友達もできましたわーい(嬉しい顔)

大学生の時、競馬の騎手になりたいと思って、地方競馬のスタッフに会いに行きました。
→あと5kg減らして卒業したらおいでと言われたけど、減量に失敗して夢で終わりましたたらーっ(汗)

競馬の騎手の次に動物園の飼育係になりたかったので、毎週のように一人動物園に行き、係りの方にインタビュー
→動物が好きならやめたほうがいいよとみなさんに言われてやめました犬

シロクマ.JPG
旭山動物園のホッキョクグマ(動きが鈍かった・・・)

ほかにもいろいろありすぎて書ききれないので強制終了どんっ(衝撃)

・・・読んでみたら、結局、行動力ないじゃん(笑)
posted by 須田美貴 at 07:02| 変わっていますがなにか?

2012年06月22日

ブログの書き方講習会だって!?

何でも金になるのだねえ有料

と思ったのがこれ。
「ブログの書き方講習会」

そんなことまで教わらないとできないのか(~_~;)
世も末だわ。

驚いたのが、
「ブログの書き方講習会」に参加してきました!
とブログに書いている人が結構いること((((;゚Д゚))))

もし行ったとしてもそんなの恥ずかしくて書けないですたらーっ(汗)
執筆活動をしたいという人が書いていたら、「私は書くことが苦手です」と公表してしまっていることになるので、大失態ですよ((((;゚Д゚))))

自虐ネタは披露してもいいと思うけど、自分の出来なさを披露したらダメでしょ。
自虐ネタ≠自分の出来なさ


それにしても、何でもマニュアルが売れる時代ですね〜。
就活では、履歴書・職務経歴書の書き方マニュアル、志望動機の書き方マニュアル・・・
開業でも、開業マニュアルみたいな本が出回っています(-_-;)
プライベートでも、子育てマニュアル《゚Д゚》

↑これらは、一人一人違うんだから、マニュアルにできないものなのでは?

マニュアルがないと行動できない時代って恐ろしいわ〜。

いや、逆に、今の日本企業は、マニュアル通りに行動できる人が残れるところなのかもしれない。
だから、偉大な創設者がいる大企業でも、海外に負けている。

私がいつも一番大事で生きる上で必要だと思っていることは、
自分で考えて行動する力です。
posted by 須田美貴 at 06:05| 毒舌注意!

2012年06月21日

お手伝いカード

あと1ヶ月で小学校は夏休みリゾート

夏休み前に学校で配られる「お手伝いカード」って今でもあるのかな。
お手伝いをしたら色を塗るってやつ、ありましたよね。

そのお手伝いカード、私が通っていた小学校は、一番上級生の6年生が作るってことになっていました。

どういうのにしようかとクラスで話し合い中。

N君が、
「お手伝いカードがなくてもお手伝いするのが当たり前だから、お手伝いカードはいらないと思います!」
と発言。

なるほど〜。それもそうだなあ。
と、ぽ〜っとしていた私は感心していたら先生が、

「みんなは6年生だからカードがなくてもお手伝いできるけど、低学年の子はカードがあった方がいいね。でもN君の意見は素晴らしい!」

この出来事がすごく印象に残っているんですねー。

大人になった今も、例えば、

電車に優先席なんて作らなくても、お年寄りに席を譲るのは当たり前だから、優先席はいらないと思います!

とか、

ポイ捨て禁止条例なんて作らなくても、ポイ捨てはしちゃいけないんだから、条例はいらないと思います!

そんなことを思う今日この頃。
posted by 須田美貴 at 13:16| モラルのない私がモラルの話

2012年06月20日

どうして?から始まる・・・

一昨年カウンセラーの研修を受けてから、自己カウンセリングができるようになってしまった。

イラッとしたときに、冷静に「どうして私はイライラしているのかな」と自分に聞いてみたり・・・


(ちなみに今もイライラしていますが、それは暑いからですたらーっ(汗)


この「どうして?」というのを冷静に聞かれると、一瞬「なんでだろ」と思って落ち着くということがわかりましたひらめき


昨日、耳鼻科で「痛いーーーーふらふら」と大暴れしている息子に先生が、

「どうして泣いているの?痛いから?」

と聞いたら、息子が「痛くない」って言って泣きやんだ(笑)。
股間を蹴られつつ冷静に聞いてくれた先生はすごいexclamation
実際、耳をのぞいていただけなので痛いわけがないのですよ。


「どうして?」から始まる合理的な問題解決方法を推進しますわーい(嬉しい顔)
posted by 須田美貴 at 13:35| カウンセリング

2012年06月13日

頑張りますと言ううちは、まだまだ

頑張ろう!←誰にでもよく言ってしまいます。
受験生にはメールの最後によく書きます。
「じゃあまたね」みたいなもんだと思って下さいわーい(嬉しい顔)

よく言ったり書いているクセに、このタイトルたらーっ(汗)

「頑張る」と言っているうちはまだまだです。

なんで?

頑張るということは、辛いけどそれに向かっているってことです。

辛いっていう感覚があるようじゃダメなんですよ。

頑張るという感覚がないのには、2種類あります。

1ランナーズハイになった
2楽しいから辛くない

1の場合、あるレベルまではすっごい辛いんですよふらふら
辛すぎてどうやら何かの物質が脳から出て、気持ちよくなっちゃうのが、ランナーズハイグッド(上向き矢印)
マラソンやる人は経験ありますね。
マラソン好きな私は、この感覚がなんとも言えませ〜んぴかぴか(新しい)
受験で成功するには、この1が必要。

2の場合、他の人から見たらとても辛そうだけど、本人はそれが好きだから楽しくてしょうがない状態るんるん
独立開業で成功するにはこうでなくちゃ!
例えば、執筆活動で睡眠時間1時間!みたいな状態でも、本人はそれが好きなので、「頑張る」という感覚じゃないんですね。

頑張ります!と言っている受験生はまたまだだと思うし、
頑張ります!と言っている独立開業者は、大丈夫かなあと思ってしまいます。
posted by 須田美貴 at 14:05| 毒舌注意!